« デジタル教科書の課題と利点 | トップページ | 今日の朝日新聞のグローブ第39号は「電子ブックは紙を超えるか」がテーマだが、教育への影響は? »

2010.05.02

劇団K助Presentsの「オムニー」はとても面白かった!

 劇団K助Presents
タイトル 「オムニー」
脚本・演出/金沢知樹

 4月30日から2日までの3日間、オムニバス形式で「オムニー」というタイトルの芝居が野方区民ホールで行われた。全部で7つの物語が展開され、それぞれ別のメンバーが演技する。

 全てが面白いわけではないが、どれも工夫されていて、短い時間で効果的に演技している。今回は第四話に出演している星野卓誠くんの紹介で見に行ったのだが、彼も30歳を超え、演技が非常に上手になっていた。がっしりした体格と聞きやすい声、動作も決まっている。久しぶりだったので、その変化にビックリしてしまった。

 多くの物語が笑いとペーソスに満ちていて、芝居の楽しさがよく伝わってきた。楽しい公演だった。このくらいの感じがいいな。日常の忙しさの中に、ふと一息つける微妙なズレを活かした楽しい芝居。それもとても大切。

 今回の公演は明日までだが、第二弾のオムニーが行われることになったようだ。2010年8月31日(水)~9月5日(日)だそうだ。場所は同じ、野方区民ホール。今回見逃した方はぜひご覧下さい。

|

« デジタル教科書の課題と利点 | トップページ | 今日の朝日新聞のグローブ第39号は「電子ブックは紙を超えるか」がテーマだが、教育への影響は? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/48237683

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団K助Presentsの「オムニー」はとても面白かった!:

« デジタル教科書の課題と利点 | トップページ | 今日の朝日新聞のグローブ第39号は「電子ブックは紙を超えるか」がテーマだが、教育への影響は? »