« リコーのGXRは、レンズやCCDもユニット交換式のデジカメ | トップページ | USB3.0のバッファローハードディスク、「HD-H1.0TU3」がついに新発売 »

2009.11.14

マイクロ一眼のE-P1の後継機種、「OLYMPUS E-P2」が、もう発表!

 大ヒットしているオリンパスのコンパクトなデジタル一眼カメラ、E-P1の後継機種の「OLYMPUS E-P2」が、発表された。12月に発売されるとのこと。

 一番の売りは視野率100%、高精細144万ドットの外付けEVF「電子ビューファインダー VF-2」がオプションで付属しているとのこと。

 二つ目はオートフォーカスに「動体追尾AF」がついたこと。でも、それよりHD動画にマニュアル動画モードがついて、露出を固定して撮影できるようになったことの方が面白いかも。

 三つ目は「HDMI-コントロール」がついたことで、テレビのリモコンからカメラが操作できるようになったこと。これは今後便利になる。

 後は、外部マイクやフィルターの種類が増えた事などが新しく変わった部分かな。

 それにしても、どうしてこんなに早く新しい機種を出してきたのだろう。値段は2万5千円程度違う。パンケーキレンズとのセットで12万5千円、E-P1の8万7千円とはかなり違う。電子ビューファインダーは2万5千円程度するから、合計15万にもなる。これだけ出せば、上級機を購入することも考えてしまう。
 
 それにしても、この機種は昔の銀塩カメラを思い起こさせる。特に黒は格好いい。好きな人はいるだろうな。

|

« リコーのGXRは、レンズやCCDもユニット交換式のデジカメ | トップページ | USB3.0のバッファローハードディスク、「HD-H1.0TU3」がついに新発売 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/46762753

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロ一眼のE-P1の後継機種、「OLYMPUS E-P2」が、もう発表!:

« リコーのGXRは、レンズやCCDもユニット交換式のデジカメ | トップページ | USB3.0のバッファローハードディスク、「HD-H1.0TU3」がついに新発売 »