« 文部科学省のサイトにFlashゲームが・・・結構面白いな。南極ワンダー、深海ワンダー、宇宙ワンダーだって! | トップページ | 12月29日の和田堀公園の野鳥・・・今日はオオタカもいた! »

2010.12.28

三浦しをんの「まほろ駅前多田便利軒」を読んだ


 少しずつ、いろいろな作家の作品を探すようにしている。いつも同じではそのうち終わってしまう。今回は三浦しをんの「まほろ駅前多田便利軒」を読んでみた。

 殺人事件があるわけではないし、大げさな展開があるわけではないが、落ち着いた流れの中に、ゆるやかで穏やかな人とのつながりが描かれる。ミステリーではないが、読み進めるうちに主人公やその仲間の人生が見えてくる。

 直木賞受賞作品ということだが、それほど大上段にかまえているような作品ではない。普通に読める。これは映画にしやすいのではないかと思うほど、ひとり一人の性格が見事に作り上げられている。

 「まほろ市」とは「町田市」と読み替えることもできるのだが、架空の舞台。そこで便利屋に持ち込まれる様々な仕事をこなしていく話。仲間の”行天”と一緒に、時にやる気なく、時に大活躍。何でそんな感じで便利屋をやっているのかが次第に解き明かされていく。短編集が長編を形作っている。

 これもお勧めの本ですね。
 三浦しをんさんのブログ
まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

|

« 文部科学省のサイトにFlashゲームが・・・結構面白いな。南極ワンダー、深海ワンダー、宇宙ワンダーだって! | トップページ | 12月29日の和田堀公園の野鳥・・・今日はオオタカもいた! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/50422279

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦しをんの「まほろ駅前多田便利軒」を読んだ:

« 文部科学省のサイトにFlashゲームが・・・結構面白いな。南極ワンダー、深海ワンダー、宇宙ワンダーだって! | トップページ | 12月29日の和田堀公園の野鳥・・・今日はオオタカもいた! »