« Flashアニメを作るには、「Flashアニメ実践テクニック」がわかりやすいな! | トップページ | 松代の星峠の棚田は広大な展望 »

2009.07.31

「大地の芸術祭 越後妻有 アートトリエンナーレ2009」は車が必須だ!

 新潟の「大地の芸術祭 越後妻有 アートトリエンナーレ2009」を見てきた。といっても、その内のわずかな範囲でしかないが。2000年から2009年にかけて作られた作品、その中でも松代の部分を中心に見てきた。

 今年度の作品では、「リバース・シティ」、「サウンド・パーク」、「スペース・スリター・オーケストラ」。

 これまでの作品では、「花咲ける妻有」、「砦 61」、「○△□の塔と赤とんぼ」、「水のプール」、「関係―大地・北斗七星」、「かかしプロジェクト」、「今を楽しめ」、「平和の庭」、「雪国の杉の下で」、「西洋料理店 山猫軒」、「克雪人」等を見た。

 しかし、それにしても広範囲に作品が広がっていて、車でないと回れない。自転車でも無理。山あり、谷ありなので、かなりの健脚でないと到達しない。さらに苦しいのは、多くの場所で道が狭いので、駐車するのに問題がある。バスではちょっと無理なのところもある。

 バイクが一番なのだが、東京からバイクで行くのも大変。ということで、現地で軽自動車のレンタカーがいいのではないかな。作品そのものは、現代アートが多く、それを楽しむことができる方にはお勧め。

 しかし、私には、そのアートそのものより、越後妻有の場所そのものの美しさに惹かれた。稲の緑の美しさ。木造の家屋の造形美。渓谷や川の流れの清涼感。鳥の鳴き声の響き。そよぐ風の爽やかさ。そして、青く美しい空。これこそ、日本の原風景という感じ。

 そこに美味しい食材や酒がある。私の大好きな雪中梅上越市の丸山酒造の酒。これも新潟の誇り。頑張って欲しいな。新潟。

|

« Flashアニメを作るには、「Flashアニメ実践テクニック」がわかりやすいな! | トップページ | 松代の星峠の棚田は広大な展望 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/45793501

この記事へのトラックバック一覧です: 「大地の芸術祭 越後妻有 アートトリエンナーレ2009」は車が必須だ!:

« Flashアニメを作るには、「Flashアニメ実践テクニック」がわかりやすいな! | トップページ | 松代の星峠の棚田は広大な展望 »