« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の記事

2009.01.29

パナソニックから防水デジカメ、「DMC-FT1」が3月に発売!

 パナソニックから3月に防水デジカメが出てくる。ルミックス、「DMC-FT1」だ。今までも、三洋やオリンパス、ペンタックスから出ていた。しかし、今回のルミックスは、デジカメとしても、かなり本格的だ。

 防水、防塵、耐衝撃性、ハイビジョン動画、28ミリ~128ミリ相当、1210万画素、光学4.6倍、手ぶれ補正、高感度、個人認証もできる。個人の顔を登録して覚え、そこに自動的に焦点を当てるとのこと。新しいアイディアだ。

 大きさは幅約98.3 mm× 高さ約63.1 mm × 奥行き約23.0 mmで、重さが約184 g(メモリーカード、バッテリー含む)だ。これはサブ機としては最適ではないだろうか。
 
 防水デジカメは個人的には必需品。青森で滝に転落して、カメラとビデオを失っている。水場や海での撮影には大切なアイテム。以前、沢登りでも必要性を感じた。

 今回は、水中の魚や昆虫、植物なども撮影してみたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.28

Xacti DMX-WH1は防水ビデオで激安!

 もう一台の注目ビデオがこの「Xacti DMX-WH1」。

 これは防水と超望遠に特化した、HD画質の動画が撮れるビデオ。

 水深3mまでOK。さらに光学30倍。実質、35mm換算で、43~1290mmというとんでもない性能だ。

 動画は1280×720で秒30コマ。写真は110万画素と低い。ただ、手ぶれ補正や顔検出機能がついている。重さが354gと軽い。

 いわゆるザクティの今までのシリーズとは違って箱形で持ちやすい形のようだ。スイッチを押したとき安定している。値段が6万円前後のようだ。

 水中の生物や水泳の練習、スキーやスケートの練習にもいいカメラだろう。でも、3月19日では雪は終わっているな。もう少し早く発売してくれれば、スキーに間に合ったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.27

ビデオを買うのだったら、ソニーの「ハンディカム HDR-XR520V」が抜群!

 ビデオカメラは様々な機種が出ているので、選択に迷うことが多い。でも珍しくこの機種は素直にお勧めできる。最近になく、性能が抜群のビデオだ。その素晴らしい機能をまとめてみよう。

1,「裏面照射型構造」を採用したCMOSセンサー、1/2.88型CMOSセンサー「“Exmor R”」。
 今まで裏側にあったセンサーが表に配置されたということなのだが、それによって感度を従来比の約2倍に高め、暗所でもノイズの少ない高画質なハイビジョン撮影を実現しているとのこと。
 暗い場所での画像を比べると、雲泥の差。実際に撮影してみないと最終的にはわからないが、サンプルではえらい違い。期待するべき性能。

2,光学式手ブレ補正機能」では、「アクティブモード」時にワイド端側での手ブレ補正領域を約10倍にまで拡大した。歩きながらの撮影でも手ブレをしっかり補正するようだ。

4,GPS機能内蔵。撮影場所を地図で表示できる。
「マップインデックス」機能を使うと、映像を撮影した位置が地図上にマーカーで表示される。ということは、地図を見ながら見たい映像を探すことができるということ。凄いな。 資料の位置が表示されるなんて。

5,光学12倍、デジタル150倍。ほとんどはこれでたりるだろう。

6,逆光を自動で判断して、人物や景色を逆光補。


 これだけ良いと今一台持っているけれど、もう一台欲しくなる。ただ値段は高く、15万近い。発売が2月20日なのだが、また購入したくなる機種が増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.26

スノボーに挑戦してこよう!

 今度、スノボーに挑戦してこようと思う。スキーは数十年やってきたが、スノボーは初めて。まだ、仕事が忙しいので、足を痛めないようにしなくては。昔、サンドスキーとスケボーはやったことがあるが、まあ、そこそこの腕前。決して上級者ではない。とりあえず、年齢と腰の痛さのハンディを補う意味でも、少し練習の仕方を調べてみた。

1,スノボーの付け方
2,立ち方、転び方
3,スケーティングの仕方
4,平地、緩斜面での曲がり方
5,緩斜面でのボードのずらし方、前向き、後ろ向きにズルズル。
6,木の葉落とし(トラバース)
7,リフトの乗り降り
8,ターンの仕方、前向き、後ろ向き
9,連続ターン

 まあ、これだけできれば、楽しめそうだ。今回はまる2日間ありそうなので、マスターできると良いな。
 参考になったサイトは「Bordere's Heaven」写真や絵だけでなく、動画があるのがとてもいい。怪我なく楽しくできるといいな。さて、無事に帰ってこれますかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.01.25

朝青龍は、なぜ強いのか

 朝青龍の優勝で終わった春場所。多くの予想を裏切る快進撃だった。千秋楽こそ、白鵬に放り投げられたけれど、優勝決定戦では、そのワザを見せつけた。それにしても、この強さの秘訣は何だろう。

 序盤戦の多くに見られただめ押し。多くの相撲ファンは、眉をひそめたし、相撲協会も注意をしようとしたようだ。既に勝負がついているのに、さらに手を出す。徹底的に打ちのめそうとする。敗れ去った者への思いやりのかけらもない。常に勝者であることを追求しようとする。万が一、気を緩めて逆襲を食らうことのないよう、相手に追い打ちをかける。

 モンゴルの英雄、チンギスハンもそうだった。敵対した者に対しては、徹底的に打ちのめした。というより、抹殺した。サマルカンドも殺した上に焼き尽くした。多くの都市はその姿を消した。でも、情に厚い人だったという。

 朝青龍のあの徹底した勝ちにこだわる姿勢が、柔な日本の男子にはなくなってしまったのだろう。相撲をとっている間は、多分、勝つことしか考えていない。決まり手など、どうでもいいに決まっている。勝つための相撲だ。

 でも、個人的には、あのだめ押しなどない方が、やはり尊敬できる横綱と思えるのに。行儀と比例するといいのにな。

 兎にも角にも、朝青龍、優勝おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.24

「Flash Blog」は面白い本だ

 Flashソフトを開発していると、それをのせるお皿を色々変えて表示したくなる。今はPSPにのせて動かしているが、DSやwiiにものせたくなる。また、当然、携帯へもFlashを生かしてのせたくなる。現在はシンプルな形でのせているが、違う表現もしたい。

 そこで、この「Flash Blog」という本を購入。Flashでサイトをデザインすることをテーマに書かれている。多少、面倒な作業がありそうだが、少し発展させてみようとする人にはいい資料だろう。しばらく、読み解いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい卓球の道具を試してみた・・・良かった!

 最近、仕事が立て込んでいて、せっかく購入した卓球の道具を試すことができなかったのだが、昨日、30分ほどやる時間を作ってみた。

 シェークハンドのラケット。子どもの頃からずっと使っていたペン。それを変更しようというのだから、とっても無謀な試み。でも、試してみる価値はある。何より、新しいことに挑戦する喜びがある。

 友だちが相手だったのだが、彼らの道具も新しくしたもの。やはりラバーは新品の威力が凄い。お互い、普段の強さとは全く違う。カットもドライブも横回転も切れること。相手のスマッシュもよく決まる。こちらの返球も威力がある。それなりに卓球らしい。

 また、表面に張ったブライスは体験したことのないパワーを持っていて、面さえ正確に当てれば、ほぼ思い通りのコントロールができる。このラバーもうたい文句に偽りはない。ただ、切れすぎるので、今まで通りの横回転サービスでは、外に出てしまうことさえある。まだ、本当に思いっきりやるためには打ち込んで慣れる必要がある。

 バックに張ったスレイバーは、ブライスとは違った感じで、そこまでは威力がない。おとなしい感じだ。だからしっかり打たなくてはならないのだが、そこまで打ち方ができていない。特にバックハンドスマッシュがまだ打ちきれない。またバックのサーブもストレートに威力がない。重点的に練習が必要だ。

 さて、試合がある来年の秋までに、もう少し強くなれるといいのだが・・・。卓球をやる仲間をさらに募っていきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.23

無線LANとフルブラウザー内蔵のソニーのデジカメ、「DSC-G3」の考え方

 ソニーからまた面白いデジカメが出てきた。「DSC-G3

 最近またソニーが面白い。不況で大幅減益、正社員まで減らそうという会社だけれど、やはりソニーには開発力があるのではないかな。
 今回のデジカメにもアイディアが満載。以下にまとめてみた。
1,無線LAN内蔵。どこでもデジカメで撮影した映像を転送できる。
2,サイトの閲覧やメールの送受信が可能。
3,タッチパネル搭載。マルチコートで画面の汚れに強い。
4,画面が文字の表示ができるように高精細。
5,撮影時に機体が横に拡大する。

 この機種が内蔵しているWi-Fiは、今後WiMAXに置き換わっていくのだろう。そして、どこでも無線ルーターなどの機器が内蔵され、撮影した写真は自分のサイトに転送されるようになっていくのだろう。
 つまり、最近多かった携帯側からの圧力が、デジカメ側から押し返した感じだ。デジカメとしての存在感を出しながら、携帯の機能も取り込んだ機種。
 さて、今後、どのように変化していくか注目すべきデジカメだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.22

W-SIM無線ルーター、「どこでもWi-Fi」が発売!

