« 谷中のチョコレート専門店、「ショコラティエ イナムラショウゾウ」はケーキも美味しい! | トップページ | 2012年春の超望遠カメラ、NO1はニコンの、「Nikon COOLPIX P510」 »

2012.03.20

有川浩の「図書館内乱」を読み終わった

 有川浩って人は不思議な人。ものすごく昔の価値観で小説を書いていると思う。いったいいつの時代を生きているのかという感じ。古典的な男女関係、そして古典的な道徳観、古典的な社会観。どれをとっても現代を生きているとは思えない。でも、それが妙に安心感というか、懐かしさを感じてしまう要因なんだろうとも思う。

 この図書館シリーズの第二巻、「図書館内乱」でもそんな人間関係が描き出される。郁と堂上の関係なんて、それこそ前時代的。今はありえない純情な二人。読者は自分たちがこうだったらどんなに幸せなんだろうと思いながら読み進めていくのだろう。

 そして、中に出てくる「レインツリーの国」を先に読んだものとしては、これと結びつく別の世界がここに描かれている「図書館内乱」は必読の書と言えるだろう。

 有川浩って女性は、現実世界ではごく普通の生き方をしている人なんだろうな。健康で明るくて楽しい女性。たとえ裏に悲しみや苦しみがあったとしても、前向きに乗り越えていける人なんだろう。きっと彼女の小説に登場する人物なら、これらの困難を乗り越えていってくれるだろうという信頼かな。

 次も多分、読んでしまうだろうな。

 

|

« 谷中のチョコレート専門店、「ショコラティエ イナムラショウゾウ」はケーキも美味しい! | トップページ | 2012年春の超望遠カメラ、NO1はニコンの、「Nikon COOLPIX P510」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/54270518

この記事へのトラックバック一覧です: 有川浩の「図書館内乱」を読み終わった:

« 谷中のチョコレート専門店、「ショコラティエ イナムラショウゾウ」はケーキも美味しい! | トップページ | 2012年春の超望遠カメラ、NO1はニコンの、「Nikon COOLPIX P510」 »