« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の記事

2012.06.30

ブログの書き換えの頻度が減ったわけは・・・

 最近、明確にブログの書き換えが減った。その訳は簡単。FacebookなどのSNSの書き込み、読み込みが忙しくて、手が回らないのだ。さらにメールが多い。パソコンからと携帯からのがあるので、転送してひとまとめにして読んでも時間がない。

 さらに、このところ夜のスポーツが多い。ユーロ2012がやたらと面白い。さらにウインブルドンテニスまで始まってしまった。

 それに加えて、体調が悪かったり、テニスの試合が入ってきたりして、書く時間も体力もなくなってしまった。本も読むスピードが落ちている。

 でも、自然に任せよう。自分が言いたいことを言える場所でやるしかない。誰でも読めるブログ。友だちしか読めないSNS。使い分けでしょうね。まあ、体力が続く限りは、ブログも書きますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと上等なデジカメが・・・「サイバーショットDSC-RX100」

 今回。6月15日に出たソニーの「サイバーショットDSC-RX100」は大型CCDを積んだコンパクトデジカメの最新機種。

 なによりも特徴は13.2×8.8mmの大型CCDと有効画素数が2020万画素あるということ。そして、レンズの明るさがF1.8であること。まあ、ズームにすればF値は4.9まで落ちるが。

 ボディーはアルミ製の金属で、がっちりした感じ。安いデジカメと違って、マニュアルでの撮影ができる。また、レンズの付け根のコントロールリングで絞りやシャッタースピード、露出の補正などを設定をできるのが新鮮。

 また、これがかなり小さなデジカメであることにも驚き。手の中に隠れてしまうほど。3.6倍ズームレンズを含めて横幅が10.1cm、は幅が3.5cm、高さが5.8cmという大きさ。これだったらポケットに入れられる。重さも240g。

 皆さん、いろいろなご意見があるけれど、この性能は正直凄いと思う。憧れだったCarlZeissのレンズだし、欲しくなるデジカメ。

 ただ、私個人としては、ファインダーがないのが残念。液晶で見てピントの細部まで合わせることは難しい。まあ、オールラウンドなカメラを作ることはできないので、これも一つの個性でしょうね。

 人間と同じで、全てが良いものなんてあるわけない。実際に触ってみて気に入ったら購入すればいいのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アップルの商売上手は嫌いだ・・・でもMacは欲しい!

 今回出たMacの新型。もちろん最高峰の美しさを誇るMacBook Proは欲しい。液晶の美しさは群を抜いている。また厚さも薄くなり、重さも2㎏程度なので、持ち運びも可能。ただ、値段が高い。18万を超える。これは光学ドライブなしのマシンとしては異例の高さ。手を出しにくい。そもそも液晶の美しさって、そんなに必要なのだろうか。印刷できるわけでもないし・・・。まあ、自己満足の世界だから、写真も綺麗に見えるし、それはそれでいいのかもしれない。でも、私はそこまで必要はない。

 そこで、手ごろなのがMacBook Airの13インチが私の候補。薄いのはもちろん、重さが1.3㎏程度。CPUはインテルのコアi5。SSDが128ギガのモデルで10万程度。USBも3.0だし、内蔵されたGPUも強化された。

 ただ、このマシン、最近出ているウルトラブックと比べると明らかに高い。利益もアップルに独占される体制に組み込まれるのは嫌だし、迷う。

 もう少し、お互いの共存ができるような仕掛けを考えてくれると嬉しいのだが。電力や携帯でもそうだが、一社しかいきのこらない形は、独占的な利益の元に驕りがおこる。できたら、もう少し度量の広い商売を展開してほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ビブリア古書堂の事件手帳3」は前にも増して面白かった!

 三上延の「ビブリア古書堂の事件手帳3」を読んだ。面白い!

 前の作品も良くできているなと思ったけれど、これはなかなか。「ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(集英社文庫」、「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいの」、「宮澤賢治『春と修羅』(関根書店)」、そしてエピローグで構成されている。

 本の謎を解きながらストーリーは進むが、そこに出てきている人間の生き方が個性的。

 全体が微妙に絡みながら、本に関わる謎解きが進んでいく。登場人物も魅力的だし、今後の流れも気になる。このシリーズ、日本の若い人向きの小説の中では出色の出来ではないか。

 次の巻が出るのが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンシロチョウの口先はどうなっているの?

 モンシロチョウは昔から最も良く見かける蝶だった。最近は暑い地方の蝶も多くはなってきたが、やはりキャベツ畑の主流はモンシロチョウ。
 彼らを大きく写真で撮影すると細かい毛がびっしり生えていたり、羽に細かい筋や模様があることに気付く。また口にはクルッと丸まった蜜を吸うための口器がある。
 これは蜜を吸うには適した形だが、それ以外は食べられない構造。でも、自然は微妙で美しい世界を作るものだ。P1170329P1170331P1170333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.09

川場の自然・ラショウモンカズラ

 川場には植物もいろいろ面白いものがある。その一つが春に育つ紫色の花、シソ科の「ラショウモンカズラ」。鉱石山の道端に普通に生えているが、この手の花の中では大きい。園芸種の様にくっきりした花。
 
