« 10月5日発表された、GALAXY SとGALAXY Tabって、結構凄い! | トップページ | ザック日本、アルゼンチンに勝利! »

2010.10.07

伊坂幸太郎の「フィッシュストーリー」を読んだ

 不思議な作家、伊坂幸太郎の2007年の短編集、「フィッシュストーリー」を読んだ。結構、傑作ぞろい。

 「動物園のエンジン」、「サクリファイス」、「フィッシュストーリー」、「ポテチ」の4作だ。これがどれも面白い。

 殺人事件があるわけではないし、派手なアクションがあるわけでもない。でも、どれもが心にしみ入るような優しさに満ちている。

 サクリファイスは寂れた村の生贄の話だが、それを鮮やかな視点で小説に仕立てている。

 また、フィッシュストーリーでは、時代や主人公を超えて物語が展開する。売れなかったロックバンドの話をよく小説に仕立て上げている。
 
 最後のポテチでは、落ちぶれた野球スターを軸にした夢物語。どれもが複雑に他の物語と絡み合いながら、主人公が構成されている。何でもないことを、面白く小説に仕立て上げる天才的な能力を伊坂はもっている。

 ところで、ポテチは10月14日から東京・青山円形劇場で上演される。演劇として一足先に上演される。
脚本・演出:蓬莱竜太
キャスト:
星野真里
加藤晴彦
山本亨
伊藤毅
梨澤慧以子
岡本麗

前売り券が6000円。
 この本、お勧めですよ。
フィッシュストーリー (新潮文庫)

|

« 10月5日発表された、GALAXY SとGALAXY Tabって、結構凄い! | トップページ | ザック日本、アルゼンチンに勝利! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

伊坂幸太郎、大好きです。
母娘ともに///♬♩♩

投稿: mickey♬ | 2010.10.12 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/49678180

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎の「フィッシュストーリー」を読んだ:

« 10月5日発表された、GALAXY SとGALAXY Tabって、結構凄い! | トップページ | ザック日本、アルゼンチンに勝利! »