« 東芝の液晶テレビ、LED REGZA Z1 42インチ」を購入した | トップページ | 12月5日の和田堀公園の野鳥 »

2010.12.05

道尾 秀介の「片目の猿」を読んだ

 道尾秀介は私の好きな作家のひとり。「向日葵の咲かない夏」、「シャドウ」、「ソロモンの犬」、「ラットマン」、のどれをとっても面白かった。今回の「片目の猿」もいかにも道尾秀介らしい作品。そんなにどぎつい表現もなく、ストーリーと意外な展開に興味を引かれ読み続けることができる。最後の展開はいつものように書かれていたことを信じているとビックリする。彼の言いたいこともストレートに伝わってくる。

 弱いものたちや障害を持った人たちへの温かい目、というより差別する側への怒りの様なものさえ感じる。「眼に見えているものだけを重要視する人」たちとは違う立場に自らを置こうとする。簡単ではないが、いつでも皮膚という表面を覆い隠すものの中にある実態を見ていきたいのだろう。

 美とか醜とかは本質ではない。偶々のもの。時間的な流れでいうといつでも遷ろいゆくもの。そこに人の価値を見いだすなんて。彼の言いたいことは良く伝わった。とても素直に、ストレートにメッセージは伝わった。

片眼の猿 One‐eyed monkeys

|

« 東芝の液晶テレビ、LED REGZA Z1 42インチ」を購入した | トップページ | 12月5日の和田堀公園の野鳥 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/50214343

この記事へのトラックバック一覧です: 道尾 秀介の「片目の猿」を読んだ:

« 東芝の液晶テレビ、LED REGZA Z1 42インチ」を購入した | トップページ | 12月5日の和田堀公園の野鳥 »