 ところが、名前の由来の所為か、あまり育てている人はいない。

 京の羅生門で渡辺綱が鬼女の腕を切り落とした時の腕に似ているからという話があるが、そんな誰も見たことがない話で名前が決まるものなのだろうか。

 花が終わった後にランナーが出て広がっていくので蔓という名前がついているというのは納得のいく話だが。

Pic_0040_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

川場で見かけたベニシジミ

 川場村にはたくさんの動植物がいる。「オオミズアオ」は少しびっくりしたが、「ベニシジミ」はまあ、よくいる蝶ですね。
 ふじやまビレッジの園内の植え込みに二匹がじゃれあっていた。本当に近くでカメラを構えても逃げなかったので、結構大きく撮れた。

 食草はスイバ、ギシギシ、ノダイオウなどのタデ科の植物。蝶目、シジミチョウ科、ベニシジミ属の1.5センチほどの小さな蝶。眼が大きく、羽の色も綺麗な可愛い蝶だ。
P1160423P1160424P1160425
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 今回の面白い製品は、「ULEX 懐中電灯ライトICレコーダー JLIM 」。

 切り替え型のフラッシュライトと赤外線ライトが付属したビデオカメラ。動画が1280×960ドット(30fps/AVI)、静止画が1600×1200ドットで記録できる。

 夜間に昆虫や鳥の観察、撮影をするときに活用できそう。自転車につけて使うというのが売りの様だが、昆虫観察以外でも、夜間の行事、キャンプファイヤーなどの記録に使えるといいかな。

 手ごろな値段ですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

川場村で「オオミズアオ」に出会った

 群馬県川場村といえば、リンゴで有名だが、そこにはリンゴを好物にする昆虫もいる。

 その一つがこの「オオミズアオ」。日本でも大きい方で12㎝程度にもなるようだ。今回見かけたオオミズアオも10㎝は超えていたように思う。

 でも、この蛾は都会でも見かけることがあるようだ。幼虫が食べるのはバラ科、ブナ科、カバノキ科、ミズキ科と多岐にわたり、桜、梅、リンゴなどによくついているようだ。

 今回はじっとしてくれていたので、みんなでゆっくり観察することができた。
P1160486P1160483
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.03

ナビはストラーダ 「CN-S300D」を選択

 ETCと同様、購入する車のナビは自分で選択。ホンダの車はインターナビというシステムをもっていて、これは震災で威力を発揮したそうだが、今回は選ばなかった。あまりにも古いタイプのナビが純正品だったので、選択しなかった。
 いろいろ調べる中で残ったのが、パナソニック、パイオニアだったが、ETCとの連携を考え、今回はパナソニックのストラーダ 「CN-S300D」を選択した。
 これもITSスポットに対応していて、新しい情報端末として有効だ。また、スマートフォンとも連携する。ハードディスクよりも丈夫なメモリーだし、何かと考え方が新しい。

 1、ステアリングスイッチに対応
 2、Bluetoothでスマートフォンから目的地を送信
 3、ITSスポット対応(DSRC車載器対応)
 4、検索方法は11種類。「名称」「主要施設」「周辺ジャンル」「住所」「電話番号」「郵便番号」等。
 5、地デジ対応
 6、USB経由でiPod/iPhoneの再生
 7、ハンズフリー対応

 ただ、これの改良型が6月7日に出てくる。「CN-H 510D」だ。値段は倍近く、15万円前後。新東名にも対応している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.02

新型ETCのCY-DSR110DはITSスポットに対応している

 今回、購入する車のナビは自分で選ぶことにした。ETCも今回はいくつかを検討したが、ITSスポットに対応したものを選択した。パナソニックの「CY-DSR110D」だ。

 国はカーナビ・ETCを進化させて一体化し、オールインワンで多様なサービスを実現するのを目指して、情報システムを整備している。

 そのオールインワンのサービスに対応する通信手段として、道路に設置された「ITSスポット」とクルマ側の「ITSスポット対応カーナビ」が登場してきた。

 このITSスポット、双方間で高速・大容量通信を行うことにより、広域な道路交通情報や画像を提供することを目指している。

 ということで、新しい機能をここにさらにのせていくことになりそうだ。
 
特徴は以下のものになっている。
 1、広範囲の渋滞情報を受信(1000㎞範囲)、カーナビと連携してルート選択。
 2、ドライブ中の事前の注意喚起。地震情報や合流、渋滞末尾、霧などの時の前方状況等を表示
 3、カーナビとの連動(パナソニック製品)
 4、道の駅等でネット機能を生かして情報提供

 今後も駐車場情報や支払時に使えるシステムなどもここにのってきそうだ。

 これは実際に運転して使って見るのが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナリカのショップは面白い!

 御徒町、あるいは銀座線の末広町からすぐのナリカの東京本社。そこにはショップや実験室のようなものがある。先日、ショップを見せてもらったのだが、ものすごく面白い。

 元々、「中村理科」という理科の実験道具では知られた会社だが、この店舗では遊び心満点で、様々な面白グッズが置いてある。上には実験室や研修室もあり、とても便利。

 今日の「ぶらり途中下車の旅」で歌舞伎役者の片岡孝太郎さんがナリカのショップを訪れていた。水ロケットや発電機、指が飛び出て見える不思議な鏡などを紹介していた。
Dsc_1692Dsc_1694Dsc_1693

 私はとりあえず、アジの筆箱を買いに行こうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »