« 驚異のテレビ、「REGZA」のフラッグシップモデル「CELLレグザ 55X1」が12月に発売! | トップページ | ソニーのwindows7ノート、「VAIO X」は賛否両論 »

2009.10.11

シーテックジャパン2009から未来が見える!

 シーテックジャパン2009にいってきた。最終日は無料。登録作業が必要で、朝、家からやっておいたら、ラベルができていて、すぐに入場できた。

 幕張会場の規模は膨大で、数多くの企業が出展していた。家電関連が元気で、特に東芝がcellレグザを大々的にアピールしていた。

 プレゼン会場でも大規模にその良さと特徴をアピールしていたが、シアターでも観客を入れて従来型の液晶テレビと並べ、その違いを説明していた。

 正直言って、売り物の映像画面そのものにあまり違いは感じなかった。他社の製品も十分きれいだが、東芝の従来液晶テレビも結構綺麗だ。それを大幅に上回るかと言われるとそうでもない。多少、エッジがクッキリしているかなという程度。私は、途中までどちらがcellレグザかわからなかったほど。

 でも、私が驚いたのは、その音。楽器の一つ一つがくっきり聞こえていた。低音もしっかり出ていて、とてもクリア。素晴らしいスピーカーシステム。

 フォスター電機株式会社と共同開発した低音用のウーファーと高音用のツィーターをアルミニウム高剛性エンクロージャー(キャビネット)で外装したスピーカーシステムとのこと。

 その他は3D映像関連が結構多かった。眼鏡なしでも見えるものが提案されていた。NICT(独立行政法人情報通信研究機構)のはビクターと共同開発したものらしいが、車を立体視できるような例が提案されていた。3年以内の製品化を目指しているとのことだが、映像そのものがどこまで準備できるのかな。

 村田製作所の「ムラタセイサク君」と「ムラタセイコちゃん」もなかなか凄かった。自転車や一輪車を倒れないよう操作する仕組みを考えるなんて、凄い。人間の乗る自転車にも応用できるといいですね。ブースも大人気。記念品も大量に用意してあった。

 日産の衝突しない車を目指してのロボット、エポロがブースで実際に動いていた。魚群の動きを参考にして作られたモノとのこと。自動車メーカーとしては唯一の出品だそうだ。これも黒山の人だかり。ストラップは数に制限があり、結構すぐに品切れに。残念。

 DoCoMoのブースも力が入っていて、面白かった。特に、目の動きで音声のリモコンを操作するシステムは、目をつぶっても操作できる。仕組みは、目の動きをイヤホンが電流の変化でとらえ、操作に結びつけているのだそうだ。なかなか、DoCoMoの技術陣も遊び心があるな。手を使わないで、何かを操作するのには、いいな。

 沢山のブース、全ては見切れなかった。また中小企業や台湾や海外のメーカーも出品していたが、観客は少なめ。日本の大メーカーの展示会の感じで、参加するメリットはあるのか心配になってしまった。でも、展示に特徴があるところには、人だかりができていた。

 今後の各メーカーの方向へのヒントが見えてきて、やはり来年以降も参加したくなるイベントだった。
SmurataSnissanSreguza


 
 

|

« 驚異のテレビ、「REGZA」のフラッグシップモデル「CELLレグザ 55X1」が12月に発売! | トップページ | ソニーのwindows7ノート、「VAIO X」は賛否両論 »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/46453505

この記事へのトラックバック一覧です: シーテックジャパン2009から未来が見える!:

» 「シーテックジャパン」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「シーテックジャパン」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「シーテックジャパン」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009.10.13 15:11

« 驚異のテレビ、「REGZA」のフラッグシップモデル「CELLレグザ 55X1」が12月に発売! | トップページ | ソニーのwindows7ノート、「VAIO X」は賛否両論 »