« 重松清の「せんせい」を読んだ | トップページ | 比較表メーカーって面白い! »

2011.10.02

キャノンの11月3日の「歴史的でグローバルな発表」って、結局なんなのだろう?

 一時、噂になっていた、11月3日のキヤノンの発表。ハリウッドで発表するというのだから、また歴史的でグローバルな発表というのだから、デジカメやレンズの新型ということではないだろう。

 今、予想されているのは、新型のビデオカメラという話。EFマウントで高感度ビデオとか・・・。歴史的かな?ハリウッドというのだから、映画と関係があることだろうし、グローバルというのだから、ニッチなミラーレスカメラの発表というわけでもないだろうし。

 業務用のEFマウントの高感度ビデオカメラを100万前後で発売するというのが、そんなに凄いことかな?

Canon is planning a “historic global announcement” on November 3rd, 2011 in Hollywood. What could it be? Maybe a 4k camera? Or a new DSLR with some mind blowing video features? Could it be Canon’s mirrorless solution?

|

« 重松清の「せんせい」を読んだ | トップページ | 比較表メーカーって面白い! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/52891047

この記事へのトラックバック一覧です: キャノンの11月3日の「歴史的でグローバルな発表」って、結局なんなのだろう?:

« 重松清の「せんせい」を読んだ | トップページ | 比較表メーカーって面白い! »