« Xperiaのキーボードが中国語になってしまった! | トップページ | ドラクエXのオンライン化で思うこと »

2012.08.11

伊坂幸太郎の「夜の国のクーパー」を読んだ

 最近、また伊坂幸太郎の本が増えてきた。「夜の国のクーパー」は久しぶりに読んだ単行本。彼の作品らしくとんでもない設定。まず、ネコの語りから入る。そもそもクーパーは杉が動物に変化したものだし、「私」もとんでもない存在。大人の童話という感じ。

 いつもながら、良くこんな作品を考えるものだ。ビックリする展開だ。

 ただ、昔の彼の作品のように、行間に人生を感じることはあまりなかった。小説のアイディアは素晴らしいけれど、生きるということに夢中に取り組んでいたころの緊迫感はない。作者自身が成熟したのかな。青臭い人生論や疑問はなくなったのだろうか。
 

 
 
 
 

|

« Xperiaのキーボードが中国語になってしまった! | トップページ | ドラクエXのオンライン化で思うこと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/55400263

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎の「夜の国のクーパー」を読んだ:

« Xperiaのキーボードが中国語になってしまった! | トップページ | ドラクエXのオンライン化で思うこと »