« 岩手県の宮古市から田老町、山田町、大槌町、釜石市の7 月の状況 | トップページ | 信濃大町の鷹狩山からの眺望は、抜群! »

2011.07.27

App Inventorでアンドロイドアプリの作成が簡単にできる!

 スマートフォンを使い始めて、いよいよアンドロイドアプリの作成に取り掛かった。Eclipsでの開発が普通のようだが、JAVAでの開発に時間がかかるので、FlashとAirの組み合わせ、またはApp InventorでのWEB上での開発のどちらかで開発しようと考えた。
 Flashは慣れているので後回しにるすことにして、今回はApp Inventorを利用することにした。これはGoogleのサイトにクラウドで作業する形。「App Inventor for Android」に行って、インストールをしてJAVAで作られたBlocksEditorでプログラムを組み立てていく。言語を使う必要はない。スクイークや文科省のプログラミン等と同じ考え方。

 英語で説明が書かれているので、多少スムースさに欠けるが、日本語に変換しつつ設定をしていった。
手順は以下の通り。なお、gmailのアドレスは必須。

1、App Inventor for Androidのサイトに行き、何ができるか動画を見る。
2、GetStarted>のボタンを押す。
3、Step1のsetup your computerを押す
4、java test pageに行き、必要ならインストールする
5、Instructions for Windowsを押し、インストーラーをダウンロードし、自分のパソコンにソフトをインストール。
6、自分の携帯の設定を変更する。
 端末の「設定」を開く。その中の「アプリケーション」を選択する。「提供元不明のアプリ」のチェックをONにしてくする。その下にある「開発」を選ぶ。「USBデバッグ」にチェックを入れる。
7、Set up your Android phone を押し、自分の携帯と連携させる。
8、ブラウザーでApp Inventorにアクセスして「New」を選ぶ。
9、そこで画面に表示された携帯画面に部品をドラッグして構成していく。
10、部品を配置したら、BlocksEditorを開き、そこでブロックエディターの命令が入ったブロックを運び、プログラムを作り上げていく。
11、出来上がったら、それを自分の携帯に表示された内容や動作を確認し、問題なかったら初めのウインドウに戻り、そこでpackage for phoneのボタンを押し、3つの選択肢から選び、Downroad for phone を選べば、自分の携帯にアプリとして登録される。

 まあ、簡単にはいかないかもしれないが、ここまでくれば後は自分の考えたアプリを作成できる。それなりにプログラムもできそうなので試していきたい。

 ところで、ここで作成したアプリはあくまでも自分の中だけでアンドロイドマーケットには出せないようだ。Flashは出せそうなので、公開を前提にしたり、売り物を考えているならば、別の方法の方がいいだろう。

|

« 岩手県の宮古市から田老町、山田町、大槌町、釜石市の7 月の状況 | トップページ | 信濃大町の鷹狩山からの眺望は、抜群! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/52317994

この記事へのトラックバック一覧です: App Inventorでアンドロイドアプリの作成が簡単にできる!:

« 岩手県の宮古市から田老町、山田町、大槌町、釜石市の7 月の状況 | トップページ | 信濃大町の鷹狩山からの眺望は、抜群! »