« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011.12.29

数の子って過酸化水素水や亜塩素酸ナトリウムを使って殺菌、漂白しているんだ

 先日、築地に買い出しに行き、数の子を買ってきた。数の子専門店で結構いいお店。買ってきた数の子の塩抜きをして、味見をした。その時、かすかに違和感が・・・。調べてみた。

 すぐにわかったのが、黄色の色を綺麗に出すために数の子は漂白をしているということ。さらにその方法に過酸化水素水は使っているということ。

 他の食品では、厚生省が1980年に発癌性を根拠に使用を禁止したものだ。

 ただ、そのあと、「1981年4月に食品衛生調査会毒性部会は、数の子を過酸化水素で漂白、殺菌した後、それを除去する新しい技術が得られたという理由から、再び過酸化水素の使用を許可した。」ということだ。これは、数の子業界からの圧力がかかったという噂もあるくらい、当時、業界は過酸化水素水以外の方法がないと訴えたようだ。

 現在は 過酸化水素水に72時間つけた後、製品出荷時に「残留0」としなければならないので、カタラーゼによる酵素分解を行うため酵素入りの飽和塩水に72時間つけることになっているそうだ。144時間も水にさらされているのだ。うまみも何もあったものではない。


 ゆで麺やかまぼこ、はんぺんなどでは殺菌、漂白には自主規制して使っていないとの事。現在では公式には数の子でしか使われていないようだ。何しろ、食品添加物として「極力使用を避けるべき物質」として登録されている物なのだ。発癌性が確認されている物質なのだ。

 また加工された数の子には亜塩素酸ナトリウムが使用されているとの事。これも食品安全委員会で調査が行われ、様々な報告が出されている。

 業界では、安全性を確保するために「北海道水産物検査協会」などの検査機関が残留しいていないか調査もしているようだ。分析の内容がここのホームページに書いてあった。

「1 過酸化水素分析
  「分析対象:塩かずのこ」
   使用基準:最終食品の完成前には、分解又は除去(検出限界値0.1PPM)
   分析機器:過酸化水素計(オリテクターⅤ型)

2 亜硝酸ナトリウム分析
  「分析対象:塩すけそうたらこ」
   使用基準:最大残存量5.0PPM
   分析機器:分光光度計
   
3 亜塩素酸ナトリウム分析
  「分析対象:かずのこ」
   使用基準:最終食品の完成前には、分解又は除去(検出限界値:5.0PPM)
   分析機器:イオンクロマトグラフィー」

 危険度がかなり高いことがわかっている過酸化水素水などを使用した数の子を大量に長期間食べるのはやめた方がよさそうだ。ただ、何でもそうだが、あまり神経質になる必要もないだろう。毎日、数の子を食べ続ける気もないし。まあ、体調が悪い方は、あえて食べる必要はないということですね。
  
 でも、今回購入した数の子はどうしようかな。さらに水にさらして抜くしかないかな。もう一度、作業してみよう。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スマートフォンから印刷できる無線LAN接続のプリンタ。欲しい!

 私の家では一応無線LANでプリンタが接続されている。とても便利。でも、このプリンタを見たら取り替えたくなった。なんとスマートフォンから印刷できる。

 使えるものを交換するのには忍びないので、まだ以前のプリンタを使うことにしているが、スマートフォンで写真を撮るのが多くなったので、このような機能は嬉しい。欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.28

築地は凄い混雑!でも結構すぐに買えます!

 28日の築地。凄い混雑。でも、買うときはそんなに時間がかからない。むしろスーパーで買うより早い。店の人は隣の店に迷惑がかからないように気にかけながら、素早く客をさばいていく。
Dsc_0990Dsc_0987Dsc_0976

 今日の買い物は栗きんとん、カニやエビ、マグロや蒲鉾、伊達巻、つくだ煮やギンダラの西京漬け、ノリやお茶等々で数万円になった。2年前までは中村屋のお節を買っていたが、昨年から築地で自分の好きなものを買いそろえることにした。
Dsc_0980_2Dsc_0983Dsc_0988

 築地は外国人も多く来ていて、活気があった。買い物だけではなく、食事をしにくる客も多く、景気が悪いとは思えない世界だった。
Dsc_0977Dsc_0994Dsc_0971

 情報としては、タラバは高い。タラコは安い。鮭も高くはない。伊達巻や卵焼きは例年並み。マグロは高い。同じ値段でも大きさが小さく感じた。タコも高い。キンメも高い。ノリも高かったな。全体として、例年より高い感じかな。

 でも、お金さえあれば、年末の築地の買い物は楽しい。美味しそうなものが沢山手に入る。安いものというより良いものが手に入る。やはり、これからも築地に買い出しに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.26

明日の学習過程研究会は通算315回目

 元々、松下の講師集団から始まった学習過程研究会、今年で27年目になる。月に一度の定例会。315回もよく続いたものだ。

 若かった講師の皆さんも歳をとりました。ただ、最近、若い方も増えてきて、世代交代が進むかもしれない。私たちが引退し、新しい方にバトンタッチする時代が来たようだ。

 ところで、明日の12月定例会では、東京都の高校のICTの様子、社会科でのICT活用、震災直後の情報通信、H市の新しいICTシステム、動物園昆虫学習ハンドブックの紹介、電子黒板での教材作成、AppInventorでのアンドロイドアプリ作成等が予定されている。続きは中華街での忘年会で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.24

卓球のラバーをグレードダウン・・・過ぎたるは及ばざるがごとし

 卓球のラバーは一枚5千円を超えるものがある。バタフライのテナジーやブライス、スピンアート等のシリーズ。何と安くしても5600円を超える。裏表でそろえると1万円を超えてしまうのだ。しかも、このラバー、高いものはすぐに劣化する。反発、引っ掛かりも見る間に落ちていく。練習すればするほど、へたりも早い。その代り、攻撃力は高いのでつい使いたくなる。

 しかし、渋谷の国際卓球で店員さんといろいろ話をしている中で進められたのが、一段グレードの低いラバー。

ニッタクのファスタークG-1。
「・「テンション スピンシート」
トップ選手の要望により高回転性能を内蔵した打ち 負けない硬めトップシート。
・「ストロング スポンジ」
大きめの気泡を取り入れボールの食い込みを向上し た押し負けないハードスポンジ。」

 これをフォアハンド側で使って練習してみた。そうするとフォアハンド側のストロークが安定した。また相手のスマッシュに負けずに楽に返すことができる。また台上のフリックも返しやすくなった。つまり必要以上に反発しないので、台から球が出てしまうことが少なくなったのだ。私の腕で扱いやすい。

 ラケットはティモボルw7を使っている。約7000円。以前はコルベルだからそう変わりはないが、よりハードで重いラケットにした。7枚木材合板でややハードの打球感とスピードがミッドファースト系。グリップの先端が斜めに切れていて、そこをもって打つと安定する。

 今まで、スピンアート、ブライス、テナジー05と使ってきたが、それぞれ威力があって素晴らしかったが、今回このセットを使ってわかったのは自分の特性をよく見極めて道具を選ぶこと。撥ねすぎるラバーを使いこなす段階にはまだ来ていないということ。

 台上でのテクニックがないのだから、飛びすぎるラバーでは返しきれない。この重いラケットと安定性のあるラバーでコントロールして攻撃するのが合っている。

 今日は苦手なバックを重点に練習。裏にはラウンデルの特厚。練習相手はフォアハンドでバックに球を安定して送ってくれる。軽く合わせる打ち方とバックからドライブをかけて返す練習。サーブもバックから送り込んで、徹底してバックの感覚を合わせていく。

 球を打つ高さやポイントを変えて練習。2時間ほど打ち続け、次第に強打できるようになった。これをもう少し続ければ安定してくる。さあ、1月の対抗戦の決勝大会に向けて鍛えるぞ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

目黒の艦艇装備研究所を上から見ると・・・!

 目黒のガーデンプレイスからは東京の湾岸地域を広々と見渡すことができる。店によっては180度見渡せるところもある。

 その中の和食「きらら」では、東京タワー、スカイツリー、レインボーブリッジ、お台場、国立科学博物館附属自然教育園、品川の高層ビル群、羽田空港、丹沢の山々、筑波山などを見ることができる。

 その38階のエレベーターホールから不思議な緑の屋根の建物が見えた。とんでもなく長い平屋の屋根。いったいあれは何物なんだろう?スマートフォンで調べてみた。すると出てきたのが「防衛省艦艇装備研究所」という名前。いったいこれってなんだろう。

「二つの長い屋根の建物。ドーム型の屋根の方は、300m以上の全長を持ち、 曳引システムを備える高速水槽。 角型の屋根は、250m程の巨大な水槽。 昭和5年から存在し、戦艦大和もこの試験水槽で実験されたとのこ​と。」

 都心の一等地になぜか今も残る自衛隊の基地でした。
Dsc_0928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.18

