« iPadやアンドロイドタブレット用のスタイラスペンは、どれがいいのかな? | トップページ | CANONの新型レンズ、「EF40mm F2.8 STM」はお得なレンズ »

2012.07.10

八木沢里志の「森崎書店の日々」を読んだ

 ビブリア古書堂を読んだ後で、この八木沢里志の「森崎書店の日々」を読んだ。ミステリー仕立てでもなく、淡々と話は進む。

 でも、だからこそ実際にありそうな気分になり、登場人物に感情移入しながら読んでしまう。私は主人公と違って男だし、性格も違うので、どこかで傍観者の立場に立ってはしまうが、それでも恋人と仕事を失ったときの落ち込んだ状況から、叔父さんの経営する神田の古書店で次第に立ち直っていく主人公に、思わず応援の声をかけてしまいたくなる。

 続編として書いた「桃子さんの帰還」も面白い。単行本にはなかった叔父さんの奥さんが帰ってきたエピソードを加えている。これも、続編としてとても面白い。

 全体として読んでいて、とても暖かで、優しい気持ちになれる小説だ。百田さんと同様、安心して読める作家ですね。


|

« iPadやアンドロイドタブレット用のスタイラスペンは、どれがいいのかな? | トップページ | CANONの新型レンズ、「EF40mm F2.8 STM」はお得なレンズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/55165166

この記事へのトラックバック一覧です: 八木沢里志の「森崎書店の日々」を読んだ:

« iPadやアンドロイドタブレット用のスタイラスペンは、どれがいいのかな? | トップページ | CANONの新型レンズ、「EF40mm F2.8 STM」はお得なレンズ »