« 野中広務と辛淑玉の「差別と日本人」を読んだ | トップページ | 桜の名所、恩田川と和田堀公園に行ってきた »

2010.04.03

SIMカードのロック解除で今後どうなるのだろう?

 SIMカードのロックにより、携帯電話は契約した携帯会社にしか接続できないようになっている。それぞれの携帯会社を守る構造になっている。ただ、それにより日本の携帯電話は海外ではそのままでは使えない。また、海外の携帯端末もそのままでは使えない形になっている。

 今回のSIMカードロックの解除が実現すれば、電話機はそのままでキャリアを自由に変えられることになる。そのことにより、サービスと料金の競争を促進し、日本の通信業界が世界に出て戦える体質にすることを総務省は目指しているのだろう。 
 
 国によって守られた携帯会社は、囲われた環境では優位に立てるが、世界に出るとその力は失われる。今回のSIMロック解除への動きは、世界が日本に入ってくることにもなる。それによって日本のメーカーも、そしてキャリアも鍛えられる。

 ただ、通信は国の根幹を握るインフラなので、キャリアの状況やメーカーの状況によっては、また国の介入が行われるのではないか。今回のSIMロックの解除は総務省の提案で、法律の改正などをするわけではない。日本ってまだまだ官僚の力が強大な国なんだなと、改めて思った。

 ところで、iPhoneのSIMフリー端末が香港で購入できる。それを使うとDoCoMoでもiPhoneを利用できるとのこと。今後、iPhoneがSIMカードのロック解除をするのかどうかはまだわからない。でも、あるキャリアしか利用できない携帯端末は、市場から淘汰されていくだろう。長い眼で見ると、このロック解除は時代の流れとして肯定していくしかないのではないか。

|

« 野中広務と辛淑玉の「差別と日本人」を読んだ | トップページ | 桜の名所、恩田川と和田堀公園に行ってきた »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/47981813

この記事へのトラックバック一覧です: SIMカードのロック解除で今後どうなるのだろう?:

« 野中広務と辛淑玉の「差別と日本人」を読んだ | トップページ | 桜の名所、恩田川と和田堀公園に行ってきた »