« 今、使えそうな広角系レンズは・・・ | トップページ | キヤノンの広角、EF-S10-22mm F3.5-4.5 USMを購入 »

2010.07.26

今、旅行中の水やり装置は・・・?

 旅行に出かけるので、植物の水やり装置を調べてみた。

 一番安くて簡単なのが、ペットボトルの先にノズルをつける形。「灌太くん」とか「おまかせ君」とかいろいろありますよね。

 最近出てきたのが、毛細管現象を利用したもの。先端に素焼きのノズル部分があり、そこにホースが接続されたもの。素焼きの部分からじわりと水がしみ出ていく。植物の乾き具合によって、水の出方が変わる。これはなかなかのアイディア。
 観葉植物で早速試してみた。ものすごい勢いで吸ったのにはビックリ。たった一日で2リットルのペットボトルが空になってしまった。まあ、40度近い暑さのベランダだから、仕方が無いのかもしれない。

 同じようなアイディアに、水やりストローとか水やりテープというのがある。これは値段が安い。仕組みも簡単なので、消耗品として気軽に使えそうだ。

 全く発想が違うのがミクロの粒が土壌の粒の間に潜り込み、保水するというものだ。これは土壌改良材としても使える。ジェル状のものと違い、根腐れを防ぐことができるとのこと。

 ソークホースという給水用ホースはホース自体から水がにじみ出るというもの。なかなか、皆さん考えますね。7.5mの布状のホースなので、広い範囲の水やりに向いている。

 もっと高いものだと、マイコン付自動給水装置もある。1万円程度までの値段で色々売られている。まあ、これは今回は購入しませんが、それなりに便利そう。

 さて、私が今回、実際にやった方法は・・・。車で奥さんの実家に植物を運び、そこで旅行中、面倒をみてもらうことにしました。動かせない大きなものは「水やり当番」と近くに住んでいる息子にお願いすることに。旅行も大変です! 


|

« 今、使えそうな広角系レンズは・・・ | トップページ | キヤノンの広角、EF-S10-22mm F3.5-4.5 USMを購入 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/48981250

この記事へのトラックバック一覧です: 今、旅行中の水やり装置は・・・?:

« 今、使えそうな広角系レンズは・・・ | トップページ | キヤノンの広角、EF-S10-22mm F3.5-4.5 USMを購入 »