« 池井戸潤の「鉄の骨」を読んだ | トップページ | 重松清の「せんせい」を読んだ »

2011.09.28

ハバネロの恐怖

昨日、鉢植えで育てていたハバネロを調理しようと思い、赤く綺麗に輝く小さな実を収穫した。かぶれるので注意との事だったので多少、心配しながらさわったが、何事もなし!調理開始。
頭を落として種を流水で洗う。その途端、クシャミと咳が!息が苦しい!
逃げろ!しばらくして、もう一度近づいてみてもおんなじ!これはきつい。食べるのは諦め、お皿に他の野菜と置いておいた。その野菜を食べたら、ヒリヒリ辛い。これは怖い。近くにあっただけで辛くなる。ふと口の周りの辺りもヒリヒリ。目の回りをさわったらヒリヒリ。原因は…私の手だった。料理した手は普通に洗うだけでは落ちなかったのだ。こんなに威力があるとは…。よし!庭の猫よけに使ってみよう。

|

« 池井戸潤の「鉄の骨」を読んだ | トップページ | 重松清の「せんせい」を読んだ »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/52850695

この記事へのトラックバック一覧です: ハバネロの恐怖:

« 池井戸潤の「鉄の骨」を読んだ | トップページ | 重松清の「せんせい」を読んだ »