 ウィルコム、バッファロー、三洋電機から、DSやPSP、iPod touchなどのゲーム機中心の無線LAN対応機器を接続するW-SIM無線LANルーター、「どこでもWi-Fi」が2月19日に発売される。

 値段がかなり安い。新規でW-VALUE SELECTを利用する場合、頭金が4800円、月額1980円ほどになるそうだ。

 ただ、この速度が204kbpsでかなり遅い。ゲームをやる場合にはレスポンスの速さが大切とのことで、この速度の遅さは問題がないといっているが、私はゲームに使いたいわけではない。パソコンでの利用を考えている。しかも複数で。それには能力的に不十分だ。

 ウイルコムは、次世代PHS、WILLCOM COREで、高速無線ネットを構築しようとしている。KDDIはモバイルWiMAXの免許取得に対応してUQコミュニケーションを設立し、12年度末までに38000局まで拡張する計画。

 ところが、KDDI系のauは携帯にはモバイルWiMAXは使わず、次世代のLTEを採用するようだ。

 ソフトバンクなどは、HSPAを間にはさむかもしれないとのこと。それからLTE。

 整理すると、携帯系はLTE

 無線LAN系はウイルコムの次世代PHS、WILLCOM COREかKDDI系のモバイルWiMAX。

 イー・モバイルは、間で「DC-HSPA」を採用するかもしれないようだが、それを見送りLTEまで、現在のパターンで粘るのかもしれない。

 以前、紹介したUSBデータ通信を差し込んで、モバイル系無線LANおよびルーターとして使えるPHS300の様なアイディアに富んだ機器も増えてきている。

 2009年1月という段階で先を見てみると、一つの山場がLTEが導入される2010年。今年1年はイー・モバイルで様子を見よう。その先は、またその時点で・・・。それにしても今は激動の時代なんですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.20

CravingExplorerがバージョンアップしたぞ!

 CravingExplorerは「YouTube、ニコニコ動画などの動画をダウンロードし、AVI / MPEG / MP4(iPod) / FLV / WAV / MP3 の形式に変換、保存することができる動画専用ブラウザ」だ。今回の2008年12月のバージョンアップは、結構大切で、今までのままの人は、早めに変更しておいたほうがいい。内容は以下の通りだ。

 ・YouTube の HD 動画に対応。
 ・ニンテンドー DSi 向け AAC 形式での保存、変換に対応。
 ・WMV 形式での保存、変換に対応。
 ・アドレスバー、検索バーでオートコンプリートを実装。
 ・ショートカット検索エンジン切り替え機能を実装。
 ・動画保存、フォルダメニューを階層化した。
 ・Google Video の仕様変更により検索結果、動画保存が正しく行えなくなっていた問題を修正。

 高画質の動画を、様々な機種に対応する形式に変換し、保存するとき、このソフトは欠かせない。iTunes、PSP、WALKMAN などに直接保存できる。音楽を聴いている間に作業は終了している。まだ、使ったことのない人はこの便利さはわからないと思うけれど、本当に使いやすい。ぜひどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷の国際卓球で、シェークハンドを購入

 久しく課題だった卓球のシェークハンドをセットを渋谷の国際卓球で購入した。ラケットがコルベル-FL。5775円が4620円。表ラバーがブライスの厚で4200円。裏ラバーがスレイバーELの厚で2688円。

 値段はネットで購入するのと同じくらい安い。しかも、その場でつけてくれる。店員さんも3人もいて、すぐに対応してくれる。この店を愛用しよう。

 ペンにもスレイバーELをつけたので合計が9838円。ようやく最低限の道具がそろった。

 シェークへの変更は長年の課題。これから練習をしていかなくては。多分、かなりの困難が待ちかまえている。それなりにやりがいがあるな。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.19

卓球の道具は何がいいのかな?

 このところ、卓球が話題になるようになった。福原愛さんだけでなく、石川佳純も人気を集めている。男子も水谷が十代で三連覇するなど、若くて強い選手が出てきた。世界選手権ももうすぐだし・・・。

 私も卓球は大好きで、クラブには所属していなかったが、家に卓球台を購入して、弟とよく遊んでいた。まあ、強くはないが、楽しめる程度にはできるようになった。

 最近も試合があったが、きちんと練習した人には全くかなわなかった。ということで、やはり道具をきちんとそろえ、練習をしたくなった。時間がないのだが、そんなときほどやりたくなる。

 調べてみたら渋谷に国際卓球という店がある。先日仲間とその店を目指したのだが、道に迷って、閉店と同時に着いたという何とも間抜けな結果になった。

 さて、どんな道具を購入しようか。様々なサイトで、現在多くの選手に使われている道具を調べてみた。

 まず、主流はシェークハンド。私が使っているペンは非主流。今回、若い仲間がペンに変えるということなので、思い切って、長年の懸案だったシェークへの変更を行ってみよう。多分、うまくはいかないのだが。

 そうすると、板から考えなくては。とりあえず、値段も手頃で、攻撃的な「コルベル」を選択。フォアラバーは「スレイバー」か「スレイバーEL」を選択しよう。バックは「ブライス」か「ブライス・FX」を選択。合計で1万5千円前後か。

 少し運動をしないと体重が増えてしまうので、意識して時間をとるようにしよう。音楽もそうだが、道具にお金をつぎ込まないとうまくはならない。それなりに本気にやってみようと思う。さて、結果は・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.18

Amazon、アフリエイトでの紹介料は、どのような仕組みで支払われるのか?

 このブログで、Amazonのアフリエイトをやっているが、それでの収入なんてたかがしれている。これで生活できる人なんて、凄いなと思う。一般の人ではなかなかいないだろう。

 私のサイトでは、最近、利用する人が増えた。このサイトで購入してくれる人がいるおかげで、わずかだが紹介料が入ってきた。

 ただ、仕組みを完全に理解していなかったので、紹介料が、どうやって支払われるのかよくわからなかった。かなり何回もアクセスして調べてみて、ようやく理解できた。そこで、同じ悩みを持つ人がいないよう、以下にまとめてみた。

 ・紹介料は、初期設定だと「ギフト券」で支払われること。
 ・1500円以上になると、ギフト券で支払われること。
 ・それは、自分の登録したメールアドレス宛に送られてくること。
 ・差出人は「gc-orders@amazon.co.jp」であること。
 ・件名は「associates@amazon.co.jp様からAmazonギフト券をお贈りします。 」であること。
 ・一つは、ギフト券番号・Amazonショッピングカードのコードを入力して、「利用する」ボタンをクリックする。
 ・もう一つは、送られてきたカードの下にある「Amazonギフト券をアカウントに追加する」をクリックする。
 ・上記の二つのどちらかの作業を行うと、ギフト券が更新され、「新規の残高」が表示される。
 ・Amazonの画面の右上に表示されている「アカウントサービス」でほとんど全ての設定ができるということ。
 ・上記のギフト券での手続きが面倒な場合は、銀行振り込みに変更できること。
 ・ただし、その場合、銀行振り込みだと、5000円以上からの支払いになること。
 ・メールを見落とした場合は、Amazonに問い合わせるとすぐに返事を送ってくれ、ギフト券の番号を把握できる。

 まあ、こんな事だけでも、ずいぶん理解できるまで時間がかかった。

 できるだけ、自分が体験したものや、本当にいいものを紹介できて、仲間が増え、それでポイントがつくのだったら、それは嬉しい。どうせ、私もまた楽しいものを新たに購入していくことになるのだから、Amazonにとっても都合がいいだろう。
 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009.01.17

LS-XH500Lがヨドバシで売られていた!

今、ほとんど存在していない「LS-XH500L」、「LS-XH1.0L」のハードディスク。昨年の12月31日に発売されたのだが、2月にならないと手に入らないと言われている。でも、今日、ヨドバシで500ギガの方はたくさん売っていた。値段は23800円程度。これは高速アクセス対応のハードディスクなのだ。ネットワーク型はとかく遅いといわれていたが、これだったら少しはマシかな。
 でも、1テラが出てくるまでもう少し。我慢、我慢。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.16

「PHS300」や「モバイルWiMAX」など、これからのモバイル無線ルーターは見逃せない!

 これまでネットワーク接続のポイントがない場所では、パソコンやPSPなどはスタンドアロンの型で情報へのアクセスができず、様々な意味での「更新」や「交流」ができなかった。

 そこに、イー・モバイルのD02HWの様な無線アクセスの機器が出てきた。電波が届く場所であれば、お店や電車、車の中でもネットに接続できる。私もかなり便利に利用させてもらっている。

 ただ、それは単独の機器の活用でしかなかった。そこに出てきたのが、モバイル系の無線ルーターだ。

 ここ数年でいくつかの種類が出てきた。例えばコベンティブのCMR350はその最新型。CMR500も出ているが日本語版はまだ。

 その場所にネットワークに接続するポイントが無くても、電源を入れさえすれば環境が整う。ただ、コンセントやUSBに電源を頼るものが主体だった。そんな中で、バッテリーを搭載するPHS300がコミューチュアから登場した。

 これは、コンセントに頼らないモバイル系無線ルーター。イー・モバイルやDoCoMo、ウイルコム等の電波の範囲内だったら、どこでも複数のネットワーク機器を接続できる。

 例えば、ノートパソコンを複数接続し、それぞれ力を合わせて仕事をすることができる。またPSPやニンテンドーDSを複数接続し、ネットワークでゲームをすることもできる。またパソコンとゲーム機の同時接続も可能だ。もちろん、公園など、施設の外でも接続可能だ。

 このモバイル系無線ルーターの意味は、今後ますます大きくなる。なぜなら今後、モバイルWIMAXが発売されるからだ。接続速度は飛躍的に拡大する。現在のアクセス速度でも普通の使用では十分魅力的なのだが、今、利用している環境と同じか、それ以上の速度が電波の範囲内だったらどこでも提供されることになる。

 すでに沖電気はモバイルWiMAX端末機能とWi-Fiルータ機能を併せ持ち、さらにバッテリーパックも装着することができるゲートウェイ装置を開発し、2009年から発売を開始する。

 現在は、まだバッテリーで2時間から4時間程度しか持たないが、今後さらに接続時間は長くなり、小型化していくだろう。

 携帯電話でデータをやり取りするのは費用がかかる。現在の状況では、イー・モバイルでの接続料金が一番安い。使い放題でも5000円程度だ。みんなが使い出したら、これを維持するのは難しいだろうが、それまではこのPHS300とイー・モバイルの組み合わせでどこでもネット環境を楽しめる。

 iPhone、PSP、DSユーザーも、結構注目すべき小物だと思う。とりあえず、購入して色々試してみようと思う。


その他の無線ルーターはここをクリック

ウイルコム、バッファロー、三洋電機の無線ルーターが今春発売!

新型CTR500も発売!

PHS300の詳しい記事

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.13

ヤマダ電機、自由が丘店はLABI自由が丘店に改装・・・!

 前の記事でも書いたが、ヤマダ電機の自由が丘店はLABIとして同じ場所に再生されるとのこと。時期は今年の秋だそうだ。ヤマダ電機の店舗情報の閉店情報のところに書いてある。

 今回、閉店セールと言うのには、やはり納得がいかないところがある。ほとんどの展示商品を売り切ってから、閉店情報とリニューアル情報を出すのは、何となくごまかされたような・・・。私もよくヤマダ電機を利用させてもらっているので、それだけにちょっと残念。

 ところで、テックランドとLABIの違いって何なのだろう。調べてみた。

 ヤマダ電機の店舗にはいくつもの型があるようだ。以下にまとめてみた。
1,テックランド
 道路に沿って店を作る郊外型店舗。
 約20万人程度の人々を対象にしている。
 売り場は1000坪程度。
 ヤマダ電機の店舗の中心的な存在。

2,LABI
 広い範囲の人々を対象とした都市型店舗。
 テックランドの4~5倍、30万人~100万人程度の人々を想定している。
 売り場は、吉祥寺店のように小さいものもあるが、通常5千坪から6千坪が多い。
 630㎡しかない吉祥寺店はパソコン館として専門店化している。ヤマダ電機はカテゴリー館と言っている。
 2009年9月にLABI渋谷店が開店し、12店が全国に展開されている。
 今後、数店舗の出店場所を確保してあるという。
 LABIとは「Life ABIlity Supply(ライフ・アビリティー・サプライ)」の意味だそうだ。
 「のんびり・じっくり 自分のぴったりを探そう」がコンセプト。
 新しい電化製品を「発見」し、商品を手にとって「体験」し、
 それらを「楽しみ」、人々に「発信」していくことを目的にした、体験型の店舗

3,テック・FC
 人口5~10万人を対象とするフランチャイズ

4,コスモス・FC
 5万人未満を対象としたサービスを重視した店舗

 ヤマダ電機は全国で1000店を超し、1100店に迫っている。以下に全店舗のグループとその店舗数をまとめてみた。山田の日本戦略が見えてくるような感じがする。2兆円の売り上げを狙っているとのこと。ただ、この不況の直撃でどうなることか。

***************************
2008年現在の直営店店舗数
 ヤマダ電機
  352店
 南九州ヤマダ電機
  4店
 関西ヤマダ電機
  3店
 ダイクマ
  25店
 沖縄ヤマダ電機
  2店
 中四国テックランド
  9店
 テックサイト
  7店
 東九州テックランド
  1店
 ぷれっそホールディングス
  99店
 キムラヤセレクト
  6店
 東海テックランド
  3店
 直営店 合計
  511店
***************************
フランチャイズ店 コスモス・ベリーズFC
  507店
 中四国テックランドFC
  11店
 ぷれっそホールディングスFC
  45店
 FC店舗数 合計
  563店
***************************
 総合計店舗数
  1074店

***************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.11

回線をNTTの「フレッツ光ネクスト」に変えた

 昨日と今日で、光回線を変えた。昨日が解除、今日が新設。この間、約1日。結構長く感じた。この間は、イーモバイルで接続して仕事をしていた。

 昔は、NTTの電話回線で300bpsから始めたと思う。次にISDN。これは速くなったと感じた。さらに、JCOM。これも結構速かった。さらに東京電力の光oneシリーズに入った。そして、これがKDDIに買収された。これをNTTに変えたというわけだ。

 速度は、昔に比べれば格段の差。ただ、これからはハイビジョンの動画に対応させなければならないので、もっと速くなっていくのだろう。値段は、どれも下がってきたので、特別こだわらない。むしろ、どんなサービスをこの回線にのせるのか、注目していこう。NTTはどうしていくのかな。

 今回はキャンペーンで、工事費無料、使用量4ヶ月無料ということ。プロバイダのニフティとの込みで、KDDIのひかりoneホームギガ得で月5460円、NTT光withフレッツで6720円。ただ、2年間にかかる費用はどちらも12万程度。大差ない。次の回線への契約までにまた状況は変わるだろう。もう、有線の時代ではなくなるかもしれない。

 比較のサイトはここ(若狭路ネット)がわかりやすく、情報も新しかった。

 さて、回線の交換が終わったので、これからルーターを変えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.09

日本人の平均年収って、どのくらいなのかな?(2007年)

 この急激な経済危機の中で、ニュースではワークシェアリングが話題になっている。仕事を減らし、お互いの収入を分け合い助け合おうというのだ。
 
 では、私たち日本人はいったいどのくらいの年収で頑張っているのだろう。

 国税局のデータを元にすると、2007年は男性542万円、女性271万円、平均437万円だそうだ。

 ビックリしたのは女性の年収の低さだ。最近は、フルタイムで働く女性も増えている。それなのに、80%程度の女性が300万台以下なのだ。男性も900万円以上かせいでいるのは全体の10%ていどしかいない。

 この状況でワークシェアリングをした場合、多くの人の生活は成り立つのだろうか。住宅ローンとか、子どもの教育費など、中堅層の収入は余裕がないはずだ。その中で、果たして収入の減少は生活を破綻させることはないのか。
 
 しかし、一方で派遣という形で社会から簡単に切り捨てられる人たちを放ってはおけない。彼らを少しでも助け、共に生きていける社会を作るためには、私たちも痛みを共有しないわけにはいかない。いったい、社会全体として、どこまで耐えられるのかな。

 一般的に全体から平均的に負担してもらうのではなく、収入の多い層からより多く負担してもらうしかないだろう。何とかこの苦境を全体で分担しながら、お互いに支え合うことで耐え抜きたいものだ。弱い者を切り捨てて、自分だけ助かろうとする姿勢は見苦しい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーの“ポケットスタイルPC”「VAIO type P」はネットブックを凌駕!

 今回の“ポケットスタイルPC”「VAIO type P」は、いわゆるネットブックとはハードの構成が全く違う。コードネームMenlowで知られる「インテル Centrino Atom Processor Technology」をベースに、他のネットブックにはない特徴を打ち出している。今までこのブログで紹介していたものは、ほとんど共通のベースを持っていた。それは低価格で売り出すためには仕方がないことだった。ところが、ソニーは、明確なコンセプトをもって、このマシンを作り上げた。

 過去に「PCG-C1」という名機があった。私も発売直後からそのマシンを使っていた。これも横長でポインティングディバイスを使ってコントロールする形だった。今回のVAIO type PはC1との共通項を感じる。画面は、1600×768ドットの8型液晶を採用し、かなり横に広い。文字は当然小さくなる。一般的なネットブックの1024×600とは全く違う。

 Atom Z520(1.33GHz)/Z530(1.6GHz)/Z540(1.86GHz)を搭載。グラフィックス機能も一般的なネットブックが搭載している「945GSEのIntel GMA 950」ではなく、「Intel GMA 500」。これはHD映像には強いが、3Dグラフィックスには弱い。ソニーの一つの選択だ。起動が遅くなるが、それへの対応としてリナックスで起動する選択ができるようになっている。

 重量と大きさは決定的に違う。バッテリーLを使っても、最大700g程度。最軽量は588g。とんでもなく軽い。これも一般的なネットブックとひかくすると半分近い。

 大きさもジーパンのポケットに入る大きさ、厚さ19.8ミリ、横幅が245ミリで奥行きが120ミリ。ポインティングディバイスを採用し、パームレストを廃止したために、かなり小さい。

 ワイヤレスWANかワンセグチューナーのモジュールのどちらかを選択できるのも特徴。GPSを搭載することも可能。これだけ贅沢な仕様で、なおかつ標準バッテリーの駆動時間は約4.5時間。

 値段は79800円から10万円程度。さて、これだけ素晴らしい仕様だったらこの値段は惜しくないのではないか。様々な記事が紹介されているが、私は「新鋭ミニPCをいきなり分解」という記事が面白かった。このマシンがネットブックとは明らかに違うということがよくわかる。ソニーショップの記事も面白い。
 このマシンは欲しい。何とか手に入らないかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.01.08

ASUSU、高級SSDネットブック、「S121」を発売へ!

 ASUSが、128ギガとも512ギガとも言われているが、大規模なSSDを搭載したネットブックを発売すると発表した。EeePCには所属しないシリーズとも言われている。
 値段も、大きさも、今までとは全く違うようだ。何だか1600ドルを超えるとの情報も。でも、そんなに高いと売れないのではないかな。
 12.1インチのディスプレイを持つので「S121」という名前か。CPUはAtom Z520(1.33GHz)で、バッテリーで約8時間もつとのこと。1月に発売とのことだけれど、これはちょっと路線から外れているのではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢田研二の「我が窮状」は凄い!

 さっき、NHKのSONGSを聞いていた。竹内まりやから始まり、高橋真梨子、美輪明宏、松田聖子、そして沢田研二と進んだ。それぞれ素晴らしい歌声を聞かせてくれた。本当に良い番組だ。

 ビックリしたのが沢田研二の「我が窮状」だ。そもそも、この題を聞いたとき、いったいどんな曲なんだろうと思った。窮状だなんて・・・。しかし、歌を聞いているうちに、「窮状=九条」、つまりこれは憲法九条の歌なんだということに気がついた。下にかいてあるのが、歌詞だ。

**********************
麗しの国 日本に生まれ 誇りも感じているが 
忌まわしい時代に 遡るのは 賢明じゃない
英霊の涙に変えて 授かった宝だ
この窮状 救うために 声なき声よ集え
我が窮状 守りきれたら 残す未来輝くよ

麗しの国 日本の核が 歯車を狂わせたんだ
老いたるは無力を気骨に変えて 礎石となろうぜ
諦めは取り返せない 過ちを招くだけ
この窮状 救いたいよ 声に集め歌おう
我が窮状 守れないなら 真の平和ありえない

この窮状 救えるのは静かに通る言葉
我が窮状 守りきりたい 許し合い 信じよう  
**********************

 詩は大野克夫。元スパイダース、井上堯之バンド、大野克夫バンドに所属して、沢田研二に多くの曲を提供している。特に、「勝手にしやがれ」ではレコード大賞を獲得している。また、「時の過ぎゆくまま」や「太陽にほえろ」、「名探偵コナン」なども、彼の作品。

 このコンビが、この曲を作り、歌っているとは!彼が自分の気持ちをこのような形で明らかにしていっていることを知らなかった。彼が先日、80曲を歌ったコンサートを行ったと聞いた。還暦を過ぎてから、なおかつこのエネルギーを持っていることに感激。さすが、ジュリー!私もエネルギーをもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

LAN接続のハードディスク、バッファロー「LS-XH1.0TL」が欲しいな

 そろそろ、ハードディスクが満杯になってきた。増設しなくては。そこで、最近の機種を調べてみた。一番、目につくのはバッファローの製品。いろいろ、魅力的な言葉が並んでいる。ただ、皆さんの書き込みを見ると、必ずしもうまくいっていない。設定する本人の問題もあるだろうが、それぞれ機種ごとの相性もありそうだ。

 私が調べた中で、今、一番欲しいのが2008年12月31日発売開始の「LS-XH1.0TL」だ。1テラバイトの容量で、転送速度が66MB/S。USBより速い。これだけあれば、動画にも対応できる。DLNAサーバーを搭載しているので、対応のテレビやステレオで動画や音楽、写真などを再生することもできる。iTunesサーバーでもある。プリントサーバーやファイルサーバーとして使うこともできる。

 PC連動電源装置は複数のパソコンにソフトを入れ、どれかが電源が入るとハードディスクも動き出すという設定だ。もしかすると排他的についているタイマーでの電源装置の方を使うかもしれないが、試してみる価値はあるだろう。

 また、Webアクセス機能がついていて、ネット上からこのハードディスクにアクセスできる。まあ、結構うまくいっていない人が多いようだが、やってみないとわからない。今はあまり必要はないが、外部での無線LANアクセスポイントが増えれば、これも結構有効かもしれない。まだ、基盤整備の段階かな。

 値段はヨドバシで29800円。ポイント15%。25330円相当。これで1テラバイトだったら十分でしょう。ただ、在庫がまだどこの店でもないようで、みんな予約か数日待たされるようだ。現物があれば買ってしまうのだが。アマゾンでは、ヨドバシと全く同じ値段。安くはない。実物がまだ流通していないので同じ値段になっているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.05

源泉かけ流しのアルカリ温泉の「かぶと湯・山水楼」は、秘湯の一軒宿の雰囲気

 神奈川県厚木市七沢地区にある源泉かけ流しのアルカリ温泉、「かぶと湯・山水楼」はなかなか素敵な温泉だった。phが10.3。中性が7だからそのアルカリ度の高さがわかるだろう。湯船は小さく、入湯料も1000円。宿も古い。でも、このアルカリ度の高さは、東京の近くでは珍しいのではないか。シャワーも温泉だそうだ。

 お湯は大正12年の関東大震災の時に畑から湧いたそうで、このお湯のあまりのすばらしさに、温泉の形にしたとのこと。おばあさんが女二人で始めたんだと話していた。深さ5mのところから湧いているとのこと。泉温17度で源泉を沸かしている。しかも湧出量5ℓ/分と少ない。でも、このヌルヌル感はたまらない。友だちと4人で入ったが、半露天の外湯に入ると、もういっぱい。他のお客さんと親しく話しながら入る。

 私たちは、車二台で動いていたのだが、この旅館へたどり着くのはそれなりに苦労した。2回、道を間違えた。でもナビゲータにも出てくるので、それに従っていけばたどり着けるだろう。泊まることもでき、利用している人もいるようだ。昼間は通いの人も多いので、どうしても混んでしまうのでのんびり入れないが、泊まりなら独占できるのではないかな。東京の近くで、こんなに秘湯の雰囲気をもっている温泉は少ない。結構、お勧めの温泉だ。
Skabutoyu


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマダ電機の自由が丘店は閉店セール中・・・でも!

