« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の記事

2009.06.28

日食の観察に必要なデジカメのフィルターは・・・

 今年の7月22日の日食は以下の時間にみることができる。

東京
欠け始め: 09:53
食最大: 11:08 (食分0.75)
食終了: 12:28

 全体の4分の3が隠れる。しかし、そのままデジカメで撮影したら白飛びしてしまう。フィルターが必要だ。今回、その中でも特に大きな光の減衰能力をもつのが、「ND400プロフェッショナル」。実に400分の1だ。これにさらにフィルターを重ねて撮影することもできる。これだったら・・・。
 このフィルターを早めに購入しておこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Windows7へのアップグレードチェックをしてみたら・・・

 早速、Windows7へのアップをチェックしてみた。チェックサイトは英語版しかない。ダウンロードして、インストール。さらにネットに接続できる状況でチェックする。数分経つと、回答が・・・。
 私のマシンは予想通り、ハードディスクの容量が足りない。また、ウイルスプログラムが対応していない。さらにちょっと古めのプリンタが対応していない。まあ、その他は何とかなるようだが、ハードディスクは・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7の優待キャンペーン

 Windows7はvistaに比べてかなり使い勝手の良いできになっているようだ。動作も軽いし、警告も減ったとのこと。バージョンは上位が下位を内包するとのこと。わかりやすい構成になっている。
 7月11日までのキャンペーンをやっているが、以下の内容が条件。

Windows優待アップグレードキャンペーンでは、2010年1月31日までにWindows Vista(Home Premium、Business、Ultimateのみ)搭載PCもしくはDSP版を購入したユーザーと、Windows 7発売前日までにVista(同)のパッケージ版を購入したユーザーが対象。」

 キャンペーン価格はHome Premiumで7777円。Professionalで14777円。なお、在庫がなくなればこのキャンペーンは終了するそうだ。

 まあ、私にとっての問題は、「ドライブにハードディスク上に 16 GB の空きスペース (32 ビットの場合) / 20 GB の空きスペース (64 ビットの場合)」がなくてはならないということ。もう、余っていない。切るべきデータもない。さて、どうするかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ビジュアルアーツで研修中

 毎年、東京ビジュアルアーツで行っている写真研修会に参加している。わずか二日間の研修だが、とても印象的な研修。新しい情報に触れるだけでなく、マック、およびフォトショップでの写真加工、印刷のテクニックを、日本を代表する講師の指導で研修することができる。
 プリンタも高性能で、美しい写真を印刷することができる。研修参加者も、それぞれ見事な写真を撮られる人たちで参考になる。
 今年は鳥の映像を中心に印刷している。明日はどんな作品ができるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.24

「オリンパス・ペン E-P1」は気になるカメラ

 今回、オリンパスから7月3日に出る「オリンパス・ペン E-P1」は注目の製品だ。久しぶりにちょっと買いたくなった。コンパクトデジカメの大きさで、一眼。オリンパスは「マイクロ一眼」と呼んでいる。そう、「一眼レフ」ではないのだ。「レフ」とはファインダーに反射鏡で画像を送る仕組み。このカメラはそれを持たない。

 しかし、レフを捨てたおかげで、コンパクトさを手に入れた。重量 は335g、幅 120.5mm、高さ 70mm、奥行き 35mmと本当に小さい。

 レンズもパンケーキ、17mm・F2.8、これは実質34mm相当。14-42mmのズームレンズもある。また、アダプターをつけると、フォーサーズやOMシリーズのレンズも使える。私は、OM1ユーザーだったので、これは嬉しい。といっても、当時のレンズは1本しか残っていないが。

 有効画素数は1230万画素で、撮像素子サイズは17.3×13.0と通常のコンパクトデジカメにはない大きさ。フォーサーズの規格だ。

 さらに、ハイビジョン画質でHD大画面テレビの16:9(1280×720 30fps)と、標準の4:3(640×480 30fps)の動画撮影に対応しているのだ。ボケ味も違うだろうし、ちょっとこれは魅力的。

 ただ、値段はそれなり。ボディだけで89800円。14-42mmセットで99800円。17mmセットで109800円、ダブルレンズキットで129800円だ。欲しいけれど、少し高いな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.23

「人の体のつくりと運動」をわかりやすく表すサイト

 「人の体のつくりと運動」は今回の学習指導要領で改訂されたところでは、それなりに困難があるところ。良い資料や教材が必要だ。今、日本各地で腕の筋肉の標本が品切れ状態にある。また、骨格標本もかなり売れているようだ。
 日本のサイトの中に、この内容をサポートするものがあるかどうか調べてみた。自分なりの目的でどの部分をどう利用するかはそれぞれ違うだろうが、それなりに面白いものが結構あった。以下に紹介する。

「人の体のつくりと動き、動物の体等の動画や写真資料サイト」

NHKの理科三年のページ

NHKの理科三年 関節

NHK 理科六年のページ

科学技術振興機構
関節の作り(ただし筋肉つき)

科学技術振興機構
簡単な関節の写真資料

IPA(教育ネットひむかより)
腕の写真

独立行政法人 情報処理推進機構 教育用画像素材集

日本医師会
クイズ集(健康の森)

ロボット君のからだの旅

動物のくらしと体つき

肘の骨の動きのアニメーション(特にひねりアリ)

筋肉による関節の動き

肘関節の絵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.19

イー・モバイルのHSPA+の高速通信端末が8月に新発売!

