« スマートテレビって? | トップページ | 今朝の和田堀公園には、コサギ、アオサギ、ゴイサギ、ホシゴイ、キビタキ、カワセミ、カルガモ・・・そしてマガモ×カルガモの雑種? »

2010.10.15

湊かなえの「夜行観覧車」を読んだ

 湊かなえが「告白」の次に書いた「夜行観覧車」。告白に比べれば、穏やかな小説。起きた事件も、推理する部分はあまりなく、自然に進行する。それぞれの家族の状況が、登場人物の視点を変えながら淡々と描かれている。
 この小説は家族とは何かをテーマにして書いていると思う。家族の再生への可能性が見えた感じ。暗いストーリーに何だか夜明けの明かりが差し込んできた様な状態。

 このような体験は自分の成長期、子どもたちの成長期も感じたことはない。子育てはとても楽しかった。でも、この小説に書いてある様子は今の時代を映し出しているのだろうか。現実的なんだろうか。
夜行観覧車

|

« スマートテレビって? | トップページ | 今朝の和田堀公園には、コサギ、アオサギ、ゴイサギ、ホシゴイ、キビタキ、カワセミ、カルガモ・・・そしてマガモ×カルガモの雑種? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/49753013

この記事へのトラックバック一覧です: 湊かなえの「夜行観覧車」を読んだ:

« スマートテレビって? | トップページ | 今朝の和田堀公園には、コサギ、アオサギ、ゴイサギ、ホシゴイ、キビタキ、カワセミ、カルガモ・・・そしてマガモ×カルガモの雑種? »