« 『ここまでわかった「科学のふしぎ」』を読みました | トップページ | コードシェア便だったんだ! »

2010.04.11

「東京ぶらり暗渠探検」は面白い!

 洋泉社から出ている「消えた川をたどる!」という副題がついた「東京ぶらり暗渠探検」という本は面白い。東京の各地に意外な川の後があるのだ。

 ここ数年、仲間と一緒に、東京都の資料作りで、川をテーマにビデオや写真で撮影していた。だから、この本に書かれていることは、私の歩いた道とも重なる。

 神田川の事、渋谷川の事、烏山川や北澤川のこと、玉川上水や蛇崩川、目黒川などの記事も面白い。写真はいかにも私たちが撮ったような風景が写っていて、何だか懐かしい。

 正直言って、素人っぽいところが好ましい。このようなテーマはプロでなくて、おもしろがっている人が書くのが一番良い。同好の士が本をまとめたという感じなのでちょっと応援したくなる。でもこの本を面白いと思う人は、そう多くはないと思うが、どうなんだろうか。

|

« 『ここまでわかった「科学のふしぎ」』を読みました | トップページ | コードシェア便だったんだ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/48058169

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京ぶらり暗渠探検」は面白い!:

« 『ここまでわかった「科学のふしぎ」』を読みました | トップページ | コードシェア便だったんだ! »