« ソニーのHDR-TG5V Sはさらに軽く! | トップページ | USBウイルスの感染が拡大中 »

2009.04.04

デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X3」を4月下旬から販売開始

 4月下旬にデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X3」が発売される。手頃な一眼レフカメラとして定評がある機種だが、どこがX2と変わったのだろう。

 一つは、動画に対応したことだろう。記録画質は、「1920×1080画素」のフルHD画質。「1280×720画素」のハイビジョン(HD)画質。「640×480画素」の標準(SD)画質の3種類とのこと。
 ファイル形式は.AVIで、映像はMPEG-4/H.264。ただ、フルHD撮影時のフレームレートは20fpsとなっている。5Dは30fpsなので、当然、動画の質に違いは出る。特にスピードが速い物を撮るときにはカクカクした動きになるかもしれない。
 それでも一眼レフデジカメで撮る動画は、レンズの特性を生かし、広角やボケ味などで、今までにない映像を撮ることができる。この機能の追加はやはり面白い。

 もう一つ面白いと思ったのが、クリエイティブ全自動設定内容「CA」という項目をダイヤルで選択することができる。そこに、「プログラムシフト」という項目があり、「背景ぼかす…くっきり」という選択肢が出てくる。つまり、一眼レフデジカメが銀塩にかなわないボケ味を調節する機能がついたのだ。これはあくまでも補助的なものだから、どの程度の効果があるのかはわからない。でも、魅力的な機能だとは思う。

 同様に、「CA」に「露出補正/ストロボ調光補正」という項目があり、そこで「写真暗く……明るく」という選択ができる。これも感覚的に補正できるので、一眼レフデジカメが初めての人には嬉しい機能だろう。

 これで480gしかないので、日常的に使うには手頃な機種だろう。値段はヨドバシで89800円。レンズは手ぶれ補正付きのものが安く出てきている。EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISがついて99800円。EF-S55-250mm F4-5.6 ISもついたダブルズームセットが129800円
Amazonでは、79992円。1万も安い!ポイント分を引いた値段だ。

|

« ソニーのHDR-TG5V Sはさらに軽く! | トップページ | USBウイルスの感染が拡大中 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/44564183

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X3」を4月下旬から販売開始:

« ソニーのHDR-TG5V Sはさらに軽く! | トップページ | USBウイルスの感染が拡大中 »