« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の記事

2010.06.28

相撲は所詮、「興行」で「国技」とは思いこみ!

 以前、高校野球を特別視する見方に違和感をもっていた。なぜなら、野球部の実態を知っているから。私の学校でも行儀が悪く、決して教育の成果が現れているとは思えないメンバーだった。悪い奴らではない。でも、よく、「爽やかな」とか、「礼儀正しい」とか言われているような特別な連中ではなかった。私たちにとっては普通の高校生だった。

 それと同様に、今回の相撲の大騒ぎも、神聖化している方がおかしいと思う。神聖化する方に都合があるのだろう。それに乗っかって仕事をしている連中が大相撲を特別の存在にしておきたいのだ。自分をそこに重ねて、私も尊重しろと声高に言っているような感じさえする。

 朝青龍のこともそうだ。今回の賭博のこともそうだ。彼らが特殊な世界だから賭博が入り込んできたのではない。お金のある普通の世界に賭博のようなものが蔓延しているのだ。だから相撲界の問題なのではない。私たちの問題なのだ。彼らを声高に非難する人たちはよく恥ずかしくないな。日本の悪い癖。みんなで一斉に流れにのっかって非難する。いかにも正義面して。

 決して賭博は良いことではない。私はどちらかというと嫌いな方だ。でも、競馬、競輪、競艇、サッカーくじ、宝くじなどが合法化されているから良くて、非合法の野球賭博はいけないのって、ただの大人の都合ではありませんか。

 所詮、相撲は「興行」。芸能と近いものがある。だからファン商売とも言われる。そこに様々な人たちが入り込む。構造的な問題ではないのか。

 多くの人が「国技」と決める根拠は何もないと指摘している。法的には定める根拠はない。また、相撲協会自身も『「国技館」で開かれるから「国技」と思われているだけで、国技ではない』と言っているとのこと。

 また、神話に出てくる相撲のようなものは、今の格闘技の様なものだったみたいで、蹴りや殴り合いなどの技が中心でトドメをさして絶命するまで戦うものだったようだ。相撲ではないですよね。

 誰が何のために神話と結びつけて立場を高めるようなことをする必要があったのだろうか。今回の事件を機に、普通のスポーツに引き下ろしてあげればいいのに・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.27

元後藤組組長の「憚りながら」を読んだ

 元暴力団山口組傘下の静岡富士宮市を本拠地とした武闘派として知られた後藤組組長、後藤忠政氏の「憚りながら」を読んだ。彼は現在、得度し「忠叡」という名前で僧侶として過ごしているという。その彼が自分の半生を振り返りながら、日本の裏面史を語っている。

 当然、彼の眼から見た一つの解釈なので、それがいわゆる事実とは異なることなのかもしれないが、全体として裏表無く正直に語られていると感じた。

 日本の政治家が、ヤクザとどの様な形で結びついているのか、また企業がどの様なことでヤクザを使ってきたのかも、僅かだが垣間見える内容になっている。

 特に面白いのが政治家への批評。自民党も民主党も滅多切り。アメリカ大統領のブッシュもチンピラ扱い。小泉元首相や麻生さんも子ども扱い。小沢元幹事長に対しても、その奢った振る舞いを非難している。

 経団連も創価学会もなで切り。創価学会の裏の話もかなり詳しくのっている。経済ヤクザともいわれた後藤組だが、現在は解散しているとのこと。ただ、普通の会社の形態に変化して日本の中に根付いていそうだ。

 この本で感じたのは、彼は自分の世界の中で、納得のできることを突き詰めてやってきたのだろうということ。それも命を張って後ろに下がらず。ヤクザの世界の中でも別物の気迫を持っていたのだろう。
 
 子どもの頃、もう少し違う世界に触れることができたら、別の道も開けたのかもしれないが、今の彼はそんなことは望んでもいないだろう。自分の人生に後悔はしていないはずだ。どの道でも、それなりに徹底したところには人を動かすものがある。彼のやってきたことに賛成などはできないが、この強情張りには感心する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.24

冲方 丁の「天地明察」は本当に面白かった!

 先日読んだ、『ゼロ年代SF傑作選』にのっていた『マルドゥック・スクランブル』で有名なSF作家(だと思っていた)沖方丁(うぶかたとう)は33歳の若き作家。

 彼の最新作がこの「天地明察」!

