« 野鳥撮りやスポーツに適した、光学70倍の「SDR-H80」と光学60倍の「DCR-SX41 」ビデオカメラが発売! | トップページ | FC2のアクセスカウンタがおかしくなった »

2009.02.11

富士フイルムの新コンパクトデジカメ、「FinePix F200EXR 」は話題騒然!

 富士フィルムのコンパクトデジカメ、「FinePix F200EXR 」が2月21日に発売される。これは人間の目をヒントに開発したといわれるCCD、「スーパーCCDハニカムEXR」が採用されている。また、マニュアル露出を採用している点も注目されている。

 コンパクトデジカメで最も美しい画像が撮れるといわれる富士のスーパーハニカム。その新型がこの機種だから、みんなが思い思いに掲示板やブログでいろいろな事を言っている。

 CCDを並べ替えただけではないかという意見もある。ただ、本当にそれだけだとしても、コンパクトデジカメの中で最も美しい画像であることに間違いはないだろう。いいものは良いという判断ができるといいのだが、それぞれ自分の思いがあるので、なかなか冷静な判断ができない。また、それぞれのメーカーの関係者も掲示板に参加しているのだろう。ネット上の意見をどう参考にするのかということは本当に難しい。

 私は、実際に使ったユーザーの評価を参考にしつつ、他の機種のユーザーの評価と比較し、評価を確定させていきたい。市場の冷静な評価が出てくるのは、数ヶ月先になるだろう。

 この機種の主な特徴をまとめてみる。

・有効画素数 1,200万画素
・撮像素子 1/1.6型 スーパーCCDハニカムEXR 原色フィルター採用
・記録メディア 内蔵メモリー(約48MB)
・xD-ピクチャーカード(16MB~2GB)
・SDメモリーカード/SDHCメモリーカード
・動画 AVI形式、Motion JPEG
・音声 WAVE形式、モノラル
・記録画素数 ・最大4000×3000
・光学式5倍ズームレンズ
・焦点距離 35mmフィルム換算:28mm~140mm相当
・開放F値 F3.3(W)~F5.1(T)
・デジタルズーム 最大約4.4倍(光学5倍と併用して最大約22倍)
・絞り F3.3/F9(W)、F5.1/F14(T)、NDフィルター併用
・撮影感度 3200(ISO6400は最大記録画素数600万画素、ISO12800は最大記録画素数300万画素)
・測光方式 TTL256分割測光
・露出制御 プログラムAE/絞り優先AE/マニュアル
・ブレ防止モード(CCDシフト式)
・顔キレイナビ・顔検出機能
・シャッタースピード 1/4秒~1/1500秒

 さて、ヨドバシで42800円、ポイント10%なので、38520円程度。価格コムで最安値が37837円。まあ、発売前でこの値段だから、数ヶ月で3万程度まで下がるだろう。急がないのだったら、数ヶ月待ってから購入するのがいい機種ではないかな。

|

« 野鳥撮りやスポーツに適した、光学70倍の「SDR-H80」と光学60倍の「DCR-SX41 」ビデオカメラが発売! | トップページ | FC2のアクセスカウンタがおかしくなった »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/44030475

この記事へのトラックバック一覧です: 富士フイルムの新コンパクトデジカメ、「FinePix F200EXR 」は話題騒然!:

« 野鳥撮りやスポーツに適した、光学70倍の「SDR-H80」と光学60倍の「DCR-SX41 」ビデオカメラが発売! | トップページ | FC2のアクセスカウンタがおかしくなった »