« ソニーの“ポケットスタイルPC”「VAIO type P」はネットブックを凌駕! | トップページ | 回線をNTTの「フレッツ光ネクスト」に変えた »

2009.01.09

日本人の平均年収って、どのくらいなのかな?(2007年)

 この急激な経済危機の中で、ニュースではワークシェアリングが話題になっている。仕事を減らし、お互いの収入を分け合い助け合おうというのだ。
 
 では、私たち日本人はいったいどのくらいの年収で頑張っているのだろう。

 国税局のデータを元にすると、2007年は男性542万円、女性271万円、平均437万円だそうだ。

 ビックリしたのは女性の年収の低さだ。最近は、フルタイムで働く女性も増えている。それなのに、80%程度の女性が300万台以下なのだ。男性も900万円以上かせいでいるのは全体の10%ていどしかいない。

 この状況でワークシェアリングをした場合、多くの人の生活は成り立つのだろうか。住宅ローンとか、子どもの教育費など、中堅層の収入は余裕がないはずだ。その中で、果たして収入の減少は生活を破綻させることはないのか。
 
 しかし、一方で派遣という形で社会から簡単に切り捨てられる人たちを放ってはおけない。彼らを少しでも助け、共に生きていける社会を作るためには、私たちも痛みを共有しないわけにはいかない。いったい、社会全体として、どこまで耐えられるのかな。

 一般的に全体から平均的に負担してもらうのではなく、収入の多い層からより多く負担してもらうしかないだろう。何とかこの苦境を全体で分担しながら、お互いに支え合うことで耐え抜きたいものだ。弱い者を切り捨てて、自分だけ助かろうとする姿勢は見苦しい。

 

|

« ソニーの“ポケットスタイルPC”「VAIO type P」はネットブックを凌駕! | トップページ | 回線をNTTの「フレッツ光ネクスト」に変えた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15679/43683453

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の平均年収って、どのくらいなのかな?(2007年):

« ソニーの“ポケットスタイルPC”「VAIO type P」はネットブックを凌駕! | トップページ | 回線をNTTの「フレッツ光ネクスト」に変えた »