 UQコミュニケーションといつも比べられるイー・モバイル。今回高速インターネット端末のデータスティック端末「D31HW」(中Huawei製)が発表された。

 今までと同様にインストールは不要。これ一本ですぐに設定することができる。下り最大21Mbps/上り最大5.8MbpsでUSB接続型の高速通信データ端末だ。

 8月に発売だそうだが、端末の値段が結構高い。ベーシックプランが4万1980円、新にねんの場合1万7980円。それなりに、比較して検討しなければならない。月の値段は一番安いデータプラン21+年とく割2で5580円。

 今年の末には人口の6割がこのHSPA+になるそうだ。他の場所でも接続できないわけではないし。さて、結論を出す時期がきたかもしれないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.17

PSPのキーボードが欲しい

 いつも思うのだが、PSPは優秀なパソコンだ。ビデオは流せるし、音楽は聴ける。インターネットに接続できるし、FLASHは動く。無線LANも快適だし、数字や文字の入力もできる・・・・・しかし!
 大変、入力の仕方が面倒だ。特にソフトウエアキーボードは実用の域に到達していない。一回ごとに元に戻ってしまい、2回目以降も繰り返し同じ手順を経なければならない。
 だから・・・キーボードが欲しい。2008年1月頃の噂では、2009年には出てくるとの情報が流された。もう半分は過ぎた。まだ、出ない。
 さて、噂は本当だったのだろうか;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.06.16

モバイルWiMAXに未来はあるか

 モバイル系データ通信が高速になってきた。イー・モバイルやDoCoMoは定額制で下りの最高が7.2メガ。実際には速くても1.5メガから2メガ程度。その中でUQコミュニケーションが出してきたWiMAX。これは上り最大40メガ程度という高速度データ通信。
 実測値としていつもこの速度が出ていれば嬉しいのだが、そういうわけにはいかない。実際には1メガも出ないところもある。特に家の中では難しい。
 しかし、最近接続できるところが多くなってきた。また、自宅では、家の中で雨戸を閉めても接続できるようになった。同じ23区でも、職場ではまだ接続できないが。
 さて、私はDoCoMo、イー・モバイル、UQ、ウイルコムと4つの選択肢を持っている。実際に使っているのはイー・モバイルとUQ。イー・モバイルはもうすぐ高速データ通信、3.5世代のHSPA+のサービスが開始される。これは最低5580円で最高21メガの速度で接続できる。現在のギガデータプランだと3980円で1ギガまで接続できる。最高速度は7.2メガ。
 そこにこのUQ。そもそもこのサービル、生き残るだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.06.14

「つれがうつになりまして」は面白かった!

 またまたNHKドラマの感想。「「つれがうつになりまして」」は、とても面白かった。私たちは、様々なプレッシャーにさらされている。また、自分で自分に納得のいかないことも多々ある。そんな中で、自分が壊れないように、防御態勢を固めるときがある。それがうつだと思う。
 そんな状態は多分、全ての人にあるのだろう。それが継続してしまうと、彼の様な状態になる。私たちは時々、「いいかげん」になる必要がある。自分を責めすぎないことも大切だ。仕方がないじゃないか、こんな私が私なんだ。自分が思っている自分、それが立派すぎるのだ。許せない自分がいても、それが今の本当の姿なんだと、素直に認めること。場合によっては、ゆっくり、のんびり生きていく。走れるときは懸命に走る。メリハリをつけて生きていくようにしよう。

漫画家細川貂々(ほそかわ・てんてん)のブログ
ドラマのホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.13

ベランダで野菜を育てる

 今年はベランダで野菜を育てている。いつもは花をいろいろ育てているのだけれど、今回は野菜がメイン。花はニチニチソウとサフィニアだけ。

 育てている野菜は、トマトが中心。3種類を植えてみた。ミニトマトが2種類。大型が1つ。その他にイチゴ2株。パセリ、バジル、ミント、シソなども育てている。

 これまで育てているハナミズキ、胡蝶蘭、デンドロビウム、カトレア、オンシジウム、ジゴペタラム、ハッピーポンポコなどは、今年も花をつけた。パフィオとセロジネ、クリソトキサムは残念ながら咲かなかった。

 数十年育てているベンジャミンは、今年も実を沢山つけた。花が咲くことを期待してそのままにしておいたが、今年は咲かなかった。今までたった一つしか咲いたのを見たことがない。瑞々しい美しい花なのだが。

 さて、2カ所のベランダはつややかなトマトの実と美味しそうなイチゴが育ってきた。農薬を使わないので、時々、虫の点検はしているが、カビなどの病気はまだ出ていない。とにかく、毎朝、植物の顔を見るようにしている。葉っぱの色つやや伸び方、わき芽のカットなどの点検は毎日の仕事だ。

 つややかなトマトの実をみると嬉しくなる。さて、鳥たちに取られないようにしなくては。

 近くにハーブ系の植物を育てているおかげかもしれないが、虫はあまり表れない。また、花の方に虫が気を取られるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レアルマドリッドにカカとロナウドが入団、どうなるのかな?

 スポーツは好きでよく見るし、自分でもやる。サッカーは、自分ではもう走れないのでやらなくなったが、チャンピオンズリーグや日本代表戦程度は見ている。
 今回、レアルはバルセロナに全くかなわなかった。攻撃力は確かに以前より落ちていたが、根本的にはディフェンスの弱さが指摘されていた。
 今回、カカとロナウドが加入ということ。チームのバランスってどうなるのかな。攻撃型の選手が多くなり、ディフェンスの強化はこれからということかな。特にロナウドはディフェンスの仕事をあまりしない傾向の選手。他の選手の負担が増えるのではないかな。
 お金に任せて選手を強化するレアルの姿は何だか寂しいな。でも、この傾向は昔からのものか。カカとロナウドが一緒に活躍する姿は見てみたいが、ラウルやファンニステロイはどこにいってしまうのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.06.08

最近、卓球が面白い!

 先日、渋谷の国際卓球で初めてシェイクハンドを購入し、ペンからの変更に挑戦している。

 ラバーはブライスとスーパースレイバーで、安定した使い心地で楽にプレーすることができる。バックハンドの練習が足りなく、今後にまだ課題はあるが、それなりに楽しめる。テナジーも使いたいけれど、もう少しシェークに慣れてからかな。また、裏は粒高のフェイントのシリーズも使ってみたい。

 渋谷の国際卓球は東横線の横にあり、駅からも近く便利。ただ、歩道橋を渡るのがわからず、初めはたどり着かなかった。値段も安く、品揃えも豊富。

 今はあまり時間がなく、一日に30分もできないが、体を動かすことはとても大事。仲間と卓球クラブでも作ろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マイクロソフトの検索サービス、「Bing」を使ってみたが・・・

 マイクロソフトは検索サービス、「Bing」が6月3日から使えるようになった。

 これは、「適切な検索結果の提供」、「より整理されたエクスペリエンスの提供」、「タスクの簡素化、迅速かつより確信をもてる意思決定に導くようなインサイトの提供」という3つの目標を掲げて作られたとのこと。

 また、「オンライン上で商品を購入する」「旅行を手配する」「健康に関わる情報を参照する」「地域の会社や店舗に関する情報を調べる」という4つの領域に重点を置くとのこと。

 ユーザーがWebからインサイトや知識を取得し迅速な意思決定を行えるようにするために、「ベスト マッチ」、「ディープ リンク」、「クイック プレビュー」、「インスタント アンサー」などの機能を提供するとのこと。

 実際に使ってみた。これがちょっと・・・。使いずらい!例えば、「の」とか「は」などをいれると全てそれを単語として拾ってしまう。名前を入れると、「姓と名前」を区別して、それぞれ検索してしまう。調べにくい。必要な情報を収束させにくい。広がりはあるのだが、素早く必要な情報にたどり着くことが難しい。つまり、余計な情報がありすぎなのだ。
 
 検索システムはバランスが難しいと思う。探しすぎれば今回のようなことになる。絞りすぎれば、必要な情報にたどり着かなかったり、発想を広げることができない。

 bingは日本語の特徴を押さえながらやっているのだとは思うが、まだこれからさらなる工夫が必要になるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.07

内田洋行の「NEW EDUCATION EXPO」は楽しかった

 今年で14回目になる内田洋行の「NEW EDUCATION EXPO」。この大会は最新の機器を見ることができて、次の時代が読めてとても面白い。例えば、プロジェクタはどんどん進化していて、超単焦点がはやっている。もう、前にたっても影ができることはない。しかも明るい。無線機能も当たり前で、最近はnが使えるものも出てきている。

 今年は、私の所属する学習過程研究会も参加した。学過研は設立してから25年。コンピュータ系の研究団体の中では、かなり古く、毎月一回の定例会を継続していて、6月で通算285回になる。

 活動としては、FLASH教材を作り、PC、携帯、PSPで動作させている。また、写真や動画教材の作成が得意なメンバーも多い。ものつくりも継続している。

 今回の発表は、今まで蓄えた経験と知識を、次の世代に伝える時期がきたことを表す。これから、若い世代にどのようにつないでいくか、考えていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.06.04

城戸久枝の「あの戦争から遠く離れて」がようやく届いた

 NHKで放送されていた「遙かなる絆」の原作、城戸久枝の「あの戦争から遠く離れて」がようやく届いた。5月16日に発注して、6月3日に配送だ。2週間と少し。これを遅いと感じるかどうか。まあ、とにかく手には入って良かった。ドラマでも見たが、ドキュメント番組でも見た。そして、今度は娘が書いた本だ。なかなか複合的、多面的だな。読むのを楽しみにしている。
 値段は1680円。Amazonで注文した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSPソフト開発用ツールが大幅値下げ

 今回の新型、「PSP GO」はUMDを持たない。ネット経由でソフトをダウンロードして使う。そのダウンロードするソフトの品揃えを計るために、ソニーは開発ツールを大幅に値下げした。
 開発ツールの「DTP-T2000/DTP-T2000 A」の税別価格は、50万円から15万円になったとのこと。テストツールも15万から10万に値下げ。まあ、総計25万円程度でPSP用のソフト開発ができるということだ。これだったら今までよりは開発者の範囲が広がるのではないか。
 
 「ソフト製作時のライセンス契約から販売までのプロセスも従来より簡素化して幅広い開発者が、より自由な発想をもってコンテンツを制作できる環境を年内に構築する」そうだ。まあ、さらにライセンスから発売までまだそれ相当の資金は必要だが。

 さて、開発ツールを購入して、ソフトを作ってみるか。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型PSPって本当にPSPなの?

 11月1日に発売される「PSP GO」はかなり大胆な変身を遂げた。

 今まで、ソフトの供給を行ってきたUMDドライブを廃止した。これには驚いた。もう、店頭でソフトを売らないんですね。インターネットからダウンロードすることになるとのこと。ソニーにはいいけれど、今までソフトを売っていた販売店は今後、消えていく運命なのでしょうか。また、今まで持っていたソフトは、どうやって動かすというのでしょうか。

 その代わり、コンテンツ保存用のフラッシュメモリーの大きさは巨大で16GBを内蔵している。これだけあれば、普通のソフトは動かすことができる。

 ただ、フラッシュメモリーだけでは、ダウンロードしたソフトは消えてしまう。今回は、メモリースティック マイクロに変更された。ここに保存することになるのだろう。これって値段が高くてあまり見かけない。安くなるのだろうか。

 本体サイズは128(W)×69(H)×16.5(D)mm、重量は約158gとのことで、かなり軽くなった。スライド式のコントロール部分がついている。ただ、今までの円形のアナログボタンがなくなった。

 最も印象が違うのが、液晶パネル。3.8型(従来のPSPは4.3型)で横長からDS型に近づいた。

 外部とのアクセスには無線LANに加え、Bluetooth機能が新たに追加された。まあ、私にとっては、どちらでも困らない。

 ちょっと好みではないのが、充電やAV出力がクレードル(PSP-N340)経由で行われるとのこと。
 音楽再生用ソフト「SensMe channels」は、秋に公開される予定であるとのこと。

 さて、これはPSPといってもいいのだろうか。PSP3000も並列して販売するとのことだが、別のマシンの登場といってもいいのではないか。26800円という値段で、どれだけ売れるのだろうか。フラッシュメモリーの大きさを小さくして、今までの値段に近づけた方が売れるのではないだろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.02

autorun.infウイルスの削除に、NOD32で成功

 最近、友だちのUSBメモリーからウイルスアラートが!autorun.infだった。私のパソコンにはウイルス対策ソフト、Nod32が入っている。これはautorun.infを検知して削除できる。以前のバージョンではできなかったが、今はできる。
 これで、仲間のUSBを調べてみたら、結構広がっていて他のUSBからも出てくる。元があるはず。ということで調べたら、同僚のパソコンが感染していた。クリーンにしたUSBを、そのパソコンに挿したら、またウイルスが検出されたのだ。
 結局、そのパソコンはリカバリーでもう一度新しく設定し直し。一日かかったようだが、その後、検査したらウイルスは消えていた。しかし、USBウイルスがそれなりに身近にいたのには驚いた。
 NOD32は関連ウイルスもきちんと削除する。これは助かった。そもそも動作速度は速いし、気に入っている。ただ、前のバージョンで検索できなかったことが、結構心配。ウイルス対策ソフトには、頑張ってもらわなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »