« アルビノのチョウゲンボウはどこに? | トップページ | AppleがiPhone用の独自SIMカードを開発しているとの噂が! »

2010.10.27

カシオのGPSカメラ、「EX-H20G」は凄い

 カシオから発売されるGPSカメラ、「EX-H20G」はただのGPSカメラではない。

 『GPSと、モーションセンサーによる自律測位を組み合わせた「ハイブリッドGPS」を搭載』しているのだ。基本的に『緯度・経度・方位・地名情報』が自動的に記録される。

 さらに凄いのは、GPSが届かない場所でも位置情報を取得することだ。ズレは、屋外に出てから補正される。まあ、実際に使ってみないとわからないが、この機能は便利だ。今までは屋内の写真では位置情報を書き込めなかったのが、多少のズレはあるとしても、書き込まれていくのだから。

また、『世界約140都市と日本11都市の詳細地図を含む全世界の地図データ』を内蔵しているので、それを画面上に表示することが可能だ。旅行先で地図帳代わりに使える。

 何と『約100万件の地名データベースを内蔵し、撮影場所の地名情報を画面に表示可能』なのだ。また、電源をOFFにしたときの行程を軌跡として記録することも可能だそうだ。10分に1回、位置を測位するそうだ。必要な機能を徹底的に考えてある。

 地名スタンプ機能は画像に地名やランドマーク名を、必要に応じて焼き込むこともできるとのこと。
 『世界162都市(32タイムゾーン)、都市名、日付・時刻、サマータイム、自動時刻修正(GPS情報による補正)』ができるのも嬉しい機能だ。

 旅行用、また資料記録用として、手放せない機能をもっている。試してみたいカメラだ。

 また、カメラとしての基本機能は通常の基本を押さえてある。
・1410万画素。
・光学10倍ズーム。F3.2からF5.7。24mm~240mm相当。
・バッテリーの持ちも良く、約600枚の撮影が可能。
・ISO感度も3200まである。
・ディスプレーは3インチ、46万画素。
・重さは216g。
・動画もHD:1280x720(30fps)まで撮影できる。
・手ぶれ補正、HDMI出力もついている。

 さて、このカメラ、現在もっているサブカメラ、パナソニックの水中デジカメの後継機として購入しようかな。
11月26日に発売。値段は約4万円。この頃の定番の値段だ。使ってみたい機種だ。

CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-H20G ブラック EX-H20GBK

|

« アルビノのチョウゲンボウはどこに? | トップページ | AppleがiPhone用の独自SIMカードを開発しているとの噂が! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/49857512

この記事へのトラックバック一覧です: カシオのGPSカメラ、「EX-H20G」は凄い:

« アルビノのチョウゲンボウはどこに? | トップページ | AppleがiPhone用の独自SIMカードを開発しているとの噂が! »