ゲーム関係

2011.02.04

新型PSPの「NGP」はただの携帯ゲーム機ではない

 PSPの新型、「NGP」はただの携帯ゲーム機ではない。確かに携帯ゲーム機としてもとんでもないハード性能を誇る。マルチタッチパッドを前後に持ち、全面は有機ELで画像も960×544という今までの4倍の解像度。
 さらにPS3用のソフトも動作するCPU、GPUの性能の高さ。

 そこに3G通信やGPSを搭載されている。近くにいるユーザーがどのようなゲームで遊んでいるかが表示される「Near」が設定されている。モンハンの様に仲間と一緒に遊ぶゲームが出てきそうだ。

 ただ、3G回線による通話機能を搭載していない。PSPの形は通話には向かないとの判断をしたそうだ。3G回線をもっているのに携帯電話ではないのだ。余計なものはつけないとのことだそうだ。

 また、3G回線には、新たな料金設定が検討されているとのこと。さらに地域によっては、3G回線の機種と無線LAN(Wi-Fi)機能の二つの機種が出てくるようだ。

 基本的な機能は以下の通り。
CPU ARM Cortex-A9 core (4 core)
GPU SGX543MP4+
ボディサイズ 約182(幅)×18.6(高さ)×83.5(奥行)mm (予定、最大突起部除く)
ディスプレイ 5型(16:9)、960 x 544ドット、約1677万色、有機ELディスプレイ
マルチタッチスクリーン(静電容量方式)
背面タッチパッド マルチタッチパッド(静電容量方式)
カメラ 前面カメラ、背面カメラ
サウンド ステレオスピーカー内蔵、マイク内蔵
センサー 6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸電子コンパス機能
ロケーション GPS内蔵、Wi-Fiロケーションサービス対応
キー・スイッチ類 PSボタン、電源ボタン、方向キー(上下左右)、アクションボタン、
Lボタン、Rボタン、左スティック、右スティック、
STARTボタン、SELECTボタン、音量+ボタン、音量-ボタン
ワイヤレス通信機能 モバイルネットワーク通信機能(3G)、
IEEE 802.11b/g/n (n = 1x1)準拠(Wi-Fi)
(インフラストラクチャーモード/アドホックモード)、
Bluetooth 2.1+EDR準拠(A2DP/AVRCP/HSP対応)

 外部メディアには、今までのUMDではなく、「NGP」専用カード(フラッシュメモリー)が採用された。今までのUMDを使えなくする意図が明確。

 このPSPはゲーム機だけにしておくにはもったいないな。というか、そもそもゲーム機としてだけの機種として考えていないだろう。これはスマートフォンと戦う最先端のゲーム機なのだろう。

 ただ、問題は、出力系の確認ができないことだ。発表会でも画面の様子はビデオカメラで出力していた。PSPの良さの一つは大型テレビなどに映し出すことができる出力機能だ。それができなくなるとしたら価値が半減。

 さて、このPSPをどう発展させていくのだろうか。また、値段はどのくらいで出してくるのだろうか。2万台だったらかなり売れるとは思うのだが、3万台だとどうかな。あるいは、通信料と合わせて、月割りにして分割して頒布するか。今年度末に発売の様だが、販売形態も含め、早く実態が見たいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.06

DSの「星空ナビ」は便利そう!

 任天堂のDS、まだ購入していない。また、PSPは3台ももっているのだが、ソフトは1本も持っていない不思議なユーザーなのだ。

 ゲームは本来好きなのだが、目が疲れるのと、はまると時間を取られるので購入しないようにしている。

 しかし、先日、「星空ナビ」を見せてもらった。方角を判断し、そこの星の名前を表示してくれる。星座も表示して説明してくれる。さらに、星の名前を入れると、大きな矢印が方角を指し示してくれる。その通りに動かしていくとその星にたどり着く。

 日の出や日の入り星座早見や天体現象なども表示する。もちろん、7月22日の日食も、それぞれの場所の様子を表示してくれる。金環食の様子も見ることができる。

 何より便利なのは、普通の星座早見盤は、暗いと使い物にならないのだが、星空ナビは画面が光って表示されるので、暗くても見ることができるのだ。懐中電灯なしで、読める。夜間の観察には欠かせないアイテムだ。

 通常の店で販売していないのが残念。アストロアーツで販売している。値段は8190円。少し高いけれど、このソフトの便利さを考えると買っても惜しくはない・・・かな。DSと合わせると3万円を用意しなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.17

PSPのキーボードが欲しい

 いつも思うのだが、PSPは優秀なパソコンだ。ビデオは流せるし、音楽は聴ける。インターネットに接続できるし、FLASHは動く。無線LANも快適だし、数字や文字の入力もできる・・・・・しかし!
 大変、入力の仕方が面倒だ。特にソフトウエアキーボードは実用の域に到達していない。一回ごとに元に戻ってしまい、2回目以降も繰り返し同じ手順を経なければならない。
 だから・・・キーボードが欲しい。2008年1月頃の噂では、2009年には出てくるとの情報が流された。もう半分は過ぎた。まだ、出ない。
 さて、噂は本当だったのだろうか;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.02.20

PSP3000を試してみた

 PSP3000は、画像が美しく、またプロジェクタやテレビに出力できる貴重なゲーム機。音楽も綺麗に再生できる。もちろん、ビデオ画像も美しい。

 また、Flashやホームページが動くので、自分なりにソフトを作成することができる。しかも無線LAN内蔵。こんな小さなゲーム機の中に、昔だったら考えられないような機能が満載。

 試しに使ってみた。イヤフォンで聞く音楽はとっても美しい。ビデオの音声も綺麗で聞きやすい。映像はもちろん2000より見やすい。クッキリしている感じだ。

 周りにはシリコンカバーをつけてみた。半透明で下の色が反映され、落ち着いた感じ。ケースには入れず、液晶フィルムをつけてガード。これで思い切って仕事に使うことができる。

 PSP用にFlashでまた新しい学習用ソフトを開発してみよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.07

「ニコッとタウン」に登録

 Niftyのブログへの書き込み作業の途中に、懐かしい文字が・・・。「SQUARE ENIX」、あのファイナルファンタジーなど、ファミコンで楽しんだゲームの開発を行ってきた有名な会社。つい、ページをクリックしてしまった。
 この忙しいのに、新・仮想生活コミュニティ、「ニコッとタウン」に登録してしまった。バーチャルタウンの一つだ。セカンドライフにも登録しているのだが、ちっとも面白くなく、最近はつなぎ方も忘れてしまった。マスコミが取り上げることもほとんどない。ただ、この「ニコッとタウン」は街に行ってみると多くの人がいる。話しかけては見なかったが人口密度が高そうだ。本当のお金も通用するようで、スタイルとしてはセカンドライフと同じように見えるが、この中でブログを持つことができる。そして、それがこのサイトで紹介される。テーマによっては仮想のコインを獲得できる。また、ゲームでもコインを稼ぐことができる。友だちも作ることができる・・・あまり必要性はないのだが。
 こういうサイトって、仕事になるのだろうか。採算が心配になってしまう。でも、9月からの開始なのに、それなりに沢山のブログの記事があったから、アクセスは結構ありそうだ。
 とりあえず、ゲームをほんの少し遊び、洋服を買い換え、ソファーを買い、部屋の片付けを行った。その経過をブログに書いたりした。
 さて、こことはどんな関わりになっていくのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.27

PSPのメモリーに保存した写真表示は、保存した順番に並ぶ

 よく、写真を表示するのに、PSPを使う。その時、写真が思ったように並んでくれない時がある。PSPでは、写真が保存されたときの順番に表示されることになっているようで、パソコンで操作する必要がある。手順は以下の通りになる。

1,USBモードで接続する。
2,PICTUREフォルダをクリックして中を開ける。
3,表示する写真の順番にクリックして、上書き保存する。その時、一番綺麗な状態で保存するよう注意する。
4,表示したい写真を順番に選択して、全て保存し終わったら、PSPの方に戻り、フォトのメモリースティックから写真を順番に表示してスライドショーを実行してみる。

 これより、もっと簡単な方法もあるのかもしれないが、私はとりあえずこの方法で表示している。皆さん、他に良い方法があったら、教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.17

PSP3000が出た!

