« 有川浩のデビュー作、「塩の街」を読んだ | トップページ | 自由が丘の「島味 穴蔵 びんび屋」は美味しい! »

2011.01.15

山県の酒、出羽桜の大吟醸を飲んだ

 私が福島に行っていたとき、同僚が山形の蔵王にスキーに行っていた。私も行きたかったのだけれど、2泊はちょっと無理だったので、1泊で奥さんと旅行。

 同僚たちはスノボーとスキー組にわかれ、吹雪の蔵王の樹氷の間を滑り、楽しんだそうだ。何でも、同僚の一人は新雪の中に突っ込み、15分ぐらい抜けられなくて困ったそうだ。私も一度、子どもの頃に雪の壁に突っ込み、全身が埋まってしまったことがあるが、見た目より危険な状態なのだ。そのまま、出られなくなる人もいる。一度、地元のタクシーが雪の壁に突っ込み、ほとんど全体が埋まっていたのを見たこともある。あれはどうなったのだろう。

 彼はしばらくもがき、携帯も使って連絡しようとしたようだが、ソフトバンクの携帯が蔵王の山の中では使える訳もない。つながらなかったそうだ。結局、スノボーを外すことを思いつき、雪の中から脱出できたそうだ。ここで自ら樹氷になるのを防ぐことができたことは幸いだ。

 彼らのおみやげが出羽桜の「大吟醸」、火入れ。これが美味しいのなんの。薫りが高く、豊かな味わい。水の良さを感じる。これはいい酒だ。購入してきてくれた3人と共に感謝しつつ味わう。

 調べてみると、出羽桜は12年連続、地酒日本一に輝いている。この大吟醸は吟醸酒のブームを造り出した酒といわれる。

 出羽桜のサイトを見ると、「IWC2010(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)「SAKE部門」の「吟醸・大吟醸」部門においてGOLDメダルを受賞しておりました、「出羽桜 大吟醸酒」。今回、GOLDメダルの評価基準以上のレベルと認められ、更に上位の賞「トロフィー賞」に選出」と書いてある。

 これは美味しい料理を引き立て、楽しい会話を引き出す上級な酒だ。有名でも知らない酒がまだまだある。修行しなくては。

|

« 有川浩のデビュー作、「塩の街」を読んだ | トップページ | 自由が丘の「島味 穴蔵 びんび屋」は美味しい! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/50596831

この記事へのトラックバック一覧です: 山県の酒、出羽桜の大吟醸を飲んだ:

« 有川浩のデビュー作、「塩の街」を読んだ | トップページ | 自由が丘の「島味 穴蔵 びんび屋」は美味しい! »