« 大好きな世界卓球の放送が始まった! | トップページ | 初めて彩雲を見た・・・吉兆! »

2011.05.11

万城目 学の「プリンセス・トヨトミ」を読んだ

 先日、湊かなえと有川浩、そして万城目学の対談があった。そこでの万城目は二人の女性の良さを上手に引き出していた。そこで、彼の作品を読んでみることにした。

 何冊かあったが、題名が不思議だった「プリンセス・トヨトミ」を選んだ。読んでいくうちに感じてきたユーモアとゆるがない主張、しっかり伝わってきた。ただ、大阪城に集合する男たちのそれぞれの情景は少しくどいかなと思った。

 でも、会計検査院なんてところを題材にして、よく小説ができるな。私も歴史好きなので、登場人物の名前には笑ってしまった。

 本当に「大阪国」を作ったらどうなんだろうか。

|

« 大好きな世界卓球の放送が始まった! | トップページ | 初めて彩雲を見た・・・吉兆! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 彼の作品は映画を意識しているようなところがありますね。プリンセストヨトミも、赤い大阪城が目に浮かびますね。原作のある映画は基本的に小説に敵わないとは思います。別作品として構成されていれば見るに耐えるのですが。

投稿: take | 2011.05.15 19:09

こんにちは。プリンセス・トヨトミって、映画が5月28日ロードショーなんですね。
今朝知りました。

マキメさんのは、昔、鹿男あをによしのドラマを見たあとに、読みました。
鹿男、歴史が盛り込まれていてドラマも原作もむずかしかったです。
ドラマはさらに人物関係を複雑にして恋愛がらみにして描いていました。

のだめで、玉木宏のツンデレがいいと思って、鹿男を見たら冷めました(爆)
でも、原作小説は面白いかも!

投稿: Qたろの母 | 2011.05.15 12:35

そうですか!皆さん、よく面白い作家を見つけますね。もう少し作品を読んでみますね。

投稿: take | 2011.05.15 01:55

またまた趣味が合いましたね。私はあの不思議な万城目ワールドの大ファンです。
『鴨川ホルモー』もいいですよ~★
映画も面白いです。

投稿: MICKEY♪ | 2011.05.15 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/51646182

この記事へのトラックバック一覧です: 万城目 学の「プリンセス・トヨトミ」を読んだ:

« 大好きな世界卓球の放送が始まった! | トップページ | 初めて彩雲を見た・・・吉兆! »