三上延の「 ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」を読んだ

 三上延の「 ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」を読んだ。本にまつわる謎を解いていく不思議な物語。私も本が大好きだが、この物語に出てくる古書店の栞子さんはとんでもない物知り。

 最初が「時計仕掛けのオレンジ」にまつわる話。私もこの映画は見たので、とても面白かった。この本にこんないわれがあるなんて・・・。

 次が福田定一の「名言随筆 サラリーマン」の話。これも誰だか知りませんよね。そこに結びつくのかというような内容。

 第三話は足塚不二雄の「UTOPIA 最後の世界大戦」、これもとんでもない話。ありえないけれど、そう思わせないのが筆者の実力か。

 そしてプロローグとエピローグは栞子さんにまつわる話。本当によくできた物語。

 70万部を超える売れ行きということも納得がいく。人が殺されなくても十分謎はありますよね。どの物語もなかなかよくできていますよ。内容は言えませんが・・・。安心して知的好奇心を刺激されながら読むことができる一冊。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはりみんなの注目、auとDocomoの「ARROWSシリーズ」・・・・でも問題も!

 発売前から予約が殺到していたというauとDocomoの「ARROWSシリーズ」。やはり予想通り、店頭に予約以外の製品はなかったようだ。ドコモの「ARROWS X LTE F-05D」はXiを積んでいて、auの「ARROWS Z ISW11F」はWiMAXを搭載している。これにワンセグ、赤外線通信、FeliCa、防水機能を積んでいるのだから、まず機能としては完璧だ。

 ところが、いくつか問題が出てきたようだ。初期ロットにはいつも付きまとう様々な問題。今回は長時間使った場合の熱暴走。何だか最初からメーカーから説明の紙が入っているようで、「長時間使用すると熱で止まることがあるけれど、これは故障ではないので冷めてから使うように」という内容のようだ。

 もう一つが「ARROWS Tab LTE F-01D」、タブレットの方では、電源が入らない」場合と、「電源OFF状態で充電しようとしても充電できない」ということが起きているようだ。最新の端末ソフトウェアを入れると解決するとの事。

 さて、いつ落ち着くのか。しばらくは現物がないのをいいことに、状況を見守っていくのがいいのかな。

 富士通のArrowsのページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の朝日新聞に山形の「酒井ワイナリー」が紹介されていた

 以前、赤湯温泉に行ったとき、たまたま寄った山形県南陽市の酒井ワイナリー。そこで買ったワインがとても美味しかったので、それからも何回か購入している。友だちのいろいろな記念日に贈り物として使わせてもらっている。そのワイナリーが「荒れ地を耕して特区に」というタイトルで一面トップで紹介されていた。
 休耕田なので荒れていく農地を活用してブドウ畑にしているとの記事だった。確か、若い5代目という当主が頑張って作っていたと思う。
 原発で荒れた日本の農業、何とか立て直し、良い方向に進んでもらいたい。これからも酒井ワイナリーを始め、独自に頑張っている日本のワイナリーや農家を応援していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Asusの「Eee Note EA800」は即起動の多機能満載の手書きメモ帳

 昨日発売されたAsusの「Eee Note EA800」はワコムの電磁誘導を利用したモノクロ8インチ液晶の手書き電子メモ帳。そこにカメラ機能、音声メモ機能、無線LAN機能を附属させ、スリープからの起動は一瞬。しかも値段は19800円。

 昨日、ヨドバシで見たときは、もう売り切れていた。漢字変換機能はないが、ソフトウエアキーボードもついているので不便はないだろう。また、バッテリーは11時間程度といっているので、まあ数時間はもつのだろう。

 OSはLinuxを使っている。CPUはMarvell PXA303プロセッサー(624MHz)。メインメモリは256MBと少し小さい。記憶容量は4GB。micro USBポート×1、micro SDカードリーダー、ヘッドホン出力×1。サイズが、縦158.0×横230.0×厚さ13.5mm。重さは約520gということだ。

 まあ、このまま使うにはこれで十分かもしれない。写真も200万画素のこの機種で撮るのはそう多くはないだろうし。試してみるのにはなかなかいい値段の設定かもしれない。
なお、12月17日現在では、Amazonでもまだ出ていない。またヨドバシの通販サイトにもでていませんね。
とりあえず、今までのAsusのPadのサイトです。

eeepad
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.12.11

スマートフォンのバッテリー不足にどう対応するか

 スマートフォンは薄くて軽い。その結果、バッテリーの持ちが今一つ。ということで、私は充電器を家と職場においていある。それでも時々電池が足りなくなることがある。そこで、いくつか対策を考えてみた。

