« 通尾秀介の「ノエル」を読んだ | トップページ | 米澤穂信の「追想五断章」を読んだ »

2012.10.12

キヤノンの「PowerShot SX50HS」は光学50倍!

 このカメラ、キヤノンの「PowerShot SX50HS」はとんでもない性能のカメラ。なんと光学で50倍、24-1200mm相当、プログレッシブファインズームだと100倍となる2400㎜相当となる超望遠レンズだ。
 これだと私の愛機、シグマの500㎜を楽々上回る。しかもUDレンズを搭載していて、画質もそこそこいけるようだ。1210万画素というのは十分な画素数うだろう。またズーム中に見失った被写体をいったん倍率を下げて捕捉する「フレーミングアシスト」機能というのがついているが、これは便利だ。野鳥を撮影するときは、とても便利そうだ。F3.4-6.5はあまり明るくはない。鳥の撮影にはもう少し明るいレンズが欲しかったが、贅沢は言えない。
 秒13コマというのは運動系や野鳥撮影には嬉しい速度だ。またハイビジョン動画が撮れるのも嬉しい。
 重さは595gと少し重いが、この性能だったら当然だろう。値段は6万前後だが、十分価値のあるカメラ。

 野鳥撮影、スポーツ撮影用としてはお勧めの一台だろう。現在、この機種を上回るものはない。


|

« 通尾秀介の「ノエル」を読んだ | トップページ | 米澤穂信の「追想五断章」を読んだ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/55875934

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンの「PowerShot SX50HS」は光学50倍! :

« 通尾秀介の「ノエル」を読んだ | トップページ | 米澤穂信の「追想五断章」を読んだ »