 この人は普通ではない。内容的にも、文章的にも、この若さでよく書き込んだものだ。日本独自の暦を作り上げ、それを世間に認めさせるまでの話。それに和算で有名な関孝和なども絡ませながら、囲碁の安井家の碁打ちが暦をつくりあげていくまでの半生を描いている。

 どちらかというと理科系の人が小説を書いている感じかな。でも、渋川春海という人が、とても良く描かれている。夢中になって読んでしまった。本当にお勧めの本。今年の吉川英治文学新人賞、本屋大賞1位の作品。
 最後は少し急いだ感じがするが、前半がとても丁寧に書かれている。

 このような生き方ができたら良かったのだが。今からでも・・・遅いか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.20

2010年 防水デジカメ、第二弾!

 さらにいくつかの機種が出ているので、2010年防水デジカメの第二弾を調べてみた。結構、安いけれど、それなりに使えそう。

1,キヤノン「PowerShot D10」
 ・当然、防水、防塵。
 ・1270万画素、光学3倍、35mm-105mm
 ・動画はMOVファイル、(画像: H264、音声: リニアPCM)
 ・屋外でも見やすい液晶と大型ボタン
 ・重さは212g。
 ・35000円程度。
  他機種に比べて大きいが、手袋をはめていても操作しやすそう。実際に使いやすい機種だと思う。

2,カシオ「EX-G1」
 ・1210万画素、光学3倍、38mm~114mm。
 ・動画は848×480でAVI(MotionJPEG)。これは他と比べて少し古いかな。
 ・耐衝撃・防水・薄型化
 ・Gショック仕様のデジカメ。
 ・重さは154g。
 ・値段は26000円程度。

3,富士フイルム「FinePix XP10」
 ・FinePix Z33WPの進化バージョン。最も安い防水、防塵、耐衝撃、耐低温デジカメ。水深3m。
 ・1220万画素、光学5倍、36mm~180mm。
 ・動画は1280x720でAVI(MotionJPEG)。
 ・重さは135g。
 ・値段は16000円程度。圧倒的に安い。その割にユーザーの方の文句が少ない。

4,ソニー「DSC-TX5」
 ・防水・防塵・耐衝撃・耐低温は基本。
 ・1020万画素、光学4倍、25mm~100mm。
 ・動画は1280x720でMP4 (MPEG-4)。
 ・裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”で高感度。これは結構プラス。
 ・画質や操作性、機能において、ユーザーの評価が高い。
 ・SDカードが使える。これってソニーとしては頑張ったと思う。
 ・重さは128g。薄くて軽い。ホールド感は落ちるが。
 ・値段は22000円前後から。
 
 安いデジカメの中では、このソニーの機種が突出している。値段の安いのだったら、この機種でしょうね。でも、タフネスが好きな人やより安いのを好む人もいるでしょう。FinePix Z33WPだったら13000円程度からあります。防水も安くなりましたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年の防水デジカメ、「Xacti DMX-CA100」、「DMC-FT2」、「Optio W90」、「μTOUGH-8010」って、どうなのかな?

 2010年の夏、防水デジカメは、どんな進化を遂げているのだろう。私はDMC-FT1のユーザーなので、新しく買うつもりはないが、友人が夏に海外にもっていくカメラを検討しているので、調べてみた。

1,「Xacti DMX-CA100」
 ・フルハイビジョン動画と防水デジカメのコラボ。ピストル型のホールド感もいい。水深3m。
 ・1430万画素で光学5倍、38mm~190mm。
 ・動画は「MPEG-4 AVC/H.264」形式。
 ・動画のダブルレンジズームWモード時には f=40~240mm。
 ・動画のダブルレンジズーム Tモード時には f=80~480mmになるそうだ。
 ・重さも242gしかなく、小さく、携帯しやすい。
 ・値段は価格.comで33000円程度。ヨドバシで4万円程度。

2,「DMC-FT2」
 ・防水、防塵、耐低温、耐衝撃が売り。水深10m。
 ・1410万画素、光学4.6倍、28mm~128mm。
 ・1280×720ドットの「AVCHD Lite」形式のハイビジョン動画撮影機能。水中で撮影したとき、とても綺麗でした。
 ・高速起動とスピードフォーカス。結構、これって気持ちよく使える大切なポイントだと思います。
 ・超高解像度モードもある。
 ・重さは188g。デジカメとしては標準かな。
 ・値段は価格.comで3万程度から。

3,「Optio W90」
 ・これも防水、防塵、耐衝撃のモデル。1210万画素で光学5倍、28mm~140mm。水深6m。
 ・動画は1280x720で、AVI(MotionJPEG)。
 ・接写用の3個のLEDライトをもっていることが特徴。「デジタル顕微鏡モード」が面白い。
 ・重さは144g。軽いな。
 ・値段は27500円前後。
 ・この機種は口コミでも評判がいい。実際に使った人たちの満足度が高いことは大切。

4,「μTOUGH-8010」
 ・防水、防塵は他機種と同じ。水深10mが特徴。
 ・1400万画素、光学5倍、28mm~140mm。
 ・3cmの接写もある。
 ・動画は「MPEG-4 AVC/H.264」。
 ・重さは215g。他機種と比べて重い。
 ・値段は28000円程度。
 ・この機種は口コミでの評判が悪い。起動が遅いとか、白とびするとかいろいろ書かれている。開発者は一生懸命作ったのに気の毒だとは思うが、やはりユーザーの評価は気になる。
 
 このように比較してみると、それぞれの特徴が見えてくる。自分の使い道によって選択すれば良いと思うが、私は「Optio W90」のデジタル顕微鏡モードを使ってみたいと思う。どの程度のものが撮れるのかな。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010.06.19

ソニーの柔らか有機ELディスプレイは紙の変わりになるのか!

 iPadやパソコンで使われている液晶。あれも日本人が製品として進化させたものだが、今回の有機ELディスプレイも日本の技術は先行している。今回のソニーの有機ELディスプレイは画像を写したまま巻き上げることができる。また動画も再生できるとのこと。実際の画面はソニーのサイトに出ている。

 この画面をみると、細かい線が画面に走っている。画質もまだ荒い感じだ。ただ、確かに巻き上げることができるようになったことは大変な工夫であり、進歩であると思う。

 2009年には同様な技術を使った商品のアイディアが発表されている。一つはキーボード一体型極薄パソコン。当然、電子書籍端末。それにWalkman。

 今回の発表では、このときより更にディスプレイが柔軟になっている。ソニーらしいアイディアを活かした製品としてまとめ上げる日を楽しみにしていよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone4の予約は中止・・・それほどの人気なのか!

 iPadに続き、iPhone4が6月24日に発売される。だが、予約は中止。店頭売りもあるとのことで、ファンの購入意欲を煽っている。予約を絞ることにより、さらに人気を高めていく。さすが、アップル、さすが孫社長!
 今回は値段も安く、2万円程度からといわれている。その新性能を確認してみた。

・マルチタスク
 今までと違って、マルチタスクになり、複数のアプリを即時切り替えることができる。これは結構大きなポイントだと思う。いちいち、ソフトを切らなければ次の事ができないのでは使いにくい。ようやく数少ない欠点がカバーされたという感じだ。
 これにより、バックグランドで位置情報が動作していたり、メールとブラウザが即、連携したり、使い勝手がかなり変わる。

・動作速度の高速度化
 OS4になり、かなり動作速度が高速化したようだ。実際に触った人はその速度を賞賛している。ただ、マルチタスクでの動作速度については、今後の報告で確認しなければならない。

・液晶の高画質化
 液晶は960×640の3.5インチで、以前の4倍の設定になっている。小さい文字も正確に表示されているようだ。まあ、老眼の人にとってはどちらにしても小さい画面ではつらいが。

・HD動画への対応とiMovie
 iMovieはマックの動画編集ソフトの定番。それがiPhoneに登場。これで動画編集ができ、投稿もできる。文字なども入れることができる。これって、ますますパソコンが使われなくなる方向。

・ビデオ通話、FaceTimeの搭載
 WiFi環境の下ではビデオ通話ができる。二つのカメラを搭載しているが、前側のカメラで撮影しながら通話ができる。電話からすぐにこのビデオ通話に切り替えることができるとのこと。ただ、この機能は思ったより使わない。あまり必要性はないとは思うが、基本機能としてあってもいい。

・LEDフラッシュがついた5メガのカメラ
 今までなかったフラッシュがつき、さらに5メガにアップしたカメラ機能。これは基本機能として大切だと思う。

 さて、私としては今までiPhoneにもiPadにも手をつけないできた。それは、あまりにもアップルやソフトバンクへの誘導とおもわれるようなやり方に、反骨精神旺盛な私の性格が「ノー」と言い続けてきたからだ。ただ、パソコンからスマートフォンへの移行が進み、また常にパソコンを持ち歩けるような状況に近づいてきたことにはとても魅力を感じる。
 DoCoMoとWiMaxの併用をしてきたが、組み合わせを変更することも検討する時期にきたのかもしれない。さて、どうするかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.13

「はやぶさ」、大気圏突入!USTREAMで中継!録画も見られる!

 小惑星、イトカワへの大旅行を終えた「はやぶさ」が最後の仕事であるカプセルの分離を終え、大気圏に突入し、燃え尽きた。その様子が和歌山大学のメンバーにより、USTREAMで中継された。

 3万人以上の参加者がライブでその様子を見つめていた。私はライブではよくわからなかったが、録画の方で見ることができた。雲に燃えて輝く光が映えて美しかった。一瞬の事だったが、中継スタッフの興奮も伝わってきてとても感動した。見逃した方は、USTREAMの録画をぜひご覧下さい!

 宇宙航空開発機構(JAXA)のサイトに詳しい内容がのっています。

 写真で見るときは以下のサイト。
 asahi.com
 YOMIURI ON LINE
 毎日jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今井本店の「白レバー」をつまみに飲んだ「醸し人九平次」は美味しかった!

 四谷の今井本店で「白レバー」をつまみに、日本酒の銘酒、「醸し人九平次」を飲んだ。濃厚なレバーの味と、すっきりした醸し人九平次のハーモニーは最高。この店は、比内地鶏の美味しい焼き鳥が主力。それにセンスの良い日本酒と料理。一つ一つが美味しい。山口の旭酒造の獺祭と並んで美味しいと思う醸し人九平次が飲めて嬉しかった。

 いろいろな口コミを見ると、値段が高いと指摘する声もあるが、美味しいと評価する意見も多い。私たちは4人で飲んだが、そこまで高くはない。ビールも半額。ハイボールも飲んでみたが、安い店とは違い、シーバスリーガルの味がしっかり残っている美味しいものだった。

 少し前の書き込みを読むと、メニューに値段が書いていないとのことだったが、私たちが行ったときはそんなことはなかった。まあ、焼鳥屋としては、かなり高級だが、通常の和食店と考えれば特に問題は無いでしょう。また行きたくなるお店でした。


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.12

ツバメが田んぼに来ている!

 ツバメの飛んでいる姿は本当に美しい。滑空するスピードも高速!旋回も素早い!それをカメラで撮影するのも難しい。
 職場にある田んぼにきて、周辺でウロウロしている様子を狙ってみた。しかし、そこはツバメ!撮影した中で残ったのはごく僅かなカット。まあ、見られるかなというのが数枚あるかないか。また挑戦してみよう。
PhotoPhoto_2Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーのマイクロフォーサーズデジカメ、「NEX-5K」は注目の機種!

 ソニーから出たマイクロフォーサーズデジカメ、NEX-5Kは注目の小型機!ほとんどコンパクトデジカメの感じなのだが、ミラーレス型では最大のAPS-CサイズのCMOSを搭載。
 画素数:1460万画素(総画素)
 撮像素子:APS-C/23.4mm×15.6mm/CMOS
 連写撮影:7コマ/秒
 重量:229g

 ただ、動画に関してはユーザーの評価が厳しい。秒30コマというのがやはり動画の美しさを引き出せていないようだ。せっかくフルハイビジョンの「1920×1080ドット」だというのに!
 しかし、やはりこの機種はデジカメなのだろう。満足のいく動画をこれで撮ろうというのがおかしい。カメラとしての性能を評価してあげなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に難しい卓球ゲーム!

 テレビ東京の世界卓球公式サイトにある卓球ゲームは、大変難しい。何度か挑戦するけれど、点を取ることはできない。卓球好きの私でも、ちょっとこれは無理!卓球の良さはない。ゲームって、これだから・・・!
 まあ、違う遊びだと考えれば我慢はするが、でも納得がいかない。カットはできないし、ドライブも打てない。バックも!本当の卓球の方がどれだけ面白いことか!点の取れない男の泣き言でした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.06

竹内薫さんの「99.9%は仮説」を読んだ

 2006年に出版された竹内薫さんの「99.9%は仮説」を読んだ。とてもわかりやすく書いてあり、広範囲な事例を挙げながら、「本当」と思いこんでいることのほとんどが仮説に過ぎないことを指摘している。私たちが「真実」とか「本当はどうなの?」などといって、簡単に悩むのを止めてしまう傾向を戒めている。

 私もブログで以前紹介したように、飛行機が飛ぶってかなり難しい問題みたいだが、そこから彼もこの本に入っていく。「真実」なんて、移り変わっていくもの。固定的な真実なんて存在しない。常に相対的な視点が必要なことも指摘している。

 わかったなんて、簡単に思ってはいけないし、これでいいと思ってもいけない。常に常識を疑うところから始めなければならない。それは、政治でも科学でも変わりはない。

 カール・ポパーという人の科学の定義は参考になった。「科学は、常に反証できるものである。」疑似科学や宗教は反証できないものということも理解できた。

 我々教員が気をつけることは、子どもたちに思考停止の状態で「真実」を覚え込ませようとすることなのではないか。覚えればそれでいいなんて、楽なものだ。悩んだり、観察したり、実験したりすることは、全てが仮説だからやる必要がある。子どもたちにとっても、そのような視点がなければ、学び甲斐がないではないか。

 学校はまだまだ、変わらなければならない。教員も学び続けなければならない。しかし、それは覚えることではないのだ。だから10年研修という現在行われている研修制度は役に立たない。大学で10年に一度の講座を受ければ教員としての力量が高まるという考え方こそ、崩壊している。学ぶのは毎日であり、毎時間なのだ。大学に行けば学びだという思いこむこの思慮の無さ。

 この本は、読みやすいし、わかりやすい。さすが小説家(湯川薫)でもあるだけあって、文がこなれている。科学というものに対する姿勢を、わかりやすく提案している。面白い本でした。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.05

ドログバ、骨折!

 今日の日本代表との試合で、コートジボアールのエース、ドログバが右腕を骨折した。闘莉王が飛び膝蹴りのような高い位置で突っ込み、倒れたドログバはそのまま退場した。本当に気の毒。彼はチームメートに「ワールドカップは終わった」といったそうだ。

 サッカーは怪我がつきものだが、W杯直前に骨折はあまりにも気の毒。イングランド・プレミアリーグのチェルシーで今季29ゴールで得点王という英雄を失ったコートジボアールは予選を勝ち抜くのが難しくなった。

 できれば、みんな怪我をすることなく、試合にのぞんで欲しいものだ。

 今日の日本代表も、良いところが見えずに敗退した。この試合は双方にとって、実りのない最終戦になった。どんな戦法で相手の良さを消すのか、自分たちの良さを表現するのか、こうやったら勝てるのではないのかという提案が感じられない。行き当たりばったりに試合をしているように見える。

 結局、相手のことはわからないから、とにかく動き回れ、ということなのだろうか。走れる体力があるうちは何とか試合らしくなるけれど、疲れるともう手はない。負けても勝っても、方針を立てて戦えばいいと思うのだが。まあ、素人の戯言にすぎないのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.01

中国でiPadにそっくりの「漢王」製造の「タッチパッド」が発売!

 何でもまねをするのが上手な中国。真似をしすぎると、かえって外国の信頼を失う。電気製品、車、本、、ゲームも。今回の製品はどうなのだろう。

 iPadそっくりの端末、「タッチパッド」が発売された。これは形態としてはそっくりだが、内容はかなり違う。
主な性能だ。共同通信によると以下の性能となっている。

 モデル:        BC10C
 カバー金属:      アルミ合金・カーボンファイバー
 CPUプラットフォーム: CULV
 CPUタイプ:      743
 メモリー:      2GB
 HDD:         2・5インチ。250GB/320GB
 スクリーン:     10・1インチ極薄バックライトLED
 解像度:       1024x600dpi
 無線通信機器:    WIFI1802、ブルートゥース
 ビデオポート:    MiniHDMI > VGA MiniHDMI > HDMI
 カードリーダー:   SD/MD/MSDカードの読み込み可能。
 スクリーンタイプ:  キャパシタンス
 USB:         USB2.0(2つ)
 音声入出力: マイク、イヤーフォンとマイク、スピーカー
 アダプター: 入力100=240 50/60Hz、出力 19V=3.42A、DC head:bend
 バッテリーと容量: リチウムポリマー高エネルギー電池、4800mAh
 カメラ: 130メガピクセル

これって、パソコンそのものですね。
キーボードはないけれど。
さて、7万近くする値段はネックになりそう。
またそのままでは、アプリがつくれないだろうな。
でも購入したくなるかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »