家電

2015.04.12

高血圧を避けるために塩分計を調べてみた!

 最近、血圧が気になる。年齢も高くなると血圧も上がっていく。気をつけるのは塩分。そこで、料理の中に入っている塩分を調べる方法として、この塩分計を調べてみた。

 安いのから、高いのまでいろいろ製品はある。私が一番いいと思うのは、これ。
「TANITA 電子塩分計 しおみくん ホワイ
ト SO-303-WH」。値段も手頃。5400円が2900円程度で買える。

 高いのはこまかく計測できる製品。
「TANITA デジタル塩分計 ホワイト SO-304-WH」
0.1%単位で計測できる。
これは料理と言うより、研究に近いかも。

とりあえず、私は303の方を購入する予定。また使い心地は後日に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.27

AppleTVを使ってiPad2を無線でテレビにつないでみた・・・結構凄い!

 今回Amazonで購入したAppleTV、設定が終了してテレビにつないでみた。これだけでも結構楽しい。有料だけれど映画をダウンロードできたり、ネットでYouTube動画も見られる。また、ネットラジオなどで多くの音楽を楽しめる。

 しかし、本当に凄いのは、ここにiPad2を接続できるということだ。しかも無線で。今までは有線でつなぐことはできたのだが、今回は無線。

 試してみたところ、iPadのほとんどの画面をそのまま液晶に出力できる。学校で使うときも電子黒板の前に立たなくていい。動画も確認してみたが、WiMAXで接続した状態では画質、動作に問題はない。

 課題としては、AppleTVとテレビはHDMIで接続しているので、古い製品には端子がないので出力できない。コンバーターが必要になる。また、デジタルからアナログ変換すると、うまく表示できないことも多い。ということで、新しい製品群が必要になる。

 ただ、今後出てくる製品では問題なく使えるだろう。これは便利な道具だと思う。値段も安いのでお勧めのセットだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.13

新型の「Apple TV」が発売された!

 Appleから新型の「Apple TV」が発売された。これは性能から言ってかなり便利そうだ。iPad2をこれを通して使えば、教室でも家でも無線でテレビやプロジェクターに出力できる。パソコンがさらにいらなくなる。これはすぐに購入しようと思う。

「IEEE802.11a/b/g/n対応無線LANや10/100BASE-T対応有線LAN、HDMI出力、光オーディオ出力などを装備。ハイビジョンテレビとHDMI接続することで、iTunes Storeでレンタルした映画コンテンツを楽しめる。」とのこと。

さらに「「Remoteアプリケーション」を使ってiPhone/iPad/iPod touchから操作することが可能。iPhone/iPod touch/iPadで再生しているコンテンツをストリーミング配信する「AirPlay」にも対応しているそうだ。

現在、Amazonで格安で販売しているようだ。Facebookでも話題になっているが、ファームウェアを最新にしなくてはならないようだが。学校でiPad2に接続して子どもたちと使ってみよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.07

SHARPのDL-C301D リモコン付LEDシーリングライトを購入した

リビングのシーリングライトのうちの一台が、多少調子が悪くなった。つかないときが出てきてしまった。これはいい機会ということで、LEDシーリングライトに変更することにした。
 候補は東芝かシャープ。いろいろ見せてもらったが、値段にかなりの差がある。約5万円が店頭の相場。ネットで調べてみたら、3万円前後。ということで、ネットで注文。
 シャープのDL-C301D リモコン付LEDシーリングライトの8畳用にした。届いたのは2週間後。LEDのシーリングライトは品薄でなかなか手に入らなかったのだ。このところ、少し余裕が出てきたようだ。
 59ワットで3,400ルーメン。寿命は4万時間。まあ、10年間ぐらい持つということだ。下手をすると私は生きていない。前のシーリングよりは少しはエコに貢献できるかもしれない。もう一台も、そのうち取り換えよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.08

TOSHIBA 9V型REGZAポータブルDVDプレーヤー( 地デジ・ワンセグチューナー内蔵 )SD-P96DTは車のアナログテレビの救世主!

 先ほど帰宅したら、宅急便の留守連絡表が入っていた。一昨日に注文したTOSHIBA 9V型REGZAポータブルDVDプレーヤー 地デジ・ワンセグチューナー内蔵 SD-P96DTが配送されたのだ。しかし、いなかったので持ち帰ってしまっていた。時間は過ぎていたので、宅配センターに電話をし、そこに止めておいてもらうことにした。それなりに面倒。

 このポータブルDVDプレーヤー、REGZA SD-P96DTは、特徴的な製品。地デジ、ワンセグの両方を持っている。ということは、家の中で好きなところにもっていって見ることができる、ということだけでなく、外でも、そして車の中でもテレビやDVDを見ることができるということ。特に我が車に搭載されているテレビはアナログ。内蔵だけに交換するのも・・・。また、このテレビだけでナビゲーターを交換するのもちょっともったいない。

 そこで、このポータブルDVDプレーヤーを使うことに。また、これをメインにして、配線すると内蔵モニターでも地デジがみられるのではないかな。

 映像の美しさは格別だし、いろいろ細工するのも楽しそうだし。またちょっと楽しみが増えた。さて、どのように料理するかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.08

REGZA 42 Z1にステレオをつないでみたら・・・!

 今、一番売れているテレビ、東芝のREGZA 42 Z1。これは映像も美しく高機能。チューナーも3つ積んでいて、ハードディスクでの録画も手軽にできる。私も2テラのハードディスクを積み、番組表から簡単に気軽に録画できる。

 しかし、見ていて少し不満に思ったのが音。設定で少し低音を効かせてみたが、多少良くなったかなと言う程度。厚みがないのだ。セルレグザの技術が生きているとのことだが、せっかくの映像が何だか薄っぺらに思えてしまう。

 そこで、手持ちのonkyoのステレオとスピーカーをつないでみた。その結果、レグザが素晴らしい音響システムに変身!さすがにonkyoのステレオの威力抜群!ピアノやボーカルが本当に美しい。低音はまだ少し不足だが・・・。一度聴いてしまうとステレオシステムなしのレグザには戻れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.29

東芝の液晶テレビ、LED REGZA Z1 42インチ」を購入した

 18年間使い続けたテレビの調子がいよいよ悪くなり、テレビを買い換えることにした。偶々いったヨドバシで駆け込み購入。値下げ交渉を忘れ、言い値で購入してしまった。まあ、あわてて購入したのでやむを得ない・・・。でも残念。

 REGZA Z1そのものはとても快適。画面は美しいし、使い勝手もいい。ハードディスクとDVD、ケーブルテレビ、そしてインターネットもつないだ。これから、ホームサーバーの設定やJAVAやFLASHのインストールなどをする。またステレオとも連動も行う。

 ちょっと大変だったのが、ケーブルテレビの設定。結び方は説明書に書いてあったとおりなのだが、DVDを間に入れて設定しようと思ったらなかなかうまくいかず、結局再生専用として利用する形にした。多分、接続の仕方なのだが、まあ、直接テレビの方につないだ方が綺麗だと思うので、この設定でいくことにした。録画はハードディスクでいいでしょう。

 音が今イチという口コミが多いようだが、そんな感じはしない。今までが古い機種を使っていた所為か、音楽番組も楽しめる。上等ですね。

 今月でエコポイントは切れるということだが、これからも続けることで消費者や企業を応援することができるのではないかな。箱物よりずっとマシだと思いました。

 ここでJCOMから電話がかかってきてオールインパックの営業。そこで担当者に確かめたらビデオケーブルでの接続からHDMI端子付のホームターミナルに変更できるとのこと。映像の美しさは格段に違う。費用は3000円。それなら交換しなくては!フルーダイヤルに電話してみよう。

【エコポイント対象商品】 TOSHIBA LED REGZA 42V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 42Z1

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.25

三洋のリニアPCMレコーダー、「Xacti Sound Recorder ICR-PS605RM」が発売!

 三洋は不思議なメーカー。製品としては、とても良いものを作る。それなのに、パナソニックに吸収されてしまう。文化が近いのかな。でも、製品の雰囲気は明らかに違い、結構マニアックなものを作っている。コアなユーザーに支持されている。今回のリニアPCMレコーダーもこっている。

 「Xacti Sound Recorder ICR-PS605RM」は、なんと6個のマイクを積んでいる。X-Y 型ステレオマイクで音場のが忠実に再現される。これが、高音域用と中低音域用の2種類あるので、合計4個のマイクとなる。さらに全指向性マイクが2本ついていて、合計6本。何と贅沢なことか。

 内蔵の4GBのメモリーに273時間録音できる。音割れの防止機能や音声を感知して自動的に録音を開始する機能などがついている。

 ヨドバシだと39800円、10%ポイント。
 価格コムだと32737円。
 Amazonだと32980円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.11

シーテックジャパン2009から未来が見える!

 シーテックジャパン2009にいってきた。最終日は無料。登録作業が必要で、朝、家からやっておいたら、ラベルができていて、すぐに入場できた。

 幕張会場の規模は膨大で、数多くの企業が出展していた。家電関連が元気で、特に東芝がcellレグザを大々的にアピールしていた。

 プレゼン会場でも大規模にその良さと特徴をアピールしていたが、シアターでも観客を入れて従来型の液晶テレビと並べ、その違いを説明していた。

 正直言って、売り物の映像画面そのものにあまり違いは感じなかった。他社の製品も十分きれいだが、東芝の従来液晶テレビも結構綺麗だ。それを大幅に上回るかと言われるとそうでもない。多少、エッジがクッキリしているかなという程度。私は、途中までどちらがcellレグザかわからなかったほど。

 でも、私が驚いたのは、その音。楽器の一つ一つがくっきり聞こえていた。低音もしっかり出ていて、とてもクリア。素晴らしいスピーカーシステム。

 フォスター電機株式会社と共同開発した低音用のウーファーと高音用のツィーターをアルミニウム高剛性エンクロージャー(キャビネット)で外装したスピーカーシステムとのこと。

 その他は3D映像関連が結構多かった。眼鏡なしでも見えるものが提案されていた。NICT(独立行政法人情報通信研究機構)のはビクターと共同開発したものらしいが、車を立体視できるような例が提案されていた。3年以内の製品化を目指しているとのことだが、映像そのものがどこまで準備できるのかな。

 村田製作所の「ムラタセイサク君」と「ムラタセイコちゃん」もなかなか凄かった。自転車や一輪車を倒れないよう操作する仕組みを考えるなんて、凄い。人間の乗る自転車にも応用できるといいですね。ブースも大人気。記念品も大量に用意してあった。

 日産の衝突しない車を目指してのロボット、エポロがブースで実際に動いていた。魚群の動きを参考にして作られたモノとのこと。自動車メーカーとしては唯一の出品だそうだ。これも黒山の人だかり。ストラップは数に制限があり、結構すぐに品切れに。残念。

 DoCoMoのブースも力が入っていて、面白かった。特に、目の動きで音声のリモコンを操作するシステムは、目をつぶっても操作できる。仕組みは、目の動きをイヤホンが電流の変化でとらえ、操作に結びつけているのだそうだ。なかなか、DoCoMoの技術陣も遊び心があるな。手を使わないで、何かを操作するのには、いいな。

 沢山のブース、全ては見切れなかった。また中小企業や台湾や海外のメーカーも出品していたが、観客は少なめ。日本の大メーカーの展示会の感じで、参加するメリットはあるのか心配になってしまった。でも、展示に特徴があるところには、人だかりができていた。

 今後の各メーカーの方向へのヒントが見えてきて、やはり来年以降も参加したくなるイベントだった。
SmurataSnissanSreguza


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.08

驚異のテレビ、「REGZA」のフラッグシップモデル「CELLレグザ 55X1」が12月に発売!

 cellはプレステ3などに搭載されているマイクロプロセッサ。9つのプロセッサコアを内蔵していて、そのうちの8つがマルチメディア処理に使われている。ということは、同時の多くの動画処理ができる特別な頭脳をもっているということ。これは東芝がIBM、ソニーと協力して作り上げたモノだ。

 今回のレグザは「cellレグザ」という形でこれを生かした夢の様なテレビだ。今回のシーテックジャパンでも、東芝の目玉として取り上げられている。昨日のすごさは本当に特別。以下にまとめてみた。

1,55型/1,920×1,080ドットのフルHDのクリア(光沢)パネルの一つだけ。
2,スピーカーはアルミのエンクロージャを採用。
3,3TBのHDD。
4,11系統の地上デジタルチューナ、3系統のBS/110度CSデジタルチューナ、1系統の地上アナログチューナ。8画面を同時に視聴可能。
5,ディスプレイは自社開発した白色LEDバックライトシステムを搭載。
6,ピーク輝度1,250cd/m2、ダイナミックコントラスト500万:1。
7,8チャンネル、各約1日分(26時間)の録画を行なう「タイムシフトマシン」機能。1日分の地デジ放送を全てHDDに録画する。タイムシフト期間内の放送であれば過去番組表を呼び出し、好きなときに見ることができる。
8,HDMIが6も付属している。
9,光デジタル出力やモニター音声出力、SDカードスロット、USB端子が3系統、Ethernetやモジュラージャックも付属。
10,YouTube機能とフルWebブラウザは、2010年1月末にソフトウェアアップデートで対応する予定で、画像もさらに美しく見られるようだ。

 まあ、全てに対応する特別なテレビ。これはチューナー部とディスプレイ部に分かれているバージョンだが、今後、一体型も出してくる予定。現在の55型は12月に発売で、値段は100万円前後の予定。

 そんなにテレビを見る必要はないが、一日のテレビが全て入っていると言うことは、ビデオの録画を意識してする必要が無くなる。これって結構大きな転換点かもしれない。

 展示してあるシーテックジャパンは今週の土曜日までだが、実際のものを見てみたいな。10月10日が無料になったので、見に行ってみたい。でも、うちに55型はいかにも大きすぎる。欲しいけれど、もう少し先かな。一体型が出てきたら買おうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)