« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012.07.25

自由が丘のアフリカ料理、「de' Afrique」は美味しい!

 自由が丘にはいろいろな店があるが、これまでアフリカ料理を専門にする店は覚えがない。それがこの「ディ・アフリク」。
 たまたま行って見かけた店先で、オーナーが声をかけてくれた。そこでランチを食べてきた。
 私はアフリカピラフの「アフリカピラフ」。これが魚介のピリ辛でとても美味しい。同僚はオクラシチュー。野菜がたっぷり。お勧めはドローワットだそうだが、品切れ。ビールはケニアやモロッコのものがあった。ワニやカンガルーの料理を食べられるが、オーソドックスなところから試していきたいな。
 今度はビールが飲める夜に行ってみよう!
Dsc_1943Dsc_1945

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.21

これから超軽量パソコンを買うのだったら「LaVie Z LZ750/HS」

 いわゆるウルトラブックと言われるパソコンが最近の流行。その中でも、これは決定版といえるほど、様々な利点を持っているパソコン。NECの「LaVie Z LZ750/HS」。13インチクラスで位に差が約875gという軽さ。アダプターを入れたとしても約1.2㎏なので持ち運びを頻繁にする人にとっては最適。

 性能もかなりのもので、アイビーブリッジのCorei7-3517U(1.9GHz)のCPUで256GBのSSD、また急速充電で30分程度でも半分程度充電できるという便利さ。HDMI端子もあるので出力をテレビに綺麗に出せる。USB3.0も積んでいる。

 問題はメモリーが最大でも4GBなこと。またLAN端子がないこと。無線LANとBluetoothがあるので特に問題はないが。後は値段が16万を超える事。またバッテリーが5時間程度というのもウルトラブックの中では少ない。軽さとの引き換えでしょうね。

 販売開始が8月23日の予定。楽しみですね。

対抗機種

最後のマウスコンピュータは11.6インチの小型パソコンで1㎏を切る製品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.10

CANONの新型レンズ、「EF40mm F2.8 STM」はお得なレンズ

 CANONのレンズ群は値段が高くて、手が出ないものも多い。でも、その中で、50mmレンズには安くて画質に定評があるものがある。EF50mmF1.8Ⅱはその中でも評価されているもの。1万円前後で買えるものとしてはその力量に感嘆する。

 その中で、今回の新レンズ、「EF40mm F2.8 STM」はヨドバシでも2万円前後、価格comでは1万7千円前後と手に入れやすい値段。

 パンケーキレンズとして売り出されることでわかるように大変薄い。直径22.6mm で2㎝ちょっとしかない。また、7 枚羽根の円形絞りのおかげでボケ味が綺麗なのと、重さが130gしかない。フルタイムマニュアルフォーカスが可能。ただ、電源を入れなければ合わせられないというのはちょっと・・・。

 30㎝まで近づけるのもなかなか。一本、バックに入れておいても便利なレンズではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八木沢里志の「森崎書店の日々」を読んだ

 ビブリア古書堂を読んだ後で、この八木沢里志の「森崎書店の日々」を読んだ。ミステリー仕立てでもなく、淡々と話は進む。

 でも、だからこそ実際にありそうな気分になり、登場人物に感情移入しながら読んでしまう。私は主人公と違って男だし、性格も違うので、どこかで傍観者の立場に立ってはしまうが、それでも恋人と仕事を失ったときの落ち込んだ状況から、叔父さんの経営する神田の古書店で次第に立ち直っていく主人公に、思わず応援の声をかけてしまいたくなる。

 続編として書いた「桃子さんの帰還」も面白い。単行本にはなかった叔父さんの奥さんが帰ってきたエピソードを加えている。これも、続編としてとても面白い。

 全体として読んでいて、とても暖かで、優しい気持ちになれる小説だ。百田さんと同様、安心して読める作家ですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.08

iPadやアンドロイドタブレット用のスタイラスペンは、どれがいいのかな?

 最近、iPadで文字を入力することが多くなってきた。ソフトウエアキーボードで入力するので困ることはないのだが、子どもたちが入力するときに、実際に書いて練習することが覚えるのに有効。
 指でも書けるのだが、できるだけ今までと同じ環境の方が覚えやすいようだ。ということで、スタイラスペンを調べてみた。

ワコムのペン。定評があるそうだが、少し高いかも。でも、使いやすかったら多少の値段は。あとは消耗の具合かな。

これは安い。でも使いやすいとのこと。アンドロイドではどうも調子が良くないようだ。

プリンストンの製品。値段は高めだが、筆圧の強い人には評価されているが、その他の人の評価はいまひとつ。

安いのですが、結構評価が高いですね。ただ、先が太くて、細かい操作にはむかないようです。

 さて、どれを注文しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.03

「トロ子のランナンバン」はDVDで見てこそ価値がある!

 「スター☆ドラフト会議」で誕生したRAB(リアルアキバボーイズ)と声優の福原香織を劇団ひとりがプロデュースしてメジャーデビューして歌って踊ったのがこの「トロ子のランナンバン」。
 どこからどこまでも秋葉系男子のRABと、そのダンスの凄み、凄まじさ、そのギャップが本当に驚きだ!歌い手の福原香織もさすが声優と感じさせる歌声とキレのあるダンス。
 そして、出だしの野暮ったさから変身する構成の面白さ。さすが、劇団ひとり。
 久しぶりに面白いDVDだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イボバッタの幼虫・・・かな?

 これも学校園にいたバッタ。とても小さいのだが、カメラを近づけて撮影した。まったく逃げようとしない。形や色から判断すると「イボバッタ」の幼虫と思われる。

 色合いや、背中のコブ、足の近くの模様がよく似ている。

 イボバッタは7月から11月ごろ現れる。2センチから3センチ前後の大きさで、メスの方が大きい。いろいろな植物の葉を食べるようだ。

 それにしても、大きくしてみると面白い顔をしているものだ。
P1170440P1170441P1170443

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゴマダラカミキリ」はカッコいい!

 ゴマダラカミキリは、一番よく見かけるカミキリムシかもしれない。捕まえるとチイチイ鳴きながら暴れる。昔はカブトムシやクワガタと並んで、家によく飛び込んでくる虫だった。

 今回は、たまたま、植物を支える支柱に留まっているところを撮影した。子どもの頃、彼らを飼おうとしたことがあるが、なかなかうまくいかなかった。調べてみると、ミカンやイチジクを食べるようだ。クワガタのゼリーでもいいと書いてあった。

 昔、知っていたらもう少し長生きさせられたのに・・・。
P1170390P1170392P1170395

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ヒメヒラタアブ」の雄でしょうか

 学校園の植物にはいろいろな昆虫がやってくる。今日はイチゴの花を撮ろうと思っていたら、一匹の蜂のような昆虫が!しばらく花の中に口を突っ込んでなにやらうごめいていた。
 調べてみたら、ハエ目、ハナアブ科に所属する「ヒメヒラタアブ」の雄。眼がくっついているのが、雄。離れているのが雌だそうだ。
 イチゴも昆虫がこのように来てくれることによって、綺麗な形になる。むやみに農薬を使ってはいけませんよね。
P1170436P1170437P1170439

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »