« 2012年は金環日食が東京で見られる! | トップページ | WiMAX用の無線ルーター登場 »

2009.07.12

イー・モバイルの高速データ通信カード、「D31HW」の値段と電波の具合は・・・

 今度の高速データ通信、イー・モバイルのHSPA+はベストエフォートで21メガの高速データ通信。実際に10メガを超えたという記事も。今までも7メガ程度の速度でつながったこともあったが、通常は1メガ前後。それの10倍の速度となる。

 それが8月上旬にでてくる。値段は17980円が現在の最安値。

 つながるところであれば、家でのインターネットの速度が外出先でも確保できることになる。WiMAXよりは遅いが、問題は接続の実態だ。
 
 さて、電波の状況はどんなものなのだろうか。現在の方法だと、周波数を上げれば、電波は室内に入りにくくなるし、消費電力も大きくなる。

 WiMAXなどは、状況が悪い場合は違う周波数帯を使って送るとも説明してあったが、 実際に、WiMAX端末は窓から離れるとつながりにくい。都内でもつながらないところが多い。速度もバラバラ。まだ、安心して使える状況ではない。

 国内のHSPA+の周波数帯は、1.7GHzを使うので、2.5GHzのWiMAXよりは入りやすいのかもしれないが、事はそれほど単純ではなさそうだ。指向性が高いわけだから、アンテナの向きも関係する。数多くのアンテナの設置が必要になるということだ。

 DoCoMoのSuper 3Gもでてくるが、これはLTEという方式。100メガの速度が出る。遅延も少ないので、家に光ケーブルがいらなくなるかもしれない。実際にはそう簡単ではないだろうが。

 またその時には比較してみよう。現在の施設を使いながら、そのまま速度を上げていくのだから、すぐに全国展開ができるのではないかな。

 どこまで実用化に耐えうる状況を作り出すことができるのか。しばらく注目していよう。

|

« 2012年は金環日食が東京で見られる! | トップページ | WiMAX用の無線ルーター登場 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/45605661

この記事へのトラックバック一覧です: イー・モバイルの高速データ通信カード、「D31HW」の値段と電波の具合は・・・:

« 2012年は金環日食が東京で見られる! | トップページ | WiMAX用の無線ルーター登場 »