« 山中湖の大洞の水場で鳥の撮影! | トップページ | 「写真の部屋」の「鳥の部屋」を更新した »

2010.01.04

お正月に飲んだ、「又兵衛」、「獺祭(だっさい)」、「雪中梅」、「渓流」はそれぞれ美味しいお酒!

 日本酒が好きで、飲むのだったらできるだけいろいろな酒を試している。それでも、次第に好きなお酒が決まってくる。

 今年のお酒はその中でも特別なものだった。

1,まず、福島、いわき市のお酒、四家酒造の「又兵衛 大吟醸」。

 とんねるずの「食わず嫌い王」でこのお酒を佐藤浩一がお土産として持参したもの。
 全国新酒鑑評会で金賞となり、福島県知事賞ももらっている。
 また、最近では釣りバカ日誌のメンバーや石塚さんがここを訪れて、このお酒を楽んだりしたようだ。

 爽やかでフルーティ。日本酒の力強さはないが、その優しい飲み口で女性に人気がでそうなお酒。
 年末に見学して、各種4本購入してきた。

2,次が山口の旭酒造の獺祭(だっさい)純米大吟醸。
 これも有名なお酒で、最近はよく飲む機会がある。獺祭の獺はカワウソのこと。地域の名前からとったとのこと。

 このお酒は薫り高く力強い味。自己主張がはっきりしていて、いかにも日本酒という感じ。
 飲み比べるとかなりその違いがはっきりする。これも大変美味しい。最近、ネット上の注文ではトップを占めているようだ。

3,次に飲んだのが「雪中梅 吟醸」。新潟の丸山酒造場で作られている。新潟県上越市(旧三和村)にあるこの酒造は、丸山三郎次氏が育てたお酒。幻の酒としても知られ、地元でも手に入らないと言われる。

 これは、甘口だが、はっきりと自己主張する日本酒で、個性的。麹を機械にたよらず、人出をかけて酒造りをする伝統が生きている。いわゆる日本酒らしい酒。

4,最後に長野、須坂の遠藤酒造が作る「渓流 大吟醸」。これもモンドセレクションで連続受賞した最近話題のお酒。この酒蔵もなかなか頑張っていて、最近、東京でも見かけるようになった。ここの酒蔵は見学して何本か購入してきた。「朝しぼり」は気楽に飲める。

 このお酒もすっきりしていて、雑味がない。すっきりしていて飲みやすい。

 今回は、例年になく、特徴のあるお酒を楽しむことができた。それぞれの違いが面白かった。さて、どれが美味しかったかということは難しい。一番、はっきりしてるのは、だっさいの味と薫りが、他の酒とは明らかに違うということだ。好き嫌いは別だが・・・。

|

« 山中湖の大洞の水場で鳥の撮影! | トップページ | 「写真の部屋」の「鳥の部屋」を更新した »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 日本酒は個性的でいいですよね。ワインやビールも同じですが、違いがなくてはね。私は両関の酒も好きです。地元の人が日常飲む銘柄の中で美味しいものをできるだけ探しています。

投稿: take | 2010.01.05 12:49

おいしそうなものばかりですね。
獺祭は好きでよく飲みます。
渓流というのにひかれました。
今度見つけられたら飲んでみます。

投稿: たけや | 2010.01.04 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/47201253

この記事へのトラックバック一覧です: お正月に飲んだ、「又兵衛」、「獺祭(だっさい)」、「雪中梅」、「渓流」はそれぞれ美味しいお酒!:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/01/05 09:27) [ケノーベル エージェント]
上越市エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。... [続きを読む]

受信: 2010.01.05 09:28

« 山中湖の大洞の水場で鳥の撮影! | トップページ | 「写真の部屋」の「鳥の部屋」を更新した »