« キヤノンの「PowerShot SX50HS」は光学50倍! | トップページ | 東京にもアキアカネがやってきた »

2012.10.12

米澤穂信の「追想五断章」を読んだ

 米澤穂信の作品も、好みの作家。この作品も読みやすく、しかも凝った構成。5つの断片的なリドルストーリー(結末が記されていない物語)を追い求めていく古書店員が引き回し役。この断片的な小説の意味するものは・・・・。
 様々な伏線が織り込まれていて、楽しめる。主人公と共に謎解きを楽しむことができる。

|

« キヤノンの「PowerShot SX50HS」は光学50倍! | トップページ | 東京にもアキアカネがやってきた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/55876073

この記事へのトラックバック一覧です: 米澤穂信の「追想五断章」を読んだ:

« キヤノンの「PowerShot SX50HS」は光学50倍! | トップページ | 東京にもアキアカネがやってきた »