 自由が丘の丸井の後に入ったヤマダ電機。それが閉店セール中だということで、ちょっとのぞいてきた。完全に閉店するのかと思ったら、どうもリニューアルさせるみたいだ。

 ただ、実際に値引きしているのは展示品が中心。ハードディスクやルーターなど、私が購入しようと思っているものは、値札通りとのこと。これでは、展示品を処分するための閉店セールということではないのか。この後、また同じ場所で店を継続するとしたら、今回購入した人は、納得できるのかな。

 まあ、展示品でも良いものはあるので、それを見分ければお得とも言えるが。ただ、展示品は基本的に中古品ということがお客さんたちはわかっているのだろうか。予約済みの札を見ながら、スッキリせずに店を後にした。

 なお、ヤマダ電機のホームページには新店情報、改装情報、閉店情報のどれにも自由が丘店の名前はなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原市の相模原沈殿池は水鳥の休憩所

 横浜市民の使う水道の約70%をまかなうことのできる相模原沈殿地は、「かながわの探鳥地50選」に選ばれている有名な鳥の撮影場所。今回、仲間と一緒に見てきた。車で行ったのだが、入り口は狭く、運転技術が必要。

 着いてみると、既に多くのバードウオッチャーが来ていた。白レンズの人もいたし、双眼鏡の人もいる。また、多くの機材を抱えて撮影に来ている人もいる。一般の人の散歩コースでもある。

 金網の外からの撮影で、鳥までの距離は遠い。かなりの望遠レンズが必要だ。今回も愛用のAPO150-500で撮影。オシドリとヨシガモの撮影が一応できたが、満足のいく質ではない。また、次回、挑戦。

 となりの相模原公園にトイレもあり、時間をかけて撮影することができる。車で行くのには、なかなか便利な場所だ。
左端がヨシガモSyosigamo
オシドリの夫婦2組Sosidori2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秦野市の権現山は鳥たちの天国

 友だちと秦野市の権現山に行ってきた。ここは、野鳥の天国。頂上の一部にバードサンクチュアリが設定されていて、木の塀に10カ所ほどの観察用の窓が開いている。そこからそれぞれ観察したり撮影したりしている。

 私もはしっこの方でシグマのAPO150-500で撮影を開始。水場が設定されているので、そこに水を飲みに来たり、水浴びに来たりしている。数時間のうちに、今まで撮影できなかった鳥たちを近距離で撮影できた。

 メジロ、シメ、シジュウカラ、ヤマガラ、シロハラ、アカウソ、ルリビタキの雌、ヒヨドリ、ツグミを大きく撮影できた。ここは本当に撮影しやすいところなので、多くの人が訪れている。
アカウソSakauso2
ルリビタキの雌Sruribitakimesu
ヤマガラSyamagara
ヒヨドリShiyodori
シジュウカラSsizyuukara
シメSsime2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

箱根駅伝、面白かったですね!

 私は元、陸上部。走ることは大好きだ。でも、現在は心臓が・・・。最近は見るだけにしている。

 今年の箱根駅伝は、面白かった。往路では、モブツやダニエルの快速ぶりには毎年ながらビックリした。早稲田の竹澤の力走は故障明けとは思えないほど、堂々としていた。しかし、何より東洋の柏原の山登りはとんでもない快走だった。早稲田の必死の逃げがかなわなかったが、この走りでは仕方がない。

 いったい、どんな選手なのか調べてしまった。中学や高校時代に特別な記録はない。無名の選手。高三の7月に過呼吸で倒れたときに、貧血が発覚。治療したら、急速に記録が上がったとのこと。その後、県の総体の5000mで2位に入り、東洋大学に注目されて入学したそうだ。

 後は、あの無謀とも言える積極的な走りで、記録を塗り替え、全日本大学駅伝で竹澤を押さえたので有名になった。

 今回は、東洋は2年部員の不祥事で、危うく出場できないところだった。それが一転して出られるようになって、部員の士気は高まり、この走りにつながった。運動は精神面での影響が大きい。柏原も強かったが、彼だけで勝てるわけではない。冷静に、でも熱く走った他の部員も素晴らしかった。入りをできるだけ押さえ、後半つぶれないレースを指示していた佐藤監督代行も見事だった。

 ただ、来年もこの好調を維持できるかどうかはわからない。ココまで強くした川嶋監督の辞任は痛いと思う。巻き返しを図るだろう駒沢や全国レベルの新入生がスポーツ推薦で入るようになった早稲田など、東洋を追う大学も強力だ。また、来年の箱根駅伝が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »