« XPERIA acroで困ったこと5・・・XPERIA acroの管理ソフト、PC Companionがインストールできなかった! | トップページ | ドイツ気象庁の福島原発、放射線予報は終了しました »

2011.08.14

池井戸潤の「下町ロケット」を読み終わった

 最近、プログラムを作っていたので、本を読んでいなかったのだが、一段落したので、購入していた池井戸潤さんの「下町ロケット」を読んだ。

 一気に読みたくなる本だった。最新作の「かばん屋の相続」も面白かったが、この作品も企業、銀行、特許、物づくり等に詳しい人でなければ書けない作品。

 大田区の中小企業を舞台に、自分たちの技術にプライドを持ち、夢をもってまっすぐに生き抜こうとする人たちの物語。大企業にも負けずに自社開発でロケットのエンジンの開発を進め、特許を取得したこの会社。そこに巻き起こる大企業との戦い。

 物づくりにたずさわる中小企業に生きる人たちの意地が感じられる。ずっと応援しながら読んでいたが、現実の日本の中小企業が置かれている危機感のようなものも伝わってくる。

 これは直木賞に値する小説だった。どちらかというとドキュメンタリーのような感じで読んでしまった。池井戸さんが現在も取締役を務める大田区の日邦工業も写真関係や塗装、彫刻などの仕事をする精密メーカー。これは、彼らへのエールですね。

|

« XPERIA acroで困ったこと5・・・XPERIA acroの管理ソフト、PC Companionがインストールできなかった! | トップページ | ドイツ気象庁の福島原発、放射線予報は終了しました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/52474106

この記事へのトラックバック一覧です: 池井戸潤の「下町ロケット」を読み終わった:

« XPERIA acroで困ったこと5・・・XPERIA acroの管理ソフト、PC Companionがインストールできなかった! | トップページ | ドイツ気象庁の福島原発、放射線予報は終了しました »