« 寿司屋「なんば」、荻窪では、ここがお勧め! | トップページ | 「遠回りする雛」 »

2010.09.18

SONYのデジタル一眼、「α55」って、どうなのかな?

 NEX-5と同様に、デジタル一眼(レフ板なし)の「α55」が売れているようだ。どこがその評判の理由なのだろうか。

 この機種の最大の特徴は、レフ板を使わず、透過ミラー、「Translucent Mirror Technology(トランスルーセントミラー・テクノロジー) 」を使い、撮像素子とオートフォーカスセンサーに分光させる仕組みだろう。そして、光学ファインダーを使わず、115万画素、視野率100%のEVFで、見ることになる。

 また、動画撮影中や連写中にオートフォーカスが効き続ける。ただし、連写時にはEVFの画面は変わらないそうだ。まあ、連写時にそこまで見える目を持っている人がいるかどうか。特にそれで問題があるとは思えない。

 また、フルハイビジョン動画撮影機能「クイックAFフルHDムービー」で、1920x1080の動画を撮影することができる。これが売りの一つだが、NEXと同様、熱に弱い。特に手ぶれ補正を効かせた場合、数分で撮影を停止しなければならないようだ。SONYによれば、それが仕様だとのこと。有効約1620万画素“Exmor”APS HD CMOSセンサーをつんでいるので、どうしても熱を持ってしまうようだ。

 画質は、高感度ではノイズリダクションの影響でディテールに影響が出るとのことだが、通常の撮影画像では、かなりクッキリ撮影できていると思う。

 操作性や使い勝手も評判がいい。何より、BCNランキングでは9月2週目で10位に入ってきている。値段は7万円台で売られているので、値頃感も強い。

 キヤノンのEOS KissやNIKONのD90、D5000、そして、SONY自身のNEX-5との勝負になっているようだ。このクラスではやはり注目の機種といえよう。シングルズームキットは特にお安いと思います。

 まだ、

|

« 寿司屋「なんば」、荻窪では、ここがお勧め! | トップページ | 「遠回りする雛」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/49487673

この記事へのトラックバック一覧です: SONYのデジタル一眼、「α55」って、どうなのかな?:

« 寿司屋「なんば」、荻窪では、ここがお勧め! | トップページ | 「遠回りする雛」 »