« 青森の、味噌カレー牛乳ラーメンとつゆ焼きそば | トップページ | またまたヒレンジャク登場! »

2011.02.25

芥川賞受賞作・朝吹真理子の「きことわ」を読んだ

 今年は芥川賞がダブル受賞、且つ受賞者が対照的な二人だったので、世間でも話題になった。文藝春秋の販売増のための一策でしょうが、私も一応読んでみました。

 永遠子は夢をみる。
 貴子は夢をみない。

で始まるこの小説。表現が本当に素晴らしい。美しく巧妙な表現で満ちている。また不思議な時間感覚の表現が多い。夢なのか、現実なのか、それもはっきりはしない。ちょっと異次元に位置する小説。

 ただ、私には少し表現や比喩が多すぎるような感じがした。また、表現の方に気を取られ、永遠子と貴子の二人が絡み合って作り出す場が、くっきりとは浮かび上がってこなかった。もう少し素直で、飾り気がない方が私は好ましい。着飾りすぎた令嬢という感じがした。

 でも、素晴らしい才能の持ち主であることは間違いない。次の作品に注目しよう。


 

|

« 青森の、味噌カレー牛乳ラーメンとつゆ焼きそば | トップページ | またまたヒレンジャク登場! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/50962156

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞受賞作・朝吹真理子の「きことわ」を読んだ:

« 青森の、味噌カレー牛乳ラーメンとつゆ焼きそば | トップページ | またまたヒレンジャク登場! »