« 通尾秀介の「カササギたちの四季」を読んだ | トップページ | 携帯電話はペースメーカーに影響を与えないことを総務省が確認 »

2011.04.16

壊れたパソコンのデータを引き出すのに便利なケーブルセットUD-303SM

 娘の古いパソコンが壊れた。そう古いわけではないが、中にあるデータを救い出したい。ヨドバシの修理センターに依頼したら、マザーボードの交換等で10万を超える金額が提示された。新しいパソコンが買える値段だ。
 
 そこで、データだけ救い出すことを考えた。昔、よくやったハードディスクケースに入れればいいと思い、買いに行った。そこで見つけたのが今回の「UD-303SM」というHDDをUSBで手持ちのパソコンにつなぐケーブルセット。一方の先端にIDE端子、もう一方にUSB端子がついている。電源アダプタもついている。

 これをつないだら簡単にデータを読み取ることができた。電源もいらない。ということで、外付けハードディスクとして、壊れたノートパソコンのHDDは復活した。おすすめです。

|

« 通尾秀介の「カササギたちの四季」を読んだ | トップページ | 携帯電話はペースメーカーに影響を与えないことを総務省が確認 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

そうですか。シリアルATA対応のものもあります。UD-500SAなどです。情報不足で申し訳ありません。私の娘のパソコンを持っていたので窓口で確認することができましたが、以下のサイトを紹介しておけばよかったなと思います。
http://groovy.ne.jp/products/hddset/index.html

投稿: take | 2011.05.15 02:08

こんにちは。

今日、壊れたパソコンを分解しました。
デスクトップパソコンの3.5インチHDDは、これでつながりました。
息子と私の壊れたノートパソコンは、シリアルATAなので、これは使えませんでした・・・
娘の壊れたノートパソコンまだあけていませんが、古いのでパラレルATAだろうから、これが使えるだろうと思います。
でも容量が小さいので、外付けHDDとしては利用価値がないかな・・・・

私のと息子のは120GBなので、シリアルATAに対応したものを買えば、外付けHDDとして利用価値があるかもしれないので、そういったケーブルを探してみることにします。

今までどれだけ、パソコンこわしてきたかと実感した一日でした。

投稿: Qたろの母 | 2011.05.10 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/51400454

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れたパソコンのデータを引き出すのに便利なケーブルセットUD-303SM:

« 通尾秀介の「カササギたちの四季」を読んだ | トップページ | 携帯電話はペースメーカーに影響を与えないことを総務省が確認 »