« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の記事

2012.11.25

再び、「自民うんざり、民主がっかり、三極・・・・」

 先日、このNHKニュースでのコメントを紹介したら、次のように修正したほうがいいのでは、というコメントが寄せられました。

『「自民こりごり、民主がっかり、三極うんざり」ごろがいいので私は三極のところをこう使っています。いかがでしょうか。』という伊藤 公雄さんからのコメントです。

 確かに!私もこれで行きたいと思います。ただ、選挙はどうするんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子黒板教育研究協議会の発表会が12月8日に!

 電子黒板教育研究協議会の発表会が12月8日にあります。

 場所は十文字学園で10時からです。

 実際に電子黒板を使用している方が日本全国から集まってきて発表します。皆さん、実践者であり、研究者でもあるので、学校で役にたつ内容になると思います。
 
 また、東工大の清水 康敬 名誉教授が「電子黒板などのICTと黒板の特徴を活かした授業」をテーマに講演します。

 詳しくはPDFをご覧下さい。

「20121208_2.pdf」をダウンロード


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

和田掘公園にタヌキが!

 和田掘公園は杉並の真ん中。東京のヘソと言われる大宮八幡のすぐ近くを流れる善福寺沿いにある。その近くには細々とはしているが、グリーンベルトが広がっている。

 そこにタヌキがいた。当然といえば当然のことだが、餌は不自由しない。近くには畑も残っているし、家の残飯もある。ゴミとして食べ物も捨てられる。

 今までも何度か見かけたことがあるが、結構住宅街に入っていくる。

 今回も夜、自転車で住宅街を帰る途中に普通の道路にタヌキが2匹いた。

 私が自転車を止めて、鞄からカメラを出し、電源を入れてかまえて撮るまで、向こうは一切動かない。

 ゆっくりと近づく。そして撮影。

 でも、まだ動かない。

 一歩近づく。手を伸ばす。

 暗くて撮れたのかどうかわからない。液晶を見ずに撮影。ただのカンです。

 なんとなく光が写っていた感じなので、そこで諦める。少し後ろに下がった。

 それと同時にタヌキが私の方に駆け寄ってきた!向こうもシビレを切らしたのか!

 と思ったらすぐにユーターンして塀を回り込み、建物の横に入っていった。

 そう、塀をはさんで2匹が離れ離れになっていたのだ。そこの真ん中に私がいたのだ。私がいる限り、彼らは動けなかったようだ。それでフラッシュ撮影しても逃げなかったのだ。

 邪魔してゴメンね、タヌキさん。
Photo_2S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.21

道尾秀介の「光媒の花」を読んだ

 道尾秀介は私が最近とても好きな作家だ。本当に微妙な人間関係を物語として構成している。どちらかというと最後に逆転させて落ちをつける形で、オー・ヘンリー短編集を初めて読んだ時の様な感じ。
 でも、それをさらに複雑に絡めていくのは、登場人物が次の物語へとリンクしていく構成。意外な結末がさらにつながりをもって展開していく。
 いかにも悲劇的な結末に陥りそうで、でも作者の優しい眼差しは最後に救いの手をを差し伸べる。読み終わったときに自分自身も救われた感じがする。
 ミステリー作家として有名になった人だが、そこからさらに一歩踏み出したと思う。今後にさらに期待したい作家ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NHKでの政党コメント、「自民こりごり、民主がっかり、三極わからず」って凄い!

 先日の朝のニュースで聞いた路上インタビューでの女性のコメント、「自民こりごり、民主がっかり、三極わからず」って凄いですね。この方も誰かに聞いたようなことを言っていましたが、最初に言った人は誰なんでしょう。

 三極のところが少し弱い感じがしますね。変化形として、「三極わけわからん」という内容のものがありました。これの方がより合っているような気がします。特に石原さんが入ってからの迷走は信頼を失いますね。

 自民の阿部さんの軽さも酷いものです。「輪転機をぐるぐる回して、無制限にお札を刷る」、「建設国債は日銀に全部買ってもらう」、「日銀総裁はインフレ目標に賛成してくれる人を選ぶ」なんて、総理大臣だったら口が裂けても言えないことばかり。以前の借金まみれの自民党政策に戻って、将来につけを回して、若者を苦しめるだけ。今の混乱を誰が作り出したと思っているのだろう。まったく反省がない。

 政党政治の終焉を感じます。日本がかかえる課題一つひとつに対して、選挙で選ばれた議員が自分で考え、選択し、議場で判断してほしいと思います。党議拘束そのものがおかしい。

 もう何々党っていりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »