« 講談社新書の「生物と無生物のあいだ」は最高に面白い知的読み物! | トップページ | マイクロ一眼のE-P1の後継機種、「OLYMPUS E-P2」が、もう発表! »

2009.11.11

リコーのGXRは、レンズやCCDもユニット交換式のデジカメ

 リコーは、常にコンパクトデジカメの先進的な提案者。今回のユニット交換式は、単焦点レンズとズームレンズをユニットで交換することができる。撮像素子や交換レンズもむき出しではないので、ホコリが入る可能性はない。横からスライドさせて入れるやり方。取り替えやすい感じ。

 値段が少し高い。本体49800円。単焦点レンズ74800円。APS-CサイズのCCD。ズームレンズ39800円。1/1.7サイズのCCD。外付けの液晶ファインダー20790円も入れると合計で18万を超える。一眼レフデジカメを上回る性能があるなら買うのだけれど・・・。小ささと軽さは確かに上だけれど。

 でも、何だかプラモデルを組み立てる見たいな発想で、ちょっと面白い。さすが、リコーですね。

  

|

« 講談社新書の「生物と無生物のあいだ」は最高に面白い知的読み物! | トップページ | マイクロ一眼のE-P1の後継機種、「OLYMPUS E-P2」が、もう発表! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/46738646

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのGXRは、レンズやCCDもユニット交換式のデジカメ:

« 講談社新書の「生物と無生物のあいだ」は最高に面白い知的読み物! | トップページ | マイクロ一眼のE-P1の後継機種、「OLYMPUS E-P2」が、もう発表! »