« Windows7のパソコンは、1月が買い頃? | トップページ | ジョウビタキを見た »

2009.12.12

IE8を終了するときに、DEPが警告を・・・!ちょっとうるさすぎ!

 先日、Windowsのバージョンアップしたら、それ以来IE8のウインドウを閉じるたびにDEP(データ実行防止機能)が警告のウインドウを出すようになった。今までなかったことなので、毎回これを閉じるのがちょっと面倒。毎回の事なので、うるさい感じ。
 調べてみると、DEP/NXはIE7では、デフォルトでは無効で導入されていたが、IE8からはデフォルトで有効に変更された。このために、一部のActiveXコントロールが正常に動作せずにクラッシュする可能性があるそうで、この警告ウインドウが開くようになったようだ。私のパソコンでは、結構アドオンソフトが多いので、どれかが引っかかっているようだ。
 とりあえず、対応策は「データ実行防止の設定の変更」で、「システム」から「システムの詳細設定」、「パフォーマンス」、「データ実行防止」、「次に選択するのものを除くすべてのプログラムおよびサービスについて DEP を有効にする」にIE8を追加すれば、この煩わしさから逃れることができる。
 さて、安全性を取るか、それとも煩わしさから逃れるか。詳しいことはマイクロソフトのサイトに書いてある。

|

« Windows7のパソコンは、1月が買い頃? | トップページ | ジョウビタキを見た »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/46999917

この記事へのトラックバック一覧です: IE8を終了するときに、DEPが警告を・・・!ちょっとうるさすぎ!:

« Windows7のパソコンは、1月が買い頃? | トップページ | ジョウビタキを見た »