« GoogleChromeのベータ版がまた新しくなった! | トップページ | Craving ExplorerがYouTubeをダウンロードできなくなった・・・そこで新バージョンが! »

2009.08.13

上野の東照宮、修理中の背景の絵がまるで本物!

 上野の東照宮。藤堂高虎が1616年に、危篤の家康に頼まれて、魂の休まるところを作ったとのこと。その後、1651年に家光が改修した。
 今は本殿が改修中。唐門だけが本物を見ることができる。

 面白いのはその後ろの絵。遠くから見ると、まるで本物。立体的に浮かび上がった絵と実物の唐門が絡み合い、不思議な世界を作り上げている。一見の価値がありますよ。
 重要文化財なのだが、絵では寂しい。早く、本物を見てみたい。
StousyouguuStousyouguu2

|

« GoogleChromeのベータ版がまた新しくなった! | トップページ | Craving ExplorerがYouTubeをダウンロードできなくなった・・・そこで新バージョンが! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/45919389

この記事へのトラックバック一覧です: 上野の東照宮、修理中の背景の絵がまるで本物!:

« GoogleChromeのベータ版がまた新しくなった! | トップページ | Craving ExplorerがYouTubeをダウンロードできなくなった・・・そこで新バージョンが! »