« この鳥はホトトギス、それともツツドリ? | トップページ | テレビに映したスマートフォンの画像は本当に綺麗! »

2011.05.20

有川浩の「県庁おもてなし課」を読んだ

 有川浩さんの対談を聞いていて、関西の方だなとは思っていたのだが、高知の出身だとは知らなかった。この小説は、有川さんの体験を生かしてフィクションに仕立て上げている。いつもの手法だな。高知新聞に連載したものだ。

 高知県のおもてなし課をモデルに、県庁の仕事の問題点や民間の視点を生かして高知を全県観光地にしていく流れ。

 ただ、読み始めて感じたのだが、公務員が悪、民間が善という単純な構図で、何でも公務員の仕事の感覚に問題があるんだという内容。偉そうに発言する姿があまり好ましくない。

 絶対正しい人がいて、そこについていけば問題がないのだという流れがどうも・・・。おもてなし課へのアドバイスも、あれでうまくいくのだったら、日本中がすでに元気になっているでしょう。今回はちょっと納得のいかない流れだったな。

 彼女とのやり取りは相変わらず微笑ましい。ニコッとするようなおつきあい。現代では考えられないが。青春っていいなって感じかな。

 この本での印税は全て震災の被害者へ寄付するとのこと。素晴らしいことだな。みんなができるだけのことをすることはとても大切。

 ところで、おもてなし課のホームページは更新の回数が少ないし、マップや図もないし・・・。観光政策課のページの方が充実していますね。4人しかいないのでは大変かな。龍馬ふるさと博推進課は新着情報が一月の内容だし・・・。有川さんだけでなく、全国の人になめられないようにホームページの更新は頑張ってほしいな。主力の業務も大変なのだろうけれど、やはりホームページは広告塔なのだから。

 ページの作成はCMSを使っているのだろうけれど、それに苦労している姿が目に浮かぶようだ。負けないでくださいね。

 ところで、足摺海洋館のホームページがリンクされていたが、そこが一番面白かった。


|

« この鳥はホトトギス、それともツツドリ? | トップページ | テレビに映したスマートフォンの画像は本当に綺麗! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/51718177

この記事へのトラックバック一覧です: 有川浩の「県庁おもてなし課」を読んだ:

« この鳥はホトトギス、それともツツドリ? | トップページ | テレビに映したスマートフォンの画像は本当に綺麗! »