« 星野卓誠君出演の、中津留章仁LOVERS VOL.3『黄色い叫び』を見てきた | トップページ | Google Earth 6 で被災地を見てみると、大震災後の恐ろしさが! »

2011.04.24

伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」を読んだ

 好きな作家の一人、伊坂幸太郎。彼の初期の小説を読んでみた。この「陽気なギャングが地球を回す」は、「悪党たちが目にしみる」というサントリー大賞で最終選考に残り、そこで徹底的に叩かれた作品が原型だそうだ。見た目より打たれ強い作家なんだな。

 彼の小説は現実と非現実がさりげなく当たり前のように混じっている。この小説でも正確な体内時計をもつ女性や嘘発見器のような男が登場する。でも、いつもよりは現実に近い。銀行強盗の話だから、私たちの現実からは遠いけれど。

 エンターテイメント性の高い内容だと思う。でも、その中に人の生き方とか、作者の人を見る目が素直に表現されている。ただ、この作品はいつものような内容の緊張感はなかったかな。わりと先が見えた感じ。最後の展開も予想できた。

 大沢たかおや佐藤浩市の出演で映画にもなっている。楽しめる作品の一つではありました。


|

« 星野卓誠君出演の、中津留章仁LOVERS VOL.3『黄色い叫び』を見てきた | トップページ | Google Earth 6 で被災地を見てみると、大震災後の恐ろしさが! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/51477960

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」を読んだ:

» 血糖値を下げる [血糖値を下げる本当の話]
血糖値を下げるについて紹介しているサイトです。是非参考にして下さい。 [続きを読む]

受信: 2011.04.25 01:32

« 星野卓誠君出演の、中津留章仁LOVERS VOL.3『黄色い叫び』を見てきた | トップページ | Google Earth 6 で被災地を見てみると、大震災後の恐ろしさが! »