« XPERIAacroで困ったこと4・・・マナーモードの設定はどこだ! | トップページ | SHARPのDL-C301D リモコン付LEDシーリングライトを購入した »

2011.08.07

アンドロイドスマートフォン開発ツール、Googleの「App Inventor」とスマートフォンを接続するには・・・結構、設定が必要!

 App Inventorとスマートフォンを接続するには、パソコン側での設定も必要だが、携帯側でもいくつか設定する必要がある。整理してみよう。

<スマートフォン側>
1、「設定」の「アプリケーション」の中の「提供元不明のアプリ」にチェックを入れる。
2、次に同じ場所の「開発」の中にある「USBデバッグ」と「スリープモードにしない」の二つにチェックを入れる。
3、アプリの中にある「設定」で「SONY Ericsson」を選択し、「接続を選ぶ。(当然、機種によって違う。)
4、「USB接続モード」をクリックすると「メディア転送モード」と「ファイル転送モード」が選択できるので、「ファイル転送モード」を選択する。これは音楽ファイルなどをやり取りする場合は「メディア転送モード」を選択する必要があるので、作業を始める前にチェックが必要かもしれない。
5、アンドロイド携帯に付属しているUSBケーブルでPCとスマートフォンを接続する。
6、「設定」の中の「接続」をクリックし、「PC Companionのインストール」を選択する。

<PC側>
1.App Inventorの右上のところにある「Blocks Editor is Open」のタグを選ぶ。
2、Javaが動き、「Blocks Editor 」のウインドウが立ち上がる。
3、そこで、「Blocks Editor is Open」のタグの横にある「Connect to Device」をクリックする。そうすると自分のスマートフォンと思われる記号の羅列が登場するので、それを選びしばらく待つ。
4、この時、画面がスリープしてしまうと接続しない。
5、プログラムに間違いがあるときは「強制終了」の画面が出る。デバッグするしかない。
6、問題のない場合は、画面に自分の作成したアプリが動作する。
7、そこで、スマートフォンにそのアプリを送るため、App Inventorの右上のところにある「Blocks Editor is Open」のタグのさらに右にある「Package for Phone」のタグを押し、さらに3つの選択肢の中から、「Downroad to conected Phone」を選択すると、自分のスマートフォンにプログラムを送り、アプリが作られる。

 実際に動かしてみると、多分、機種によって多少の違いがありそうだ。でも、おおむね上記のとおり。

 原則は、以下の内容だと思う。

・スマートフォンの「開発」、「接続」の設定をきちんと行うこと。
・PCにスマートフォンを認識させること。
・USBケーブルで接続して「PC Companionのインストール」を行うこと。
・Javaをインストールすること。
・スマートフォンをスリープさせないこと。

 まあ、これらの設定は、結構、難しいかもしれない。PCとスマートフォンがつながって連携して動作するようになったら、プログラム作りなんて簡単に思えてしまうほど。

 プログラム作りにようやく入ってきた。そこは次の記事で・・・。

|

« XPERIAacroで困ったこと4・・・マナーモードの設定はどこだ! | トップページ | SHARPのDL-C301D リモコン付LEDシーリングライトを購入した »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/52410224

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロイドスマートフォン開発ツール、Googleの「App Inventor」とスマートフォンを接続するには・・・結構、設定が必要!:

« XPERIAacroで困ったこと4・・・マナーモードの設定はどこだ! | トップページ | SHARPのDL-C301D リモコン付LEDシーリングライトを購入した »