« 竹笛の作成開始! | トップページ | 4月後半の和田堀公園の野鳥・・・カワセミとの攻防 »

2010.04.24

道尾 秀介の「向日葵の咲かない夏」を読んだ

 久しぶりに推理小説を読んだ。あまり解説を読まないで購入したので、この本がホラー系のサスペンスだとは知らなかった。

 内容はちょっと読んだことのない傾向の本で、怖いというか、ちょっと気味が悪い。精神的に健康でないと影響されそう。しかも作家を信じて読んでいくと裏切られる。

 全てを読み、仕掛けがわかってから考えると、全ては一人の男の子の心の物語。この内容で読者を引っ張っていくのはなかなかたいしたものだ。この作者は何となくオー・ヘンリーのホラー版という感じ。落ちに全てがかかっている。

 あまりお勧めするような本ではないのだが、ちょっと気分を変えたいときはどうぞ!


|

« 竹笛の作成開始! | トップページ | 4月後半の和田堀公園の野鳥・・・カワセミとの攻防 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/48168495

この記事へのトラックバック一覧です: 道尾 秀介の「向日葵の咲かない夏」を読んだ:

« 竹笛の作成開始! | トップページ | 4月後半の和田堀公園の野鳥・・・カワセミとの攻防 »