 XPERIA用
 一つ目は大容量バッテリーの購入。純正(1500mAh)より大容量で1700mAhある。これをサブとして持ち歩くのが一番軽くて簡単。でも充電をいつもきちんとするのが大変かな。

 バッテリーと充電器のセットだとこれかな。

 三つ目が、これ。大容量バッテリーの3200mAh電池とカバーがついている。

  GALAXY SII(SC-01)用
 ギャラクシーだったらここらへんがいいかな。

 iPhone用だとここら辺がある。

ただ、Xi対応の機種に関してはこれらが対応しているのかどうかは不明。とりあえず、純正を二つ持ちするのがいいと思う。さて、今週、どこかで購入してこよう。

 


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月10日の皆既月食の写真集

 今日は皆既月食だった。研修から帰り、食事を一通り済ませてから撮影開始。次第に欠けていくお月様。皆既状態では、見えなくはならず、赤いお月様が残った。不思議な感じだったが、カメラで撮影するのにはなかなか難しい。今回はjpegだけではなくRAWデータを起こしてみたら比較的、綺麗なお月様と星が写っていた。
 なかなか不思議な映像だったが、明るい時には見えない星が浮かび上がったのがちょっとうれしかった。
時系列で写真を整理してみた。
Img_8348_2Img_8352_2Img_8359_2Img_8393aImg_8393cImg_8407Img_8413Img_8420Img_8429Img_8435Img_8442

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.12.10

明日は内田洋行の研修会に参加します

 今までもいろいろお世話になっている内田洋行。そこで緊急セミナーが行われる。

 海外のICT教育事情に学ぶ!!「韓国のスマート教育推進戦略~デジタル教科書が目指すもの~」
 日本をはるかに凌駕するスピード感で疾走する韓国。そこで行われようとしている教育の電子化。その現実を把握することはこれからの日本の教育にとっても重要だ。今回の研修で実態の一端を見たいと思う。楽しみだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.04

愛媛大学の平田研究室が作成した江戸時代の和算、「ひろいもの」のFLASHパズルとiPad用アプリ

 日本の算数、和算。かなり面白い。その中の一つ、「ひろいもの」。これはやってみないとわからないが、はまる。実際にやり始めると、全て終わるまで止められなかった。

 全部で12問。

 愛媛大学平田研究室が製作している。内容はサイトに記されている以下の説明を見るとだいたいわかるが、やってみないとわからないと思う。

本当に面白いので、ぜひお試しください。

「ひろいもの」Flash版
**********************************
1.碁盤の上に石が置いてあります。
2.上下左右に移動しながら順に石を取っていきます。
  ※進んで来た方向や斜めには移動できません。
   逆戻りをせずに、直線上を移動するのであれば間に石がなくても、
   すでに取ってある石がある場合でも移動できます。
3.全部の石が取れたら完了です
**********************************

 iOS(iPhone, iPad)アプリもあるので、検索してみてください。私はiPad2でやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士フィルムの「X-S1」は2011年超望遠カメラの最先端

 ネオ一眼スタイルの高倍率ズームレンズ機である富士フイルムの「X-S1」は2011年の最後を飾る高性能機。

 富士の高級機種シリーズのXシリーズとして売り出されている。F2.8-5.6 のフジノン光学26倍マニュアルズームレンズを搭載していて、広角24mmから超望遠624mmをカバーしている。

 2/3型 EXR CMOSで1200万画素。基本的な性能の部分で不満はない。12群17枚のガラス製レンズ(非球面レンズ、高屈折率ガラスレンズ、異常分散ガラス)を使っている。ED(異常分散)ガラスを2枚採用したことは特筆に値する。これにより望遠側の軸上色収差を低減される。

 私は鳥を撮るのに有効だろうとは思うが、スーパーマクロの機能も凄い。1㎝まで近づける。超望遠とマクロ。両立させるところがなかなかのものだ。ヨドバシで79800円。12月7日の発売だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士フィルムの「FinePix X100」は持っているという感覚を満足させるデジカメ

 富士フィルムという会社は面白い。特徴のあるカメラを作る。今年の3月に発売されたX100は全てにおいてコンパクトデジカメの最高級品。

 昔ながらのカメラのデザイン、質感を感じさせてくれる。性能は、コンパクトデジカメとは一味も二味も違う。レンズは実質35㎜/F2という明るいレンズで、1230万画素のCMOSセンサーと合わせ、美しいボケを生かした写真を撮ることができる。

 絞り、シャッタースピード、露出の専用ダイヤルがあるので、昔ながらのカメラと同じで、自分なりに微妙な設定ができる人にとっては、マニュアル設定で楽しめるカメラだろう。

 また、人工皮革で覆われた本体は、かなりの高級感。所有する喜びを感じさせるカメラだろう。

 ただ、値段が高すぎる。半年以上たった今でも、ヨドバシで123100円、ポイントが10%なので実質111000円程度。Amazonでも102500円。これはヘタなデジタル一眼レフよりも高い。

  実際に手に入れられる人は僅かだろうな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

由紀さおり・安田祥子のファイナル・ツアー ~ありがとう25年~を聴いてきた

 TBSラジオの「夜のバラード」という番組の始まりの音楽として歌われた「夜明けのスキャット」で由紀さおりの歌声を初めて聴いた。

 といっても、最初は誰の歌ということも知らされなかったと思うし、番組の曲も変わっていく約束になっていたと思う。みんなの投稿で音楽が変わらずに済んだのではないかな。

 また、初めは歌詞はなく、スキャットの部分だけだった。後で歌詞が加えられたときは多少違和感があったのを覚えている。

 この歌がラジオで流れたときに聴いていたということは、今から43年前ということ。大昔・・・。彼女の声はそのころから美しかった。

 今回、お姉さんの安田祥子さんと組んで歌ってきた日本通運主催の童謡中心のコンサートツアーは、ここでいったん終了するようだ。

 中野ゼロホールには、お子さんを含めた若い方からお年寄りまで、様々な年齢層の方々が集まっていた。舞台を盛り上げようとして由紀さんが盛んに観客に大きな声で歌ってくださいといっていたが、彼女たちの美しい声を聴こうと思う方の邪魔になってしまうのは申し訳なくて、大きな声では歌えなかった。それほど聞き惚れてしまうほど、お二人の歌は美しかった。

 CDで聴くよりやはり劇場で聴くのが一番。幸せな時間を過ごすことができた。いつものように、会場で記念にCDを買った。

 ところで、由紀さおりのCDが、今、海外で売れているとのこと。日本でも6万5千枚を超えたそうだ。「1969」はアメリカのジャズ・オーケストラ「ピンク・マルティーニ」との共演が話題になっている。オリコンのアルバムランキングで最高7位まで上げてきた。今週だけで1万4千枚も売れている。世界20ヵ国以上でCD発売・デジタル配信されていて、アメリカ、iTunesの11/2付ジャズ・チャート部門で1位を獲得している。カナダでもiTunesチャート・ワールドミュージックでも1位を獲得したそうだ。
 
 今後、ピンク・マルティーニの全米公演への参加が予定されているとのこと。何だか世界でブレークするかもしれない。彼女の新しいサイトもカッコいい。応援したいな。

 それにしても、最近の声の豊かさは格別。体が安定したからかな。日本で安心して聴いていられる数少ない歌手。童謡も素敵だし、最高に彼女の声に合っていると思うが、新たに世界を舞台にクラッシックを元にした歌や童謡以外の名曲も歌ってほしいと思う。頑張れ、由紀さおり!

今回、購入したCD。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.02

いったいどっち?iPhoneはDocomoから販売されるのか?

 日経ビジネスにiPadとiphoneがDocomoから発売されるというニュースが流れた。ところがすぐにDocomo側が否定。いったい、どっちなんだ!
 DocomoはauからiPhoneが発売された後、急激に販売台数を減らした。このままでは漸減していくのは明らか。そこでこのニュース。現状では本当でなかったとしても、ドコモが何らかの対策を立てなければならない状況にあるのは当然。
 日経ビジネスはauからiPhoneが発売された時も最初に報道したそうだが、彼らはどこかにこのニュースの根拠をもっているのだろう。Docomoが否定しているのは、多分まだ条件面で交渉中だからではないか。導入が決定したといってしまうと、アップルが出してきているだろう販売台数の過度の押し付けを認めてしまうことになるのかもしれない。
 ここは否定しながら、より有利な決定を目指して交渉を継続していくのではないか。今回の報道はDocomoユーザーにとっては嬉しいニュースだが、本当に発売されるかどうかは、もう少し様子を見る必要があるのだろう。日経ビジネスを信じて今後の動向を見ていきたい。
 なお、この件に関しては、マイナビニュースが詳しく解説している。まあ、これも憶測に過ぎないが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »