« ガイガーカウンターの自作 | トップページ | ナリカのアクティブボードは電子黒板としてとても使いやすい »

2011.10.10

浅田次郎の「夕映え天使」を読んだ

 初めての浅田次郎さんの作品。何人かの作家の作品には手を出していないが、彼もその一人。でも、なかなか面白い作品だった。手練れな表現で、人生の一場面を切り取って哀切に表現していた。どんでん返しの作品も多く、意外な結末にビックリすることも。

 「夕映え天使」、「切符」、「特別な一日」、「琥珀」、「丘の上の白い家」、「樹海の人」の六つの短編で構成されている。ただ、その結末でいいのかなという思いもあった。まあ、書く人の大変さを考えると、そんなことを言われてもって感じでしょうね。

 なかなか面白い作家だと思いました。これからもいくつか読んでみようかな。

リンクに表示されるテキスト

|

« ガイガーカウンターの自作 | トップページ | ナリカのアクティブボードは電子黒板としてとても使いやすい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/52954642

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田次郎の「夕映え天使」を読んだ:

« ガイガーカウンターの自作 | トップページ | ナリカのアクティブボードは電子黒板としてとても使いやすい »