 PSP3000、16日に新発売!これは液晶が綺麗だということ、テレ日出力が可能なものが増えたと言うこと、これが私にとって魅力的な部分だったので、皆さんの反応を調べてみた。
 すると、評価は様々で、液晶一つとっても受け取り方が違うことがわかる。明るさが暗くなったという書き込みさえある。液晶は綺麗という評価だが、外ではやはり見えにくいと・・・。当たり前です。
 ゲームの画面がテレビに映っている動画が報告されていたが、大きさが限定されているようで、全画面ではなかった。でも、やはり全ての画面が出力できることは素晴らしい。私は、動画中心の利用なので、そうゲームはみないのだが、やはり出力の可能性が広がっているのは嬉しい。
 現在、2000をもっているのだが、追加でもう一台買おうかな。ただ、ヨドバシのネットではまだ販売休止中の表示なのが不思議。ビックカメラなどでは、数量限定だけれど、販売中なのに・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.12

PSP2000を下取り5千円でPSP3000に!

 新宿ヨドバシにイヤフォンを買いにいったら、店員さんが「今だったら、PSP2000を5千円で下取りしてPSP3000にします!」と叫んでいた。今回の目玉は、マイクがついたことと、インターレスに対応したということで、ゲーム画面も出力できるようになったことだろう。また、画面が見やすくなったとのコメントもあった。ただ、10月16日の発売日に、自分の目で見て、触ってみないとわからない。さて、PSPのゲームをやらない私としては、購入するべきかどうか迷っている。今のところ、Flash、ビデオ、音楽、写真の出力装置として使っているだけなので。
 ただ、出力画像が、今よりもっと綺麗になるのだったら、購入したくなるな。どこかで、見てみなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.03

任天堂のDSiは売れるの?

 任天堂のDSが4年ぶりに変わり、DSiが発売される。2008年8月にはPSPの販売台数が25万6,765台、対する任天堂DSが21万7,639台となっている。しかもPSPは10月16日に新型の3000が新発売される。それに対抗してDSもDSiとなって新発売される。11月1日に18900円ということだ。
 DSのソフトは今でも売れ続けている。しかし、販売累計台数が2300万台を超えた今、新しいユーザーを獲得できるのだろうか。
 今回の目玉はカメラの内蔵とサウンドで遊ぶ機能の追加、液晶の拡大、小型スリム化などだ。電車の中での様子を見ていると、高校生は圧倒的にPSPで遊んでいる。DSはお子様かお年寄りの道具として認識されているのだろうか。PSPは新型の発売を前に在庫はなくなっているようで、ヨドバシでも販売されていない。10月16日以降の売れ行きが注目だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.12.22

ゲーム機市場はもう終わりなのか?

 野村総合研究所は12月17日に市場規模予測を出した。その中のゲーム機市場の予測は衝撃的だった。それは5年後に現在の規模の16%までに縮小するということだった。

 2007年度には3622万台だった市場が5年後の2012年度には580万台まで縮小するというのが具体的な予想だ。昨年は3622万台、今年は3433万台、約200万台減った。5年間分として単純に計算すると1000万台の減少だ。それでも2600万台は残っているはずだ。しかし、それよりもさらに2000万台もさらに減るというのだ。

 これには携帯型のゲーム機は含まれていないとのことだが、野村総研どのような根拠でこのような予測をしたのだろうか。この台数ではハードの開発費のみならずソフト開発も回収できない。しかし、これには各メーカーによる努力や工夫を考慮していない。多分この通りにはならないだろう。Wiiのように、体を使ってゲームをやる新しい可能性は計算に入っていないのだろう。また、ネットワークゲームのようなこれからさらに発展するようなものも考慮していないだろう。単純に数の増減で計算したのだろうか。

 ただ、私自身、ゲーム機で遊ぶことはほとんどない。それは携帯電話がかってのゲーム機と同じ機能をもっているからだ。必要だったら、携帯で遊べばいい。また、音楽やテレビなども携帯で足りる。実際に遊ぶ時間はないが。他の人たちも同様にゲーム機でのんびり遊ぶことなんかできないというのだろうか。だとしたら、5年後の人々はさらにゆとりを失い追い詰められているというのだろうか。

 さあ、5年後の状況を見るのが楽しみだ。ゲーム機の未来はどうなっているのだろうか?そして、野村総研の予想は・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