« 中田一於さんの壺は美しい | トップページ | 最近のチョークは、粉を吸い込んでも大丈夫 »

2009.07.26

ヴーヴ・クリコ・ヴィンテージは美味しいシャンパンだった

 普段、安いワインしか飲まないのだが、今回は娘の友だちの差し入れで、珍しいシャンパンを味わうことができた。

 ヴーヴ・クリコのヴィンテージ2002年もので、辛口でさっぱりした味わい。しかもブドウの酸味がしっかり主張してくる。ヴーヴ・クリコとはクリコ未亡人という意味だそうで、1772年の創立。

 酵母が発酵してできた澱をとりのぞくためのルミアージュというビンを回転させていく方法を考えたのも、この未亡人だったそうだ。それまでのシャンパンは濁っていたそうだ。ヴィンテージは最低3年寝かせることを義務づけられているとのこと。

 手間暇かけて作られているな。少し意識してシャンパンやワインを飲むようにしようか。

|

« 中田一於さんの壺は美しい | トップページ | 最近のチョークは、粉を吸い込んでも大丈夫 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/45742684

この記事へのトラックバック一覧です: ヴーヴ・クリコ・ヴィンテージは美味しいシャンパンだった:

« 中田一於さんの壺は美しい | トップページ | 最近のチョークは、粉を吸い込んでも大丈夫 »