« 広尾のビストロ シロでとても美味しいランチ! | トップページ | 株が回復してきた »

2010.01.12

山種美術館で「東山魁夷と昭和の日本画」展が開催中

 日本画の柔らかい色が好きで、時々展覧会を見に行く。山種美術館は、昨年の10月1日に新しい場所に移転して、オープンしたばかり。その記念として、今回の東山魁夷の展覧会がおこなわれていた。

 《白い嶺》、《年暮る(としくる)》、《秋彩》、《緑潤う》、《春静(はるしずか)》、《月出づ》、《満ち来る潮》等が展示されているが、作品の数そのものは多くはない。

 他の画家の作品もすばらしく、楽しめたが、東山魁夷の作品がもっと見たくなる。また、絵に関する彼の言葉が展示されているのが面白かった。さらに、その時の彼の状況が浮かび上がるような情報もあるとさらに楽しめると思った。

 所蔵作品が1800点というのに、この広さではほとんどが、展示されずに終わっていると言うこと。本当にもったいないな。

|

« 広尾のビストロ シロでとても美味しいランチ! | トップページ | 株が回復してきた »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/47269469

この記事へのトラックバック一覧です: 山種美術館で「東山魁夷と昭和の日本画」展が開催中:

» 魁夷「年暮る」 [通勤プロフェッショナル]
こんにちは。外は寒いですね。昨日、恵比寿に行った話の主題を話しますね。実は、広尾の山種美術館で、東山魁夷の絵も含めた展覧会をやっていたんです。iPhone片手に行けば、ナビ代わりになるので迷わないと思っていたら、不慣れで恵比寿駅の逆側を歩いてました。(汗)も...... [続きを読む]

受信: 2010.01.17 16:55

« 広尾のビストロ シロでとても美味しいランチ! | トップページ | 株